全国の税関
  • 函館
  • 東京
  • 横浜
  • 名古屋
  • 大阪
  • 神戸
  • 門司
  • 長崎
  • 沖縄
現在位置:
ホーム > 横浜税関 > クリップ☆スナップ page01

庁舎の変遷

初代

1873(M6) 〜 1883(M16)

本関庁舎(初代)
外観石造、木造3階建ての本格的洋風建築の初代は、現在の神奈川県庁の位置に建築された。1883年、県に約8万円で譲渡。

二代目

1885(M18) 〜 1923(T12)

二代目庁舎
日本大通りの海側突き当たりに建築された煉瓦造2階建ての建物は、中央に六角形の塔屋をもつ明治建築の秀作。 1923年、関東大震災により焼失。

三代目

1934(S9) 〜

三代目庁舎

イスラム寺院風の塔は「クイーン」の愛称で親しまれ、数十年を経て緑青色に変化。関東大震災の復興建築として長く横浜一の高さを誇っていた。

三代目 [改修後]

※工事期間
2001(H13).3 〜2003(H15).11

四代目庁舎
街路に面する三方を保存・活用し、歴史的な外観意匠に近代的な7階建て部分を融合する大改修が行われた。 塔がそびえる面が正面であり、横浜港を見守っている。
 

 ↑画像をクリックすると拡大