全国の税関
  • 函館
  • 東京
  • 横浜
  • 名古屋
  • 大阪
  • 神戸
  • 門司
  • 長崎
  • 沖縄
現在位置:
原産地規則ポータル > 原産地規則とは > 初めて日EU・EPAを利用される方へ

初めて日EU・EPAを利用される方へ

日EU・EPA利用の流れ

日EU・EPAに基づく特恵税率を適用して貨物を日本に輸入するためには、「当該品目について日EU・EPAの特恵税率が設定されていること」が前提となりますが、その他にも「輸入しようとする貨物が日EU・EPA上の原産品であると認められること」や、「税関への輸入申告時に必要となる書類を作成又は準備すること」が必要となります。以下では各ステップごとにご説明します。

EPA特恵税率適用の条件

ステップ1

輸入しようとする貨物に対して日EU・EPAに係る特恵税率が設定されていること(譲許品目であること) を確認する。
 輸入しようとする貨物のHS番号から、実行関税率表で確認することができます。

ステップ2

輸入しようとする貨物が原産品であることを確認する。
 特恵税率を適用して輸入するためには、相手国で必要な生産が行われていること(原産地基準を満たしていること)が必要です。原産地基準を満たしているとは、貨物が次のいずれかに該当することです。

(a) 完全生産品
 (b) 原産材料のみから生産される産品
 (c) 実質的変更基準を満たす産品

ステップ3

税関への輸入申告時に必要となる書類を作成又は準備する。
 通常の申告に加え、原産品申告書と必要に応じて原産品であることを明らかにする書類を求めることとしています。

参考資料