全国の税関
  • 函館
  • 東京
  • 横浜
  • 名古屋
  • 大阪
  • 神戸
  • 門司
  • 長崎
  • 沖縄
現在位置:
ホーム > 輸出入手続 > カスタムスアンサー(税関手続FAQ) > 4015 日タイ経済連携協定における関税の撤廃及び引き下げの概要(カスタムスアンサー)

4015 日タイ経済連携協定における関税の撤廃及び引き下げの概要(カスタムスアンサー)


 日タイ経済連携協定に基づき、日・タイ間の往復貿易額の約95%(日本からの輸出額の約97%、タイからの輸入額の約92%)について、この協定の発効から10年以内に関税が撤廃されます。

I .農林水産品分野について

1.日本の主な譲許内容
 (イ)えび・えび調製品⇒関税即時撤廃
 (ロ)マンゴー、マンゴスチン、ドリアン⇒関税即時撤廃
 (ハ)鶏肉(骨付もも肉を除く)、鶏肉調製品⇒5年間でそれぞれ8.5%及び3%まで関税削減
 (ニ)まぐろ缶詰⇒5年間で関税撤廃
2.タイの主な譲許内容
 りんご、なし、ながいも⇒関税即時撤廃

II .鉱工業品分野について

1.日本の主な譲許内容
 ・ほぼ全ての鉱工業品につき、10年以内に関税撤廃
 
2.タイの主な譲許内容
 (イ)鉄鋼⇒全ての品目につき10年以内に関税撤廃
 (ロ)自動車部品(生産用)⇒エンジン等については原則7年後、その他については原則5年後に関税撤廃
 (ハ)自動車(完成車)(3000cc超)⇒3年間で60%まで段階的関税引下げ
 (ニ)自動車(完成車)(3000cc以下)⇒6年目に再協議

 


税関手続等に関するご相談はお近くの税関相談官までお気軽にどうぞ。 お問い合わせ先は9301番をご覧下さい。