現在位置:
 > 各経済協定連携のHS バージョンの違いについて/Information on the difference of HS version in each EPA

各経済協定連携のHS バージョンの違いについて
/Information on the difference of HS version in each EPA

各EPA の品目別原産地規則は、日シンガポール、日メキシコ、日マレーシア、日チリ、日タイ、日インドネシア、日ブルネイ、日ASEAN 及び日フィリピンのEPA に係るものが2002 年版、日スイス、日ベトナム、日インド及び日ペルーのEPA に係るものが2007年版、日オーストラリア、日モンゴル及びTPP(未発効)に係るものが2012 年版のHSコードに基づき作成されています。

Product Specific Rule of each EPA is established based on the applicable HS version stipulated in each EPA as follows;

HS2002:Japan-Singapore, Japan-Mexico, Japan-Malaysia, Japan-Chile,
Japan-Thailand, Japan-Indonesia, Japan-Brunei, ASEAN-Japan and
Japan-Philippines.
HS2007:Japan-Switzerland, Japan-Vietnam, Japan-India and Japan-Peru.
HS2012:Japan-Australia, Japan-Mongolia, and TPP(not yet entered into force).