全国の税関
  • 函館
  • 東京
  • 横浜
  • 名古屋
  • 大阪
  • 神戸
  • 門司
  • 長崎
  • 沖縄
現在位置:
ホーム > 東京税関 > 税関広報広聴室  > 東京税関なう!(平成24年)

東京税関なう!

平成24年12月27日

羽田税関支署 明治大学付属明治中学校の見学を受け入れ

東京税関羽田税関支署は、明治大学付属明治中学校の中学1年生23名の見学を受け入れた。税関の役割や取組みをビデオやパンフレットで説明したほか、入国検査場及びCIQ情報ひろばを案内した。

説明を聞く中学生

平成24年12月25日

コクサイエアロマリン株式会社をAEO通関業者に認定 

東京税関は、コクサイエアロマリン株式会社に対し「認定通関業者(AEO通関業者)」の認定書を交付した。

認定書を交付した様子

平成24年12月18日 

成田税関支署 千葉県立東金商業高等学校で税関教室を実施

東京税関成田税関支署は、千葉県立東金商業高等学校において、生徒及び職員約590名を対象に税関教室を実施し、「税関業務」「知的財産侵害物品の取締り」及び「麻薬探知犬」について説明を行うとともに、麻薬探知犬のデモンストレーションを行い、税関の役割について理解を深めてもらった。

平成24年12月17日 

甲府市立甲府商業高等学校で税関教室を実施

東京税関は、甲府市立甲府商業高等学校において、全校生徒(835名)を対象に税関教室を実施し、「輸入通関の流れ」や「税関における知的財産侵害物品の水際取締り」について説明し、税関の役割について理解を深めてもらった。

説明を聞く生徒たち 説明を聞く生徒たち

 

平成24年12月14日

成田税関支署 CIQ合同手続き周知キャンペーンを実施

東京税関成田税関支署は、成田国際空港第1旅客ターミナルビル南棟出国エリアにおいて、東京入国管理局成田空港支局、成田空港検疫所、動物検疫所成田支所及び横浜植物防疫所成田支所と合同で「CIQ合同手続き周知キャンペーン」を実施し、出国旅客に対し帰国時のCIQ手続きを適正かつ円滑に遂行してもらうためのキャンペーンを行った。

出国旅客にビラを配布している様子  キャンペーン参加者

平成24年12月12日

年末特別警戒出陣式を実施 

東京税関では、貨物や旅客の動きが活発になる年末期を迎え、覚醒剤等不正貨物の密輸入事犯や知的財産侵害物品の不正輸入に厳正に対処するため、平成24年12月12日から21日までを「年末特別警戒」の期間として設定し、その出陣式を実施した。塚越税関長から職員に対し「“国民の安全・安心の確保”という税関に課せられた使命を改めて心し、困難な事案にも全力で立ち向かい、国民の期待に応えていくこと」との訓示が行われた。

塚越税関長の訓示  職員代表による決意表明

芝浦出張所 田町駅前で該当キャンペーンを実施

東京税関芝浦出張所はJR田町駅東口において、税関の水際取締に対する国民の理解と協力及び密輸情報の提供依頼を目的として、芝浦通関協議会、大井通関協議会、東京税関監視部と協力して年末特別警戒期間に合わせ街頭キャンペーンを実施した。

通勤客等に協力依頼をする職員  税関イメージキャラクターのカスタムくんと参加者

平成24年12月10日

成田税関支署 東総教頭会を受け入れ

東京税関成田税関支署は、東総教頭会会員(23名)を受け入れ、成田税関支署の概況及び不正薬物の密輸動向等に関する説明を行った他、旅具検査場において水際での取締状況を紹介した。

平成24年11月30日

成田税関支署 阿見町文化協会の見学を受け入れ

東京税関成田税関支署は、阿見町文化協会(28名)の見学を受け入れ、成田税関支署の概況及び不正薬物の密輸動向等に関する説明を行った他、旅具検査場において水際での取締状況を紹介した。

説明を聞く見学者の方たち

 

 

平成24年11月29日

成田税関支署 東京税関成田地区密輸出入取締対策協議会を開催

東京税関成田税関支署は、社会の安全と健康を脅かす覚醒剤等の不正薬物や銃器類の密輸事犯等に対する取締強化を目的として、「平成24年度 東京税関成田地区密輸出入取締対策協議会」を開催した。
同協議会には、東京税関をはじめ、関係機関である千葉地方検察庁、千葉県警察本部、東京入国管理局成田空港支局、厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部など計8機関から37名が参加し、今後の密輸出入取締対策等について協議を行った。

会議の様子

平成24年11月28日

株式会社日立ハイテクノロジーズから東京税関長へ感謝状贈呈

東京税関において、株式会社日立ハイテクノロジーズから塚越税関長に感謝状が贈呈されました。これは、同社の「集束イオンビーム(FIB)装置」のマイクロサンプリング技術に関する特許侵害品が輸入差止めの対象となったことに対し、感謝の意を表したいとして贈られたものです。

記念写真

新潟税関支署 保管物件の常設展示を開始

東京税関新潟税関支署では、新潟市歴史博物館みなとぴあ敷地内の旧新潟税関庁舎内において、終戦後に外地から引き揚げてこられた方からお預かりしている保管物件(紙幣や証券等)の常設展示を開始した。これは、保管物件の返還促進活動の一環であり、より多くの方に知って頂き、返還に繋げるためのものです(お問い合わせはこちら)。 

 

 

 

平成24年11月27日

成田税関支署 「一日成田税関支署長」を実施

東京税関成田税関支署は、麻薬等の密輸入防止や情報提供及び地域社会との連携を目的として、成田市立中台中学校2年生の代表者男女2名をお招きし、「一日成田税関支署長」を実施しました。

委嘱状交付式 説明を受ける生徒達 

平成24年11月26日
 

市川市立二俣小学校にて税関教室を実施

東京税関は、市川市立二俣小学校において、6年生(55名)を対象に税関教室を実施し、「麻薬の恐ろしさ」や「税関の役割」について説明を行うとともに、麻薬探知犬(シータ号・ファントム号)のデモンストレーションを実施し、薬物乱用防止及び密輸撲滅のための啓発活動を実施した。

説明を聞く生徒達 麻薬探知犬のデモンストレーションの様子

 

平成24年11月22日 

東京都立杉並総合高等学校にて税関教室を実施

東京税関は、東京都立杉並総合高等学校において、全校生徒(705名)を対象に税関教室を実施し、「麻薬の恐ろしさ」や「税関の役割」について説明を行うとともに、麻薬探知犬(アクセル号・ウッツ号)のデモンストレーションを実施し、薬物乱用防止及び密輸撲滅のための啓発活動を実施した。

説明を聞く生徒達 説明を聞く生徒達 

平成24年11月21日 

成田税関支署 旅行代理店及びデルタ航空職員の見学を受け入れ

東京税関成田税関支署は、旅行代理店及びデルタ航空職員(22名)を受け入れ、成田税関支署の概況及び不正薬物の密輸動向等に関する説明を行った。

説明を聞く見学者の方たち

平成24年11月20日

成田税関支署 千葉県警察官を受け入れ

東京税関成田税関支署は、千葉県警察官(23名)を受け入れ、成田税関支署の概況及び不正薬物の密輸動向等に関する説明を行った他、旅具検査場において水際での取締状況を紹介した。

羽田税関支署 湘南学園中学校高等学校の見学を受け入れ

東京税関羽田税関支署は、学校法人湘南学園中学校高等学校の高校1年生5名の「特別教育活動フィールドワーク」による見学を受けれた。税関の役割や取組みをビデオやパンフレットで説明したほか、入国検査場及びCIQ情報ひろばを案内した。

パンフレットを読む生徒達

 

新潟税関支署佐渡監視署 佐渡市立河崎小学校で税関教室を実施

新潟税関支署佐渡監視署は、島内の佐渡市立河崎小学校において、4年生(9名)を対象に社会科授業の一環として税関教室を実施し、「佐渡島における税関の歴史」や「現在の税関の役割」などについて説明を行い、税関の歴史や役割について理解を深めてもらった。

 

 

平成24年11月16日

川口市立戸塚中学校で税関教室を実施

東京税関は、埼玉県川口市立戸塚中学校において、全校生徒及び教職員(約830名)を対象に税関教室を実施し、「麻薬の恐ろしさ」や「税関の役割」について説明を行うとともに、麻薬探知犬のデモンストレーションを実施し、薬物乱用防止及び密輸撲滅のための啓発活動を実施した。

説明を聞く児童達 説明を聞く生徒達 

 

平成24年11月14日

新潟税関支署佐渡監視署 佐渡市立小木中学校で税関教室を実施

東京税関新潟税関支署佐渡監視署は、佐渡島内の佐渡市立小木小学校において、3年生(20名)を対象に税関教室を実施し、「麻薬の恐ろしさ」や「税関の役割」について説明を行うとともに、麻薬探知犬のデモンストレーションを実施し、薬物乱用防止及び密輸撲滅のための啓発活動を実施した。

税関職員による説明  麻薬探知犬のデモンストレーション

平成24年11月9日

東京都江東区立辰巳中学校で税関教室を実施

東京税関は、東京都江東区立辰巳中学校において、全校生徒(115名)を対象に税関教室を実施し、「税関の役割」及び「麻薬の恐ろしさ」について説明を行うとともに、麻薬探知犬のデモンストレーションを行い、薬物乱用防止、密輸撲滅のための啓蒙活動を行った。

説明を聞く児童達 麻薬探知犬のデモンストレーション

平成24年11月1日

中央地区密輸出入取締対策協議会を開催

東京税関は、深刻な社会問題となっている覚醒剤等の不正薬物、銃器類の密輸事犯について、取締強化を目的とした「第18回中央地区密輸出入取締対策協議会」を開催した。
同協議会には、東京税関をはじめ、関係機関である東京地方検察庁、警視庁、海上保安庁、厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部など計12機関、総勢65名が参加し、今後の密輸出入取締対策等について協議を行った
。(関係資料はこちらをクリック

会議の様子  報道機関への説明

平成24年10月31日

新潟税関支署三条・燕派出所 三条市立第三中学校で税関教室を実施

東京税関新潟税関支署三条・燕派出所は、新潟県内の三条市立第三中学校において、2年生(107名)を対象に実施した税関教室で「税関の役割」及び「麻薬の恐ろしさ」について説明し、薬物乱用防止及び密輸撲滅のための啓発活動を実施した。

生徒達に説明をする税関職員

平成24年10月30日

羽田税関支署 相模原市立桂北小学校の見学を受け入れ

東京税関羽田税関支署は、相模原市立桂北小学校5年生(9名)の見学を受け入れ、税関の役割や取組みをビデオやパンフレットで説明したほか、入国検査場及びCIQ情報ひろばを案内した。

説明を聞く児童達

羽田税関支署 相模原中等教育学校の見学を受け入れ

東京税関羽田税関支署は、神奈川県立相模原中等教育学校4年生(6名)の職業学習や将来の進路実現を目指した課題探求を目的とした見学を受け入れた。実習を取り入れながら税関の役割や取組みを説明し、入国検査場及びCIQ情報ひろばを案内した。

説明を聞く生徒達

平成24年10月29日

羽田税関支署 神橋小学校はまっ子ふれあいスクールの見学を受け入れ

東京税関羽田税関支署は、神橋小学校はまっ子ふれあいスクール(38名)の見学を受け入れ、税関の業務内容や税金について説明したほか、入国検査場の見学及びCIQ情報ひろばを案内した。

税関職員の説明を聞く児童達

平成24年10月27日

立川出張所 薬物乱用防止キャンペーンに参加

東京税関立川出張所は、薬物乱用防止推進協議会等が主催する薬物乱用防止キャンペーンにおいて、立川地区保税会及び通関協議会の協力を得て来場者へ情報提供の協力依頼を実施した。

キャンペーン会場の様子  麻薬探知犬によるデモンストレーション

平成24年10月25日

NECロジスティクス株式会社をAEO通関業者に認定

東京税関は、NECロジスティクス株式会社に対し「認定通関業者(AEO通関業者)」の認定書を交付した。 

認定書を交付した様子

羽田税関支署 神奈川県寒川町青少年環境浄化推進協議会の見学を受け入れ

東京税関羽田税関支署は、神奈川県寒川町青少年環境浄化推進協議会(23名)の見学を受け入れ、税関の役割や取組みをビデオやパンフレットで紹介したほか、入国検査場の見学及びCIQ情報ひろばを案内した。また、税関業務に対する理解と協力を求めるとともに、密輸に関する情報提供依頼を行った。

税関職員の説明を聞く見学者の皆様

平成24年10月24日

成田税関支署 東京通関業会成田支部女性通関士連絡会を受け入れ

東京税関成田税関支署は、東京通関業会成田支部女性通関士連絡会(9名)を受け入れ、成田税関支署の概況及び不正薬物の密輸動向等に関する説明を行ったほか、旅具検査場において麻薬探知犬のデモンストレーションを実施、水際での取締状況を紹介した。

税関職員の説明を聞く見学者の皆様 

平成24年10月17日

品川駅で密輸撲滅キャンペーンに参加 

東京税関は、品川駅において東京通関業会が主催する「密輸撲滅キャンペーン」に参加し、通勤の方達に対して密輸情報提供リーフレットを配布し、税関検査の協力と密輸情報提供を呼び掛けた。

通勤の方達に協力依頼  キャンペーン参加者

成田税関支署 密輸撲滅キャンペーンに参加

東京税関成田航空貨物出張所、成田南部航空貨物出張所及び成田税関支署は、成田国際空港において、成田通関協議会が主催する「密輸撲滅キャンペーン」に参加し、一般旅行者及び空港従業者に対して税関検査への協力と密輸情報提供を呼び掛けた。

税関検査への協力と密輸情報の提供を依頼をする職員  キャンペーン参加者

羽田税関支署 密輸撲滅キャンペーンに参加

東京税関羽田税関支署は、羽田国際空港において東京通関業会羽田支部が主催する「密輸撲滅キャンペーン」に参加し、海外旅行者及び空港従業者に対し、密輸情報提供リーフレットを配布し、薬物及び銃器の密輸入に対する取締りへの協力を呼び掛けた。

カスタム君とキャンペーン参加者  カスタム君

平成24年10月15日

酒田税関支署 関税評価研修を開催

東京税関酒田税関支署は、東京税関業務部首席関税評価官を講師として「関税評価研修」を開催した。山形県内各地から関係業界14名の参加があった。出席された方々はメモをとりながら熱心に聴講され、また質疑応答の際もたくさんの質問が寄せられ、関税評価制度への関心の高さがうかがえた。 

会場の様子

新潟税関支署 密輸撲滅キャンペーンに参加

東京税関新潟税関支署は、東京通関業会新潟通関協議会主催の「密輸撲滅キャンペーン」に参加した。朝のJR新潟駅前で、通関業会各社員、支署職員及びカスタム君が、通勤・通学者に対し、キャンペーングッズを配布し、密輸防止に向けた情報提供等の協力を呼び掛けた。また、併せて本日スタートの密輸取締強化期間のオープニング行事として、税関の役割をアピールした。

新潟駅前で、協力依頼をする職員  キャンペーン参加者とカスタム君

平成24年10月13日

中野区立北原小学校で税関教室を実施

東京税関は、東京都中野区立北原小学校において、6年生(54名)を対象に「税関教室」を実施した。同教室では、「税関の役割」と「麻薬の恐ろしさ」についてクイズを交えながら分かりやすく説明を行った。 

説明を聞く児童達  資料を熟読する児童達

平成24年10月11日

株式会社近鉄エクスプレスを認定通関業者に認定

東京税関は、株式会社近鉄エクスプレスに対し、「認定通関業者(AEO通関業者)」の認定書を交付した。

認定書の交付

平成24年10月10日

酒田税関支署 酒田光陵高等学校で税関教室を実施

東京税関酒田税関支署は、山形県立酒田光陵高等学校において、1・2年生(180名)を対象に「税関教室」を実施した。同教室では、「税関の役割」、「麻薬の怖さ」及び「海外旅行における税関の通関手続き」について説明するとともに、麻薬探知犬によるデモンストレーションを行い、不正薬物防止に関する啓蒙を行った。

高校生に説明している様子  麻薬探知犬のデモンストレーション

平成24年10月3日

新潟税関支署 テロ対策訓練を実施

東京税関新潟税関支署は、第67回IMF・世界銀行年次総会の開催を踏まえ、新潟港において、テロ対策として、新潟県警及び海上保安庁等による「平成24年新潟港テロ対策合同訓練」に参加した。

訓練に参加した機関  税関のX線車輛

平成24年10月2日 

新潟税関支署 粟島で「密輸防止キャンペーン」を実施

東京税関新潟税関支署は、新潟県北部沖合の粟島において「密輸防止キャンペーン」を実施した。税関講話、麻薬探知犬のデモンストレーション、監視艇の公開等を行い、税関PR及び情報提供による密輸防止への協力を呼びかけた。また、この模様は、地元TV局で放送された。

キャンペーン後の記念写真 監視艇を公開

平成24年9月28日 

成田税関支署 千葉地方検察庁の司法修習生を受け入れ

東京税関成田税関支署は、千葉地方検察庁司法修習生及び引率者(14名)を受け入れ、最近の不正薬物の密輸動向等に関する講義を行ったほか、旅具検査場において水際での取締状況を紹介した。

税関職員による説明

平成24年9月27日 

「関税評価・品目分類・原産地規則セミナー」を開催 

東京税関は、関税等の納税の基礎となる「関税評価」、「品目分類」、「原産地認定」の3分野について、輸入者の方々にご理解を深めていただくため、3分野合同のセミナーを東京税関本関において開催した。幅広い業界から100名を超える多数の参加があった。今後も輸入者のニーズに応えられるよう、セミナーを継続的に開催することとしている。

セミナー会場 公聴者に説明する税関職員

平成24年9月25日

成田税関支署 習志野市青少年補導委員連絡協議会・青少年健全育成連絡協議会を受け入れ

東京税関成田税関支署は、習志野市青少年補導委員連絡協議会・青少年健全育成連絡協議会(44名)を受け入れ、成田税関支署の概況及び不正薬物の密輸動向等に関する説明を行った。

説明を聞く連絡協議会の参加者

平成24年9月22日

羽田税関支署 空の日「羽田空港・空の日フェスティバル2012」に参加

東京税関羽田税関支署は、「羽田空港・空の日フェスティバル2012」に参加した。動物検疫所の「クンくん」や東京入国管理局の「とりぶ」をはじめとする仲間のキャラクターとともに、カスタム君が行進。出国旅客や来場者に対し、リーフレットを配布し、税関業務をPRした。

税関キャラクター カスタム君 仲間のキャラクターと一緒に

平成24年9月21日

羽田税関支署 爆発物等対処訓練を実施

東京税関羽田税関支署では、第67回IMF・世界銀行年次総会の開催を控え、国際テロ対策の一環として、羽田空港国際線ターミナル内において、警視庁との合同により「爆発物等対処訓練」を実施した。 

税関検査場で犯人役を取り押さえる訓練 東京税関の爆発物探知犬

平成24年9月20日

羽田税関支署 大田区立入新井第一小学校で税関教室を実施

東京税関羽田税関支署は大田区立入新井第一小学校において、1年生・5年生・6年生・特別支援学級児童(約320名)を対象に税関教室を実施した。税関教室では、「税関の役割」及び「麻薬の恐ろしさ」について説明するとともに、麻薬探知犬のデモンストレーションを行い、薬物乱用防止及び密輸撲滅のための啓蒙活動を実施した。

説明を聞く児童達 麻薬探知犬のデモンストレーション

平成24年9月5日

酒田税関支署 酒田市内の中学生の見学受け入れ

東京税関酒田税関支署は、「総合的な学習の時間」の一環として酒田市内の中学1年生2名を受け入れました。生徒達は、税関の使命及び役割並びに地域貢献について学びました。

質問の回答を熱心に書き取る中学生

平成24年9月5日 

成田税関支署 税関相談コーナー設置

東京税関成田税関支署は、成田空港第1ターミナルビル出国エリアにて、帰国時の税関手続きを適正かつ円滑に遂行してもらうために税関相談窓口を設置、海外旅行時の税関手続き等の説明を行った。

出国エリアにカスタム君登場   税関相談コーナー

平成24年9月4日

「東京税関平成24年上半期知的財産侵害物品差止状況」を発表

東京税関は、9月4日、多数の報道機関(テレビ局3社及び新聞社3社)の参加のもと、「平成24年上半期の東京税関における知的財産侵害物品差止状況」を発表した。発表に合わせて、差止められた知的財産侵害物品の展示及び説明を行ったところ、報道機関から知的財産侵害物品の差止状況等に対する多数の質問があり、関心の高さがうかがえた。

報道機関に対する差止状況発表風景   会場に展示した知的財産侵害物品

平成24年8月29日

成田税関支署 茨城県警国際犯罪捜査専科生の見学を受け入れ

東京税関成田税関支署は、茨城県警国際犯罪捜査専科生及び引率者(31名)を受け入れ、最近の不正薬物の密輸動向等に関する講義を行ったほか、旅具検査場において水際での取締状況を紹介した。

説明を受ける見学者

平成24年8月20日

羽田税関支署 「東京しごとの日ファミリーデー」参加者の見学を受け入れ

東京税関羽田税関支署は、東京都が主催する「東京しごとの日、ファミリーデー」(2日目)に参加する企業の家族13名を受け入れ、税関の役割や取組みを紹介した。また、麻薬探知犬のデモンストレーションも実施し、税関業務に対する理解と協力を呼びかけた。

麻薬探知犬のデモンストレーション   麻薬探知犬のデモンストレーション

平成24年8月14日

新潟税関支署 「保管物件の虫干し」を実施

東京税関新潟税関支署は、新潟市歴史博物館(旧新潟税関庁舎)において、終戦後に戦地から引き揚げた時に税関等に預けた、通貨や証券等の保管物件の虫干しを兼ねて、返還促進のための一般公開を行った。心あたりのある方は、税関までご連絡ください。(東京税関監視部管理課 tel:03-3599-6279)

虫干し作業  保管物件の一般公開

平成24年8月9日 

羽田税関支署 「東京しごとの日ファミリーデー」参加者の見学を受け入れ

東京税関羽田税関支署は、東京都が主催する「東京しごとの日ファミリーデー」参加者35名を受け入れ、東京税関の役割や取組みを紹介した。また、麻薬探知犬のデモンストレーションも実施し、税関業務に対する理解と協力を呼びかけた。

説明を聞く参加者   麻薬探知犬のデモンストレーション

新潟税関支署 佐渡島内の社会科教諭に税関教室を実施

東京税関新潟税関支署佐渡監視署は、佐渡市の両津小学校において、島内の社会科教諭(15名)を対象に実施した税関教室で、「税関の役割」及び「麻薬の摘発事例」について説明し、薬物乱用防止及び密輸撲滅のための啓蒙活動を実施した。

税関の役割について説明   摘発事例の説明

平成24年8月8日 

羽田税関支署 「財務省 子ども霞が関見学デー 税関ってどんなとこ?」を実施

東京税関羽田税関支署は、羽田空港において「子ども霞が関見学デー」を実施した。「子ども霞が関見学デー」は、府省庁等が連携して夏休み期間中に業務説明や見学などのイベントを小中学生に対して実施する企画。財務省では、この企画に参加した子どもたちを羽田税関支署に案内して、税関について勉強してもらった。
詳しくはこちらをクリック

屋上から羽田空港を見渡す参加者   税関検査場にて説明を聞く参加者

酒田税関支署・新潟税関支署 合同航海訓練を実施

東京税関酒田税関支署及び新潟税関支署職員は、山形県沖合の飛島において、海難事故時の対応や救助実技の習得、安全意識の確立を目的とした合同航海訓練を実施した。また、同島における県漁協、県警駐在所に対し、密輸情報提供等の協力依頼を行った。

救命方法の研修

平成24年8月6日、7日 

成田税関支署 成田空港且蜊テ「成田エアポート ワンデイ・サマースクール」を受け入れ

東京税関成田税関支署は、成田国際空港且蜊テの「成田エアポート ワンデイ・サマースクール」の参加者である小学校高学年児童及び保護者(各回30名)を受け入れ、旅具検査場において麻薬探知犬のデモンストレーションを実施、水際での取締状況を紹介した。

麻薬探知犬のデモンストレーション

平成24年8月6日

成田税関支署 千葉県歴史教育者協議会を受け入れ

東京税関成田税関支署は、千葉県歴史教育者協議会(21名)を受け入れ、成田税関支署の概況及び不正薬物の密輸動向等に関する説明を行った他、旅具検査場において水際での取締状況を紹介した。

説明を聞く見学者

平成24年8月5日

足立区生涯学習センターの夏休み親子教室に参加

東京税関は、足立区生涯学習センターにおいて開催された親子夏休教室「ちょっと知りたい麻薬犬の活躍と税関の仕事」に参加し、税関の役割について説明するとともに麻薬探知犬のデモンストレーションを披露し、税関行政への理解と協力を求めた。

参加したカスタム君   麻薬探知犬のデモンストレーション

平成24年8月3日

「東京港親子社会科見学会」参加者の見学を受け入れ

東京税関は、「東京港親子社会科見学会」の参加者(約60名)の見学を受け入れ、税関の役割や取組みを紹介したほか、「情報ひろば」を案内し、税関業務に対する理解と協力を求めた。

写真 写真

平成24年8月2日

関税評価のあり方に関するワーキンググループの視察受け入れ

東京税関は、関税評価のあり方に関するワーキンググループの委員の方に税関業務をご理解いただくために、羽田税関支署、大井出張所及び城南島大型X線検査装置をご案内し、東京税関における業務運営状況をご視察いただいた。

通関状況を視察   成田空港の税関検査場を視察

成田税関支署 成田公民館「空港わくわく探検隊」小学生を受け入れ

東京税関成田税関支署は、成田市公民館「空港わくわく探検隊」の参加者である小学校高学年児童ら(25名)を受け入れ、旅具検査場において麻薬探知犬のデモンストレーションを実施するとともに、水際での取締状況を紹介した。

麻薬探知犬のデモンストレーション

平成24年7月29日 

新潟税関支署 ひめかわポートフェスティバルに参加

東京税関新潟税関支署は、新潟県糸魚川市姫川港で開催された「ひめかわポートフェスティバル」に参加した。税関ブースにて税関の役割を説明するとともに、監視艇「つばさ」を姫川港に配置し、船内の一般公開を実施した。

監視艇の写真 監視艇の写真

平成24年7月27日

ダイソン株式会社から東京税関長へ感謝状贈呈

東京税関において、ダイソン株式会社から塚越税関長に感謝状が贈呈されました。これは、ダイソンリミテッド社の羽なし扇風機「Air Multiplier(エアマルチプライア)」に係る輸入差止申立て(意匠権)が東京税関で受理されたことにより、全国において1,000台を超える侵害品が水際で差し止められていることに対し、感謝の意を表したいとして贈られたものです。

記念写真真正品と侵害品
                              
(いずれも左側が真正品)

平成24年7月25日 

田税関支署 平成24年上半期分成田空港貿易概況(速報)説明会を実施

東京税関調査部調査統計課は成田税関支署にて、成田空港常駐プレスを対象に「平成24年上半期分成田空港貿易概況(速報)説明会」を実施した。 

写真 

平成24年7月20日

羽田税関支署 さいたま保護観察所児玉地区保護司会の見学を受け入れ

東京税関羽田税関支署は、さいたま保護観察所児玉地区保護司会18名の見学者を受け入れ、税関の役割や取組みをビデオやパンフレットで紹介したほか、旅具検査場の見学及びCIQ情報ひろばを案内した。また、密輸情報提供の依頼を行い、税関業務に対する理解と協力を求めた。

記念写真記念写真

平成24年7月19日

部外協力者に感謝状を贈呈

東京税関は、米空軍特別捜査局第621分遣隊 マイケル J. クリスマス 所長が約3年間の勤務を終えて帰国されるにあたり、日頃の税関行政への多大な協力に対する感謝の気持ちを込め、同氏に対して塚越税関長から感謝状を贈呈した。

記念写真

DHLとの協力体制強化に合意

東京税関は、AEO事業者であるディー・エイチ・エル・ジャパン株式会社(DHLジャパン)とAEO制度における官民のパートナーシップを充実して相互の協力体制の強化を図ることに合意し、国際エクスプレス(SP貨物)の適正かつ迅速な通関をより一層推進していくこととした。
この協力体制は、DHLジャパンが東京税関へ不審な輸入貨物等に係る情報提供をより充実させると共に、東京税関の職員を同社の保税蔵置場に派遣して輸出入貨物に対する通関時の貨物検査を更に効果的かつ効率的に実施するものである。

記念写真

平成24年7月11日

東京都立葛西南高等学校で税関教室を実施

東京税関は、東京都立葛西南高等学校において、全校生徒(約700名)を対象に税関教室を実施し、「税関の役割」及び「麻薬の恐ろしさ」について説明を行うとともに、麻薬探知犬のデモンストレーションを行い、薬物乱用防止、密輸撲滅のための啓蒙活動を行った。

麻薬探知犬のデモ麻薬探知犬のデモ

株式会社バンダイを特例輸入者に承認

東京税関は、7月11日、株式会社バンダイに対し、「特例輸入者(AEO輸入者)」の承認書を交付した。

記念写真

平成24年6月21日

成田税関支署 成田市立小御門小学校で税関教室を実施

東京税関成田税関支署は、千葉県成田市立小御門小学校において、5、6年生(51名)を対象に税関教室を実施し、「税関の役割」及び「麻薬の恐ろしさ」について説明を行うとともに、麻薬探知犬のデモンストレーションを行い、薬物乱用防止、密輸撲滅のための啓蒙活動を行った。 

説明に聞き入る児童麻薬探知犬と記念写真

平成24年6月20日 

成田税関支署 税関相談コーナー設置

東京税関成田税関支署は、成田国際空港第2ターミナルビル出国エリアにて、帰国時の税関手続を適正且つ円滑に遂行してもらうために税関相談の窓口を設置、海外旅行時の税関手続等の説明を行った。

税関相談窓口の様子

平成24年6月19日

新潟税関支署 佐渡市立金井中学校において税関教室を実施

東京税関新潟税関支署佐渡監視署は、新潟県佐渡市立金井中学校において2年生(59名)を対象に「税関の役割」、「麻薬の摘発事例」及び「麻薬の恐ろしさ」について説明するとともに、麻薬探知犬のデモンストレーションを交えた税関教室を実施し、その様子を報道関係者に公開した。

生徒たちに説明をする佐渡監視署職員麻薬探知犬のデモンストレーション

船橋市立海神南小学校において税関教室を実施

東京税関は、千葉県船橋市立海神南小学校において6年生の児童及び保護者等(約150名)を対象に税関教室を実施し、「税関の役割」及び「麻薬の恐ろしさ」について説明を行うとともに、麻薬探知犬のデモンストレーションを行い、薬物乱用防止及び密輸撲滅のための啓蒙活動を実施した。

児童たちに説明をしている様子麻薬探知犬のデモンストレーションの様子

平成24年6月14日

羽田税関支署 大田区立大森第七中学校において税関教室を実施

東京税関羽田税関支署は、大田区立大森第七中学校において全校生徒(約440名)及びその保護者を対象に税関教室を実施した。
税関教室では、「税関の役割」「羽田空港における貿易」「麻薬の恐ろしさ」について説明するとともに、麻薬探知犬のデモンストレーションを行い、薬物乱用防止及び密輸撲滅のための啓蒙活動を実施した。

税関教室の様子麻薬探知犬のデモンストレーション 

平成24年6月13日

羽田税関支署 ホスピタリティーツーリズム専門学校の見学を受け入れ

東京税関羽田税関支署は、ホスピタリティーツーリズム専門学校25名の見学者を受け入れ、税関の役割や取組みをビデオやパンフレットで紹介したほか、旅具検査場の見学及びCIQ情報ひろばを案内した。また、密輸情報提供の依頼を行い、税関業務に対する理解と協力を求めた。

説明を聞く見学者

平成24年6月8日

市原市立ちはら台南中学校の見学を受け入れ

東京税関は、市原市立ちはら台南中学校6名の見学を受け入れた。
見学では、税関業務の概要について説明を行ったほか、税関における取締状況について説明を行った。

ちはら台南中学校の皆さん 

平成24年6月7日 

「輸入者の皆様のための関税評価・品目分類・原産地規則セミナー」を開催

東京税関は、関税等の納税の基礎となる「関税評価」、「品目分類」、「原産地認定」の3分野について、輸入者の方々にご理解を深めていただくため、3分野合同のセミナーを東京税関本関において開催した。幅広い業界から120名を超える多数の参加があった。今後も、輸入者のニーズに応えられるよう、セミナーを継続的に開催することとしている。

セミナー会場の様子セミナーで説明をする職員

平成24年6月6日

成田税関支署 成田空港常駐プレス見学会を実施

東京税関成田税関支署は、成田空港記者会及び成田空港民法クラブの記者10名を対象に税関見学会を実施し、成田税関支署、成田航空貨物出張所及び麻薬探知犬訓練センターの業務を紹介するとともに税関業務への理解を求めた。

麻薬探知犬訓練センターでの見学通関事務所での説明

平成24年5月31日

東京都・東京税関連絡協議会を開催

東京税関と東京都は、東京都・東京税関連絡協議会を開催した。
本連絡協議会は平成7年から開催されており今回で第16回目となる。
東京港の貿易動向や機能強化等、東京港における一層の貿易の活性化に関し活発な意見交換が行われた。

大西東京税関総務部長中井東京都港湾局長 

平成24年5月25日

第5回国際物流懇談会を開催

東京税関は、第5回国際物流懇談会を開催し、座長とりまとめの内容について、意見交換を行った。
懇談会終了後、圓川座長、森川税関長により、座長とりまとめに関する記者発表を行った。
(「座長とりまとめ」については、こちらを参照)

とりまとめ後の森川税関長あいさつ記者発表を行う圓川座長(右)、森川税関長(左) 

平成24年5月24日

日本通運株式会社を認定通関業者に認定

東京税関は、5月24日、日本通運株式会社に対し「認定通関業者(AEO通関業者)」の認定書を交付した。

日本通運株式会社の交付式

羽田税関支署 東京通関業会羽田支部女性連絡会の見学を受け入れ

東京税関羽田税関支署は、東京通関業会羽田支部女性連絡会17名の見学者を受け入れ、税関業務の概況説明を行ったほか、旅具検査場及びCIQ情報ひろばを案内した。また、密輸情報提供の依頼を行い、税関業務に対する理解と協力を求めた。

説明を聞く見学者情報ひろばの前で記念撮影

平成24年5月23日 

成田税関支署 税関相談コーナーを設置

東京税関成田税関支署は、成田空港第1ターミナルビル出国エリアにおいて、帰国時の税関手続きを適正かつ円滑に遂行してもらうために税関相談の窓口を設置、海外旅行時の税関手続き等の説明を行った。

税関相談コーナーの設置カスタム君も登場 

第一冷蔵株式会社を特定保税承認者に承認

東京税関は、5月23日、第一冷蔵株式会社に対し「特定保税承認者(AEO保税業者)」の承認書を交付した。

第一冷蔵株式会社の交付式 

日本梱包運輸倉庫株式会社を認定通関業者に認定

東京税関は、5月23日、日本梱包運輸倉庫株式会社に対し「認定通関業者(AEO通関業者)」の認定書を交付した。

日本梱包運輸倉庫株式会社の交付式

サンケン電機株式会社を特例輸入者に承認

東京税関は、5月23日、サンケン電機株式会社に対し「特例輸入者(AEO輸入者)」の承認書を交付した。

サンケン電機株式会社の交付式

平成24年5月22日

十文字学園女子大学の見学を受け入れ

東京税関は、十文字学園女子大学11名の見学を受け入れた。
見学では、税関業務の概要について説明を行ったほか、不正薬物の密輸動向及び税関における取締状況について説明を行った。

十文字学園女子大学の見学の様子

平成24年5月18日

新潟県・東京税関連絡協議会を開催

東京税関と新潟県は、新潟県・東京税関連絡協議会を開催した。
本連絡協議会は平成2年から開催されており今回で第20回目となる。
新潟県を巡る港湾・空港情勢、将来展望、貿易動向等、新潟県における一層の貿易の活性化に関し活発な意見交換が行われた。

新潟県・東京税関連絡協議会の様子新潟県・東京税関連絡協議会の様子 

上海税関特別監督員を受け入れ

東京税関は、上海税関特別監督員2名をお迎えした。一行は、大西総務部長から東京税関の概況説明を受けた後、通関事務室等を視察された。

記念撮影

羽田税関支署 西府健康体操クラブの見学を受け入れ

東京税関羽田税関支署は、西府健康体操クラブ34名の見学者を受け入れ、概況説明を行ったほか旅具検査場及びCIQ情報ひろばを案内した。また、密輸情報提供の依頼を行ない、税関業務に対する理解と協力を求めた。

説明に耳を傾ける参加者

成田税関支署 警察庁捜査実務研修生を受け入れ

東京税関成田税関支署は、警察庁国際警察センター捜査実務研修生(44名)を受け入れ、最近の不正薬物の密輸動向等に関する講義を行ったほか、旅具検査場において水際での取締状況を紹介した。

見学の様子

平成24年5月17日

「知的財産侵害物品の水際取締りシンポジウム」を開催

東京税関は、知的財産侵害物品の水際取締り・水際対策の取組みについて理解を深め、関係者間での一層の連携強化に資するため、シンポジウムを東京税関本関において開催した。財務省関税局、税関、権利者及び関係団体が講演した。170名を超える多数の参加があり、関係者の高い関心がうかがえた。

会場の様子会場に展示した侵害物品

平成24年5月16日

「密輸撲滅キャンペーン」に参加

東京税関成田航空貨物出張所、成田南部航空貨物出張所及び成田税関支署は、成田空港において成田通関協議会が主催する「密輸撲滅キャンペーン」に参加し、一般旅行者及び空港従業員に対して税関検査への協力と密輸情報提供を呼び掛けた。

利用者に協力をお願いしている職員集合写真

平成24年5月15日

山形県・東京税関連絡協議会を開催

東京税関と山形県は、山形県・東京税関連絡協議会を開催した。
本連絡協議会は平成元年から開催されており今回で第22回目となる。
山形県を巡る港湾・空港情勢や県産品の輸出振興、貿易動向等、山形県における一層の貿易の活性化に関し活発な意見交換が行われた。

山形県・東京税関連絡協議会を開催山形県・東京税関連絡協議会を開催 

フィリピン税関職員を受け入れ

東京税関は、二国間援助の一環としてフィリピン税関職員8名を受け入れた。一行はAEO制度等の受入研修に先立ち、東京税関長を表敬した。

フィリピン税関職員との意見交換の写真フィリピン税関職員との集合写真

平成24年5月12日

第64回東京みなと祭に参加

東京税関は、東京港の振興を図る「東京みなと祭」に参加し、晴海会場(晴海客船ターミナルビル)に税関展を出店し、コピー商品やワシントン条約該当物品、密輸手口などの展示を行い、税関行政の重要性をアピールするとともに、密輸情報提供の依頼を行った。
5月12日は同会場にて東京税関音楽隊が演奏を行い、多くの一般市民の方々に対して税関のPRを行った。

東京税関音楽隊演奏の様子税関展の様子 

平成24年5月10日

羽田税関支署 羽田国際空港において「密輸撲滅キャンペーン」に参加

東京税関羽田税関支署は、羽田国際空港において東京通関業会羽田支部が主催する「密輸撲滅キャンペーン」に参加し、海外旅行客及び空港従業者に対して密輸情報提供リーフレットの配布を行った他、薬物及び銃器の密輸入に対する取締りへの協力を呼びかけた。

空港利用者へ協力を呼び掛けている様子空港利用者との写真

新潟税関支署 報道機関を対象に税関見学会を実施

東京税関新潟税関支署は、新潟地区の報道機関を対象に税関見学会を開き、薬物及び銃器取締強化期間に当たっての取組みを案内するとともに、貿易の円滑化に資する関税改正等の説明を行い、税関業務ヘの理解を求めた。

新潟税関支署での税関説明会取締り強化期間に当たっての説明 

平成24年5月8日

新潟税関支署 新潟商工会議所に対するヒアリング及び官民での意見交換を実施

東京税関新潟税関支署は、新潟県と合同で「新潟県における貿易の現状及び国際物流の課題と今後の展望」のテーマの下、新潟商工会議所(国際貿易委員会、政策委員会)に対するヒアリング、官民での意見交換を行い、甲斐田新潟税関支署長が貿易振興を通じた地域活性化へのこれまでの取組み、貿易円滑化等に寄与する関税改正について説明した。

説明をする甲斐田新潟税関支署長

平成24年5月2日

成田税関支署 密輸防止キャンペーンを実施

東京税関成田税関支署は、5月2日(水)、成田空港第2旅客ターミナルビル出発ロビーにおいて、千葉県、千葉県警と合同で「密輸防止キャンペーン」を実施し、出国旅客に対し海外での預かり物に注意するよう呼び掛け、密輸防止の啓発を行った。

キャンペーン参加の皆さんキャンペーンの様子 

平成24年4月27日

駐日ルーマニア特命全権大使が東京税関を訪問

セルバン駐日ルーマニア特命全権大使が東京税関を訪問された。同国とは駐日ルーマニア大使館を通じ、日頃から積極的な情報交換が行われており、大使は両国の良好な関係維持等について森川税関長と歓談された。

大使と税関長の記念写真

平成24年4月25日

成田税関支署 税関相談コーナーを設置

東京税関成田税関支署は、成田空港第1ターミナルビル出国エリアにて、帰国時の税関手続きを適正かつ円滑に遂行してもらうために税関相談の窓口を設置、海外旅行時の税関手続き等の説明を行った。

税関相談コーナーにカスタム君登場税関相談コーナーを設置 

平成24年4月24日

成田税関支署 旅行代理店法人営業担当及びシンガポール航空職員の見学を受け入れ

東京税関成田税関支署は、旅行代理店法人営業担当及びシンガポール航空職員の見学を受け入れ、成田税関支署の概況及び不正薬物の密輸動向等に関する説明を行った。

旅行代理店法人営業担当及びシンガポール航空職員の皆さん 

平成24年4月17日、18日

「輸出入者の皆様のための貿易円滑化セミナー」を開催

東京税関は、4月17日、18日の2日間にわたり、安定性と予見可能性の高い貿易取引と通関業務の推進に資するため、貿易円滑化セミナーを東京税関本関において開催した。
テーマは、通関制度、減免税制度、AEO制度、関税評価、原産地認定、品目分類の6分野。
輸出入者の関心は高く、2日間で300名を超える多数の参加があった。(資料はこちらをクリック

東京税関長挨拶業務部長挨拶 

平成24年4月10日

成田税関支署 国際空港上屋株式会社の見学を受け入れ

東京税関成田税関支署は、国際空港上屋株式会社新入社員及び引率者(11名)の見学を受け入れ、成田税関支署の概況及び不正薬物の密輸動向等に関する説明を行った他、旅具検査場において水際での取締状況を紹介した。

国際空港上屋株式会社の皆さん 

平成24年4月3日

内外日東株式会社研修生の見学受け入れ

東京税関は、内外日東株式会社研修生等18名の見学を受け入れた。
見学では、税関業務の概要について説明を行ったほか、不正薬物の密輸動向及び税関における取締状況について説明を行った。

内外日東株式会社研修生の皆さん 

平成24年3月21日

成田税関支署 税関相談コーナーを設置

東京税関成田税関支署は、成田空港第2ターミナルビル出国エリアにて、帰国時の税関手続きを適正かつ円滑に遂行してもらうために税関相談の窓口を設置、海外旅行時の税関手続き等の説明を行った。

税関イメージキャラクターカスタム君が登場税関相談コーナーを設置

平成24年3月17日

東京外郵出張所 第35回江東区消費者展に参加

東京税関東京外郵出張所は、江東区消費者センターが主催する「第35回江東区消費者展」に参加し、@社会悪物品等の摘発パネルの掲示、A知的財産侵害物品やワシントン条約により輸入が規制されている物品の展示及びB各種パンフレットの配布により、出入国時や国際郵便利用時の税関手続きについて説明するとともに、薬物乱用防止・密輸撲滅についての啓蒙活動を行った。

知的財産侵害物品等展示の様子密輸入摘発事例をパネルで説明 

平成24年3月15日

税関モニター見学会・意見交換会の実施

東京税関は、税関モニター見学会・意見交換会を実施し、羽田税関支署及び東京外郵出張所において業務概況、税関施設等についての説明を行なった。
その後、これまでの見学会全般を通して気付きの点などについて活発な意見交換を行なった。

羽田でのモニター見学会税関モニター見学会の様子 

成田税関支署 千葉県山武市立成東中学校において税関教室を実施

東京税関成田税関支署は、千葉県山武市立成東中学校において2年生89名、職員及び保護者を対象に税関教室を実施し、「税関の役割」「薬物の恐ろしさ」について説明を行なうとともに、麻薬探知犬のデモンストレーションを行い、薬物乱用防止、密輸撲滅のための啓蒙活動を行なった。

税関教室の様子麻薬探知犬のデモンストレーション 

平成24年3月12日

澁澤倉庫株式会社をAEO通関業者に認定

東京税関は、3月12日、澁澤倉庫株式会社に対し「認定通関業者(AEO通関業者)」の認定書を交付した。

認定書交付の様子 

平成24年3月8日

新潟税関支署 佐渡市立相川小学校において税関教室を実施

東京税関新潟税関支署佐渡監視署は、佐渡市立相川小学校において5、6年生(43名)を対象に税関教室を実施し、「税関の役割」及び「麻薬の恐ろしさ」について説明を行い、薬物乱用防止及び密輸撲滅のための啓蒙活動を実施した。

児童に説明するカスタム君と佐渡監視署職員児童に説明している佐渡監視署職員

平成24年3月7日

新潟税関支署 「上越地域における貿易の振興と円滑化」〜第2回セミナー〜

3月7日、直江津港湾会館において「上越地域における貿易の振興と円滑化」と題し、東京通関業会新潟支部・新潟通関協議会、東京税関保税会新潟地区保税会主催のセミナーが開催され、AEO通関業者の日精サービス梶A甲斐田新潟税関支署長及びAEOセンター認定事業者管理官らが講演を行った。

甲斐田新潟税関支署長による講演

サッポロ流通システム株式会社をAEO通関業者に認定

東京税関は、3月7日、サッポロ流通システム株式会社に対し「認定通関業者(AEO通関業者)」の認定書を交付した。

認定書を交付した時の写真

フェデラル エクスプレスをAEO保税承認者に承認

東京税関は、3月7日、フェデラル エクスプレスに対し「特定保税承認者(AEO保税承認者)」の承認書を交付した。

承認書を交付した時の写真

平成24年3月6日

館山市消費生活コミュニティリーダーの見学受け入れ

東京税関は、館山市消費生活コミュニティリーダー10名の見学を受け入れた。
見学では、税関業務の概要について説明を行ったほか、不正薬物の密輸動向及び税関における取締状況について説明を行った。

館山市消費生活コミュニティリーダーの皆さん 

平成24年3月1日

知的財産侵害物品の差止状況を発表

東京税関は、平成23年の東京税関における知的財産侵害物品の差止状況を発表し、都内廃棄処理施設において差止物品約5万点の廃棄処分状況を各報道機関に公開した。 (詳しい資料はこちらをクリック

報道発表の様子廃棄処分の様子 

平成24年2月28日

森川税関長 山形県酒田市において講演を実施

2月28日(火)、日本関税協会東京支部主催の山形地区講演会(山形県酒田市)に森川税関長が講師として招かれ、「日本の貿易と財政」と題し、講演を行った。
山形県内各地から貿易関係者や官公庁などおよそ90名が聴講に訪れ、関心の高さがうかがわれ講演は大好評のうちに終了した。

講演会の様子森川税関長による講演 

平成24年2月24日

羽田税関支署 お台場・晴海方面保税会の見学を受け入れ

東京税関羽田税関支署は、お台場・晴海方面保税会57名の見学者を受け入れ、概況説明を行ったほか旅具検査場及びCIQ情報ひろばを案内した。
また、密輸情報提供の依頼を行い、税関業務に対する理解と協力を求めた。

お台場・晴海方面保税会の皆さん 

成田税関支署 千葉県成田市立公津の杜小学校において税関教室を実施

東京税関成田税関支署は、千葉県成田市立公津の杜小学校において、5、6年生及び職員約200名を対象に税関教室を実施し、「税関の役割」「薬物の恐ろしさ」について説明を行うとともに、麻薬探知犬のデモンストレーションを行い、薬物乱用防止、密輸撲滅のための啓蒙活動を行った。

税関教室の様子麻薬探知犬のデモンストレーション 

平成24年2月23日

新潟税関支署 加茂市立加茂中学校において税関教室を実施

東京税関新潟税関支署は、加茂市立加茂中学校において3年生(95名)を対象に「税関の役割」及び「麻薬の恐ろしさ」について説明するとともに、麻薬探知犬のデモンストレーションを交えた税関教室を実施し、その模様を報道関係者へ公開した。

税関職員の説明に聞き入る生徒達麻薬探知犬によるデモンストレーション

新潟税関支署東港出張所 聖籠町立蓮野小学校において税関教室を実施

東京税関新潟税関支署東港出張所は、聖籠町立蓮野小学校において6年生(43名)を対象に、「税関の役割」及び「麻薬の恐ろしさ」について説明するとともに、麻薬探知犬のデモンストレーションを交えた税関教室を実施し、その模様を報道関係者へ公開した。

税関職員の説明に聞き入る生徒達麻薬の恐ろしさを説明している様子

平成24年2月22日

黄上海税関長視察受け入れ

東京税関は、黄上海税関長一行をお迎えした。黄上海税関長一行は、羽田税関支署を視察された後、東京税関本関にて両税関の取組み等について意見交換を行うとともに、通関事務室等を視察された。

羽田税関支署における意見交換の様子東京税関本館において意見交換をしている様子

成田税関支署 成田税関支署税関相談コーナーを設置

東京税関成田税関支署は、成田空港第1ターミナルビル出国エリアにおいて、帰国時の税関手続きを適正かつ円滑に遂行してもらうために税関相談の窓口を設置、海外旅行時の税関手続き等の説明を行った。詳しくはこちらをクリック

税関手続等を説明税関相談コーナーを設置 

羽田税関支署 さいたま保護観察所本庄地区保護司会の見学を受け入れ

東京税関羽田税関支署は、さいたま保護観察所本庄地区保護司会14名の見学者を受け入れ、税関の役割や取組みを紹介したほか、旅具検査場及びCIQ情報ひろばを案内した。
また、密輸情報提供の依頼を行い、税関業務に対する理解と協力を求めた。

税関の役割や取組みを紹介さいたま保護観察所本庄地区保護司会の皆さん

平成24年2月20日

新潟税関支署 「新潟港における貿易の振興と円滑化」〜第1回セミナー〜

2月20日(月)新潟ユニゾンプラザにおいて、「新潟港における貿易の振興と円滑化」と題し、東京通関業会新潟市部・新潟通関協議会、東京税関保税会新潟地区保税会主催のセミナーが開催され、森川東京税関長が来賓として挨拶をし、AEO通関業者の日精サービス梶A甲斐田新潟税関支署長及び業務部認定事業者管理官らが講演を行った。

森川東京税関長による挨拶甲斐田新潟税関支署長による講演 

平成24年2月17日

大東港運株式会社をAEO通関業者に認定

東京税関は、2月17日、大東港運株式会社に対し「認定通関業者(AEO通関業者)」の認定書を交付した。

承認通知書を交付した様子

平成24年2月16日

大田区立大森第四小学校において税関教室を実施

羽田税関支署は、大田区立大森第四小学校において6年生(約120名)及びその保護者を対象に税関教室を実施した。
税関教室では「税関の役割」、「羽田空港における貿易」及び「麻薬の恐ろしさ」について説明するとともに、麻薬探知犬のデモンストレーションを行い、薬物乱用防止及び密輸撲滅のための啓蒙活動を実施した。

児童に麻薬の恐ろしさを説明している様子脈探知犬のデモンストレーションに見入る児童達

平成24年2月15日

川口市立岸川中学校において税関教室を実施

東京税関は、埼玉県川口市立岸川中学校において全校生徒(約560名)を対象に税関教室を実施し、「税関の役割」及び「麻薬の恐ろしさ」について説明を行うとともに、麻薬探知犬のデモンストレーションを行い、薬物乱用防止及び麻薬撲滅のための啓蒙活動を実施した。

麻薬探知犬デモンストレーションの様子岸川中学校での税関教室の様子 

平成24年2月10日

成田税関支署 警視庁小金井警察署防犯協会及び東京都薬物乱用防止推進国分寺地区協議会を受け入れ

東京税関成田税関支署は、警視庁小金井警察署防犯協会及び東京都薬物乱用防止推進国分寺地区協議会(21名)を受け入れ、成田税関支署の概況及び不正薬物の密輸動向等に関する説明を行ったほか、旅具検査場において水際での取締状況を紹介した。

説明に聞き入る見学者

江東区立豊洲小学校において税関教室を実施

東京税関は、江東区立豊洲小学校において6年生(約110名)を対象に税関教室を実施し、「税関の役割」及び「麻薬の恐ろしさ」について説明を行うとともに、麻薬探知犬のデモンストレーションを行い、薬物乱用防止及び密輸撲滅のための啓蒙活動を実施した。

麻薬の恐ろしさについて説明している様子麻薬探知犬のデモンストレーション

平成24年2月8日

不正薬物密輸入事犯の摘発状況等について発表

東京税関は、平成23年の東京税関における不正薬物密輸入事犯の摘発状況等について発表した。
覚醒剤の摘発件数は、平成22年と比べ約1.4倍と大幅に増加し過去最高となった。
資料はこちらをクリック

記者会見する森川税関長記者会見場の様子

平成24年2月6日

成田税関支署 千葉県成田市立高岡小学校において税関教室を実施

東京税関成田税関支署は、千葉県成田市高岡小学校において、4〜6年生、職員及び保護者約50名を対象に税関教室を実施し、「税関の役割」「薬物の恐ろしさ」について説明を行うとともに、麻薬探知犬のデモンストレーションを行い、薬物乱用防止、密輸撲滅のための啓蒙活動を行った。

税関教室の様子麻薬探知犬のデモンストレーション 

平成24年2月2日、3日

おおた工業フェアで税関展・税関相談コーナーを開催

東京税関羽田税関支署は、「おおた工業フェア」において、『税関展・税関相談コーナー』を開催し、税関手続等を紹介したパネルや知的財産侵害物品の展示及び税関相談官、知的財産調査官による相談受付を実施した。税関の役割・制度を広く周知するとともに、海外貿易に関係する地元企業との連携を深め地域経済の活性化に貢献した。
(詳しくはこちらをクリック)

平成24年2月2日

成田航空貨物出張所 第2回成田空港・国際航空貨物講演会を開催

東京税関成田航空貨物出張所は、第2回成田空港・国際航空貨物講演会を開催。
空港関係者等145名が参加し、「2012年の国際航空貨物の動向」「AEO制度の普及による貿易円滑化の促進」について講演を行った。

講演会の様子講演会に参加した皆さん 

成田税関支署 千葉県芝山町立菱田小学校の見学を受け入れ

東京税関成田税関支署は、千葉県芝山町立菱田小学校生徒及び職員(43名)を受け入れ、税関の役割及び薬物乱用の恐ろしさ等の説明を行った他、旅具検査場において麻薬探知犬のデモンストレーションを実施、税関の水際取締の状況を紹介した。

菱田小学校の皆さん麻薬探知犬のデモンストレーション 

インターナショナルリゾートカレッジの見学を受け入れ

東京税関は、インターナショナルリゾートカレッジ17名の見学を受け入れた。
見学では、税関業務の概要について説明を行ったほか、不正薬物の密輸動向及び税関における取締状況について説明を行った。

インターナショナルリゾートカレッジの皆さん 

平成24年2月1日

日ペルー経済連携協定に係る説明会を開催

東京税関は、3月1日に発効予定の日ペルー経済連携協定に係る説明会を開催し、輸入者や通関業者に向けて協定の概要を説明した。

説明会の様子 

平成24年1月31日

インド消費税関税中央委員会マハジャン審議官視察受け入れ

東京税関は、インド消費税関税中央委員会マハジャン審議官をお迎えし、東京税関の概況を説明した後、通関事務室の視察を実施した。

マハジャン審議官(中央右)と森川東京税関長(中央左)

成田税関支署 浦安市保護司連絡協議会の見学を受け入れ

東京税関成田税関支署は、浦安市保護司連絡協議会(17名)を受け入れ、成田税関支署の概況及び不正薬物の密輸動向等に関する説明を行った他、旅具検査場において水際での取締状況を紹介した。

浦安市保護司連絡協議会の皆さん 

平成24年1月27日

江東区立亀高小学校において税関教室を実施

東京税関は、江東区立亀高小学校において5、6年生等(約75名)を対象に税関教室を実施し、「税関の役割」及び「麻薬の恐ろしさ」について説明を行うとともに、麻薬探知犬のデモンストレーションを行い、薬物乱用防止及び密輸撲滅のための啓蒙活動を実施した。

税関教室の様子麻薬探知犬のデモンストレーション 

平成24年1月26日

中野区立西中野小学校において税関教室を実施

東京税関は、中野区立西中野小学校において5、6年生等(約100名)を対象に税関教室を実施し、「税関の役割」及び「麻薬の恐ろしさ」について説明を行うとともに、麻薬探知犬のデモンストレーションを行い、薬物乱用防止及び密輸撲滅のための啓蒙活動を実施した。

児童達に説明している職員の様子麻薬探知犬のデモンストレーションの様子

平成24年1月25日

成田税関支署 税関相談コーナー設置

東京税関成田税関支署は、成田空港第1ターミナルビル出国エリアにて、帰国時の税関手続きを適正かつ円滑に遂行してもらうために税関相談の窓口を設置、海外旅行時の税関手続き等の説明を行った。(次回設置日の詳細はこちらをクリック

税関相談コーナーを設置税関イメージキャラクター「カスタム君」も登場 

富里市立富里中学校において職業講話を実施

東京税関は、富里市立富里中学校において、同校主催の職業講話に講師として参加し、1年生(約40名)を対象に「税関の役割」等について説明を行うとともに、麻薬探知犬のデモンストレーションを実施し、税関の業務内容を広く理解してもらった。

生徒に麻薬探知犬の訓練方法を説明している様子

平成24年1月24日

羽田税関支署 栃木県岩舟町商工会の見学を受け入れ

東京税関羽田税関支署は、栃木県岩舟町商工会18名の見学者を受け入れ、税関の役割や取組みをビデオやパンフレットで紹介したほか、旅具検査場の見学及びCIQ情報ひろばを案内した。
また、密輸情報提供の依頼を行い、税関業務に対する理解と協力を求めた。

栃木県岩舟町商工会の皆さん 

成田税関支署 千葉県警察学校の見学を受け入れ

東京税関成田税関支署は、千葉県警察学校初任科生及び職員(23名)を受け入れ、最近の不正薬物の密輸動向等に関する講義を行った他、旅具検査場において水際での取締状況を紹介した。

千葉県警察学校初任科生と職員の皆さん 

平成24年1月20日

江東区立元加賀小学校において税関教室を実施

東京税関は、江東区立元加賀小学校において6年生等約70名を対象に税関教室を実施し、「税関の役割」及び「麻薬の恐ろしさ」について説明を行うとともに、麻薬探知犬のデモンストレーションを行い、薬物乱用防止及び密輸撲滅のための啓蒙活動を実施した。

税関教室の様子麻犬のデモンストレーションの様子 

平成24年1月19日

新潟税関支署 長岡市立寺泊中学校において税関教室を実施

東京税関新潟税関支署は、長岡市立寺泊中学校において3年生(約120名)を対象に、「税関の役割と麻薬の怖さ」について説明するとともに、麻薬探知犬のデモンストレーションを交えた税関教室を実施し、その模様を報道関係者へ公開した。

税関教室の様子麻薬探知犬のデモンストレーションの様子

成田税関支署 旭市立古城小学校の見学を受け入れ

東京税関成田税関支署は、旭市立古城小学校4年生及び職員(28名)を受け入れ、税関の役割及び薬物乱用の恐ろしさ等の説明を行った他、旅具検査場において麻薬探知犬のデモンストレーションを実施、税関の水際取締の状況を紹介した。

説明を聞く見学者麻薬探知犬のデモンストレーション 

平成24年1月18日

アメリカ合衆国司法省麻薬取締局について講義を受ける

東京税関は、アメリカ合衆国司法省麻薬取締局東京事務所のジェームス・ヤン氏をお迎えし、同局の概要について講義を受けた。 

講師からの説明に聞き入る職員

平成24年1月17日

「輸入者の皆様のための関税評価・品目分類・原産地規則セミナー」を開催

東京税関は、関税等の適切な納税の基礎となる「関税評価」、「品目分類」、「原産地認定」の3分野について、輸入者の方々にご理解を深めていただくため、3分野合同のセミナーを、東京税関本関において開催した。幅広い業界から100名を超える多数の参加申込みがあった。今後も、輸入者の皆様のニーズに応えるテーマでセミナーを開催していきたい。次回は4月を予定している(3月上旬、東京税関HPにて募集予定)。 

セミナーの様子

羽田税関支署 シンガポール航空関係者の見学を受け入れ

東京税関羽田税関支署は、シンガポール航空関係者14名の見学者を受け入れ、税関の役割や取組みをビデオやパンフレットで紹介したほか、旅具検査場の見学及びCIQ情報広場を案内した。
また、密輸情報提供の依頼を行い、税関業務に対する理解と協力を求めた。

平成24年1月16日

羽田税関支署 市立松戸高校PTAの見学を受け入れ

東京税関羽田税関支署は、市立松戸高校PTA42名の見学者を受け入れ、税関の役割や取組みをビデオやパンフレットで紹介したほか、旅具検査場の見学及びCIQ情報ひろばを案内した。
また、密輸情報提供の依頼を行い、税関業務に対する理解と協力を求めた。

見学の様子 

平成24年1月13日

日精サービス株式会社をAEO保税業者に承認

東京税関は、1月13日、日精サービス株式会社に対し「特定保税承認者(AEO保税業者)」の承認通知書を交付した。

交付の様子 

平成24年1月9日

埼玉方面事務所 麻薬・覚せい剤乱用撲滅キャンペーンに参加 

東京税関監視部埼玉方面事務所は、JRさいたま新都心駅自由通路において、社団法人埼玉県医薬品配置協会が主催する麻薬・覚せい剤乱用撲滅キャンペーンに参加。
隣接するさいたまスーパーアリーナでは成人式が行われており、振り袖やスーツ姿の新成人にカスタム君も張り切ってアピールし、密輸情報の提供及び麻薬・覚せい剤乱用撲滅を呼びかけた。

キャンペーンの様子 

 

東京税関なう!平成23年へ