全国の税関
  • 函館
  • 東京
  • 横浜
  • 名古屋
  • 大阪
  • 神戸
  • 門司
  • 長崎
  • 沖縄
現在位置:

ワシントン条約

 お客様宛の郵便物については、ワシントン条約(絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約)で規制されている野生動植物に該当する可能性があるため、税関において通関処理ができないことから郵政事業株式会社東京国際支店にて保管中です。税関では、内容物が規制対象品の可能性があると判断した場合には、学名の確認及び書類提出の必要性から「外国から到着した郵便物の税関手続きのお知らせ」をお客様に送付し、それらの確認をしています。

 

 内容物が規制対象品の場合、輸出国が発給した「輸出証明書(CITES)」を提出することにより、通関は可能です。ただし、付属書?Tに該当する場合は、経済産業省が発給する「輸入承認証(I/L)」も必要になりますので、併せて提出してください。また、内容物が規制対象外の場合であっても、輸出された方に連絡を取っていただくなどして学名を調べて、税関にお知らせください。

 

 なお、ワシントン条約に基づき、動植物のかなりのものが規制の対象となっており、これらを原材料とした製品も同様の扱いとなります。ワシントン条約の詳しい内容については、経済産業省貿易経済協力局貿易管理部貿易審査課TEL03-3501-1511へお問合せください。

 

 

 税関への回答方法については、下記をご覧ください。

 

 

●規制対象の動植物の場合

 

 

「輸出証明書(CITES)」をお持ちの方
 回答方法は、「外国から到着した郵便物の税関手続きのお知らせ」に住所、氏名、電話番号を記入し、キリトリ線から切り取った「はがき」と「輸出証明書(CITES)」を同封し、郵送してください。(電話番号は昼間に連絡の取れる番号をご記入ください)
 「輸入承認証(I/L)」をお持ちの場合は、併せて郵送してください。「輸入承認証(I/L)」は返却しますので、切手を貼った返信用の封筒も同封してください。

 

 

「輸出証明書(CITES)」がない方

 「輸出証明書(CITES)」がない場合には、国内に輸入することはできません。そのため、今回輸入される郵便物の全てを輸出国(差出人宛)に返送するか、規制対象品を任意放棄していただくことになります。

  全部返送を希望の方は、「外国から到着した郵便物の税関手続きのお知らせ」に住所、氏名、電話番号を記入し、キリトリ線から切り取った「はがき」に返送希望の旨を明記のうえ、郵送してください。税関に「はがき」が届いた時点で返送手続きに入ります。

  任意放棄をされる方は、「外国から到着した郵便物の税関手続きのお知らせ」に住所、氏名、電話番号を記入し、キリトリ線から切り取った「はがき」に任意放棄する旨を明記のうえ、郵送してください。(電話番号は昼間に連絡の取れる番号をご記入ください)
 税関に「はがき」が届いてから、税関の担当者より「任意放棄書」を郵送しますので、必要事項を記入のうえ、返送してください。「任意放棄書」が税関に到着しましたら、規制対象品以外については通関します。

 

 

●規制対象でない動植物の場合

 

 今回の品物が、学名等を調べた上でワシントン条約の規制対象外でしたら、学名等を税関に回答してください。

 

 回答方法は、「外国から到着した郵便物の税関手続きのお知らせ」に住所、氏名、電話番号を記入し、受取人記載欄に学名等を明記のうえ、キリトリ線から切り取った「はがき」を郵送してください。(電話番号は昼間に連絡の取れる番号をご記入ください)

 

 

★ワシントン条約により持込みが規制されているもの(代表例)

 

 

・製

 

漢方薬 ジャコウジカ、トラ、クマ、サイ等を含有する薬
毛皮・敷物 トラ、ヒョウ等のネコ科の動物、オオカミ、クマ、シマウマ(一部)等
ハンドバッグベルト・財布等 ワニ、ウミガメ、ヘビ(一部)、トカゲ(一部)、ダチョウ(一部)等
象牙・同製品 インドゾウ、アフリカゾウ
はく製 ワシ、タカ、ワニ、ゴクラクチョウ、センザンコウ等
その他 シャコガイの製品、クジャクの羽(一部)、オウムの羽飾り、サンゴの製品(一部)

  生きている動植物

サル(全種)

 

スローロリス、カニクイザル、チンパンジー等

 

オウム(全種)

 

オウム、インコ類(セキセイインコ及びオカメインコを除く)

 

植物

ラン全種、サボテン全種、ソテツ全種等

 

その他 ワシ、タカ、リクガメ、カメレオン、オオサンショウウオ、アロワナ(一部)等