全国の税関
  • 函館
  • 東京
  • 横浜
  • 名古屋
  • 大阪
  • 神戸
  • 門司
  • 長崎
  • 沖縄
現在位置:
ホーム > 東京税関 > 採用案内  > 先輩からのメッセージ

東京税関

〜先輩からのメッセージ〜

先輩職員から税関を志望した理由などをインタビューしました。

皆さんの就職活動の参考にして下さい。

 

★ 平成29年度入関職員からのメッセージ

1.平成22年度採用II種(行政)監視部 麻薬探知犬訓練センター室

2.平成23年度採用II種(行政)業務部 特別通関部門

3.平成23年度採用II種(行政)成田税関支署 旅具通関部門

4.平成22年度採用II種(行政)東京外郵出張所 知的財産調査官付

5.平成23年度採用III種(行政事務)監視部 取締部門

6.平成24年度採用III種(行政事務)成田税関支署 取締部門(空港)

 

 

平成22年度採用II種(行政)監視部 麻薬探知犬訓練センター室    

 

Q1.税関を志望した理由

 採用説明会やホームページを通して、税関には様々な業務、海外進出の可能性、充実した研修制度などの多くの魅力で溢れているということを知り、興味を持ったことがきっかけです。その中でも、麻薬探知犬のハンドラーになりたいと思っていました。国家公務員の数ある官庁の中でも、一番の魅力を感じ志望しました。

Q2.税関に入って良かった事 

 一つは、全国の多くの素晴らしい同期に巡り合えたことです。研修所を出てバラバラになってしまった今でも連絡を取り合っています。二つ目は、第一希望であった麻薬探知犬訓練センターに配属され、ハンドラーになれたことです。麻薬探知犬のハンドラーはとても珍しい仕事なので親戚や友人に良く話を聞かれ少し自慢になります。

Q3.仕事での苦労話 

 現在の職場では犬と一緒に仕事をしています。人間ではなく犬が相手なので言葉が通じず、自分の気持ちを上手く伝えられないことが多々あります。そんな中で、いかにして自分と犬の心を一つにするかを重要視し、訓練や検査に臨んでいます。犬に自分の思いが伝わったときはとても嬉しいです。

Q4.税関を志望する方へメッセージ 

 税関には、旅具や通関、麻犬などの実に様々な業務があります。一つの部門の専門性を高めるもよし、色々な部門を経験してみるもよしと実に貴重な体験が出来る職場だと考えています。是非、税関を希望して来て下さい。みなさんとお会い出来るのを楽しみにしています。

↑トップへ

 

平成23年度採用II種(行政)業務部 特別通関部門

 

Q1.税関を志望した理由

 税関業務は、関税の徴収・社会悪物品の水際取締・貿易の円滑化と多岐にわたっています。私の場合は大学時代に化学を専攻していたこともあり、その知識を活かせる薬物取締りや分析などの分野に興味があったため税関を志望しました。

Q2.職場の雰囲気は? 

 配属が決まり、厳しい先輩方ばかりだったらどうしようかと不安な思いでしたが、実際配属されてみると気さくな方が多く、風通しの良い職場です。いつも楽しいことばかりではありませんが、私を一人前の税関職員にするため、時には厳しく、熱心に指導してくださる先輩方ばかりです。

Q3.採用研修の思い出 

 研修当初は、慣れない環境で戸惑いもありました。しかし、全国の同期と毎日生活を共にすることでつらい気持ちや、楽しい思いを共有し、短い研修期間のなかで密度の濃い時間を過ごすことができました。同じ税関職員として、また、苦楽を共にした同期として、研修中だけでなく今でも連絡を取り合っています。

Q4.税関を志望する方へメッセージ 

 私たちの仕事は国民生活と密接に関わっているため、一つ一つの業務に誇りとやりがいをもって取り込むことができると思います。また、国際的な動きを考えると、これから税関の役割はますます重要になっていきますので、皆さんのやりたい仕事が見つかると思います。少しでも興味を持った方がいましたら、是非税関を希望してみてください!

 

 

↑トップへ

 

平成23年度採用II種(行政)成田税関支署 旅具通関部門

narinan tokutu 

Q1.税関を志望した理由

 子供に関係する行政の仕事をしたいと考えていたところ、麻薬等の社会悪物品を取り締まっている税関の存在を知りました。子供はまだ物事の善悪の判断がつかないことがあるので、麻薬の取り締まりを通じて子供たちの安全な暮らしを守ることができると思ったことが志望の理由です。

Q2.税関に入って良かった事 

 日々の仕事に大きなやりがいを感じていることです。麻薬等の密輸を防いで日本の安全を守っているという実感があるのは、この仕事ならではだと思います。私も薬物の密輸入を摘発しましたが、大きな達成感を覚えました。

Q3.仕事の苦労話 

 リスク判定を瞬時に下さなければならないことです。ほぼ全ての方が善良な旅客であるので、多くの旅客から、一握りの麻薬等の運び屋を見つけ出すのは至難の業です。迅速にリスク判定を下して空港内の秩序を維持するためにも、日々の情報収集と自己研さんが欠かせません。

Q4.税関を志望する方へメッセージ 

 税関の職務は、変化し続ける状況に柔軟に対応し、日本の水際を守ることです。麻薬等の社会悪物品の密輸を阻止することは、一生をかけて取り組む価値のあるものであり、そして、実際に密輸を阻止できれば一生の思い出になります。志と熱意を持った方を待っています。

 

 

 

 

↑トップへ

 

平成22年度採用II種(行政)東京外郵出張所 知的財産調査官付

 

Q1.税関を志望した理由

 銃器や不正薬物等の密輸を阻止し日本を守る第一線として、国際的な現場で仕事ができることに魅力を感じました。また、税関の業務は多岐に亘っていることから、生涯を通して自分の視野を広げ、自らを成長させることができると思い、志望しました。

Q2.仕事での苦労話

 現在の職場では、インターネット等でコピー商品とは知らずに商品を購入した輸入者から問い合わせをいただくことが多数あります。そのような方々に、購入した商品が偽物であることを伝え、法律やその後の手続きについて理解してもらうことに大変苦労しています。

Q3.採用研修の思い出 

 全国から集まった仲間と生活を共にすることで、同期としての絆が深まり、かけがえのない大切な思い出となりました。平日は講義、休日は体育祭等の行事や同期との交流と、とても充実した2ヶ月半でした。この研修で出会った全国の同期とは、今でも連絡を取り合っていて、仕事の上でも良い刺激になっています。

Q4.税関を志望する方へメッセージ 

 私たちの仕事は、常に海外と隣り合わせであり、国際社会の動きを直に感じることが出来ます。また、研修制度も充実しており、自らの可能性を広げるチャンスがたくさんあります。結婚・出産後も働きやすい職場環境が整っているので、女性の方でも安心して働くことができる職場です。興味を持たれた方は、ぜひ税関に足を運んでみてください。

 

 

 

 

 

↑トップへ

 

平成23年度採用III種(行政事務)監視部 取締部門

 narita

Q1.税関を志望した理由

   私が税関を志望したのは、東京税関の採用説明会で、税関が「密輸による社会悪物品(麻薬や拳銃など)の日本への流入を水際で防ぎ、日本の平和と社会秩序の維持を図る仕事」をしていると知った為です。

Q2.職場の雰囲気は? 

 私は、現場に配属されるまで、配属先の上司や先輩と良い人間関係を築けるか不安でした。しかし、私が配属された監視取締部門は、気さくで親切な上司や知識と経験豊富な頼れる先輩ばかりで、とても働きやすい職場でした。現在は、充実した日々を過しています。

Q3.仕事での苦労話 

 私が、監視取締部門に配属され際、最も苦労したことは健康管理です。監視取締部門は当直勤務のため、不規則な生活になりがち!当然、食事も外食が増えます。そのため、「体が頑丈」で「寝たい時に眠れる」、「無理をしない」人でないと、最初は少し辛いかもしれません。

Q4.税関を志望する方へメッセージ  

 東京税関の監視取締部門では、昨年10月に覚醒剤密輸事件の摘発がありました。私も力不足ではありましたが、摘発に携わることができ、日本の平和と社会秩序の維持の大切さを改めて考えさせられました。 税関には監視業務の他にも、多岐に亘る業務がありますが、いずれも国民生活に欠かせない重要なものです。あなたも、税関職員として我々と共に社会に貢献してみませんか。

 

 

 

↑トップへ 

 

平成24年度採用III種(行政事務)成田税関支署 取締部門(空港)

 

Q1.税関を志望した理由

 以前からテレビ番組などで紹介されていた、麻薬探知犬のハンドラーという仕事に興味をもったことがきっかけでした。その後、関税の徴収・社会悪物品の水際取締・貿易の円滑化など多岐にわたっていることを知り、多くのことに挑戦したいと考えていた私にはとても魅力的に感じられました。

Q2.職場の雰囲気は?

 先輩や上司の方には質問や相談をしやすく、風通しのよい職場です。また、休憩中などに気さくに話しかけてくださる方が多く、男女問わず本当に働きやすい職場です。

Q3.採用研修の思い出 

 研修では勉学と同時に、体育祭や富士登山等を通じて勉学以外の多くのことを学ぶことができました。6ヶ月と長期間のようですが、日々の講義や多くの行事で本当にあっという間で、全国の同期との別れを惜しまずにはいられませんでした。この研修で出会う全国の同期は、今後の人生において本当に大切な存在になることは間違いありません。

Q4.税関を志望する方へメッセージ 

 税関の業務は、「日本の平和と社会秩序の維持」という観点から、国民の生活に密接に関わりがあり、自身の仕事に遣り甲斐をもって取り組むことができます。また、業務の幅も広く、やりたい仕事や自分にあった仕事を発見できると思います。少しでも興味のある方はぜひ志望されてみてはいかがでしょうか?

 

 

↑トップへ