全国の税関
  • 函館
  • 東京
  • 横浜
  • 名古屋
  • 大阪
  • 神戸
  • 門司
  • 長崎
  • 沖縄
現在位置:
ホーム > 大阪税関 > 報道発表資料 > 報道発表資料(2006年)

報道発表資料(2006年)

 

 


2006.12.1 オランダ来の大麻草密輸入事犯を摘発!

 大阪税関関西空港税関支署は、平成18年11月5日、オランダから関西国際空港に到着したオランダ人男性が国内に持ち込もうとしたソフトスーツケース内に隠匿し密輸入しようとした大麻草3,974.53グラム(薬物乱用者の通常使用量で約8,000回分)を摘発し、同人を関税法違反容疑で大阪地方検察庁に告発した。
(11月29日、報道発表)

 

写真:報道公開の模様  写真:摘発した大麻草 

    報道公開風景                       摘発した大麻草

 

 


 

2006.11.20  中国来の覚せい剤密輸入事犯を摘発!

 大阪税関関西空港税関支署は、平成18年10月17日、中華人民共和国から関西国際空港に到着した日本人男性が国内に持ち込もうとしたソフトキャリーケース内の茶缶に隠匿し密輸入しようとした覚せい剤991.56グラム(薬物乱用者の通常使用量で約33,000回分)を摘発し、同人を関税法違反容疑で大阪地方検察庁に告発した。
(11月15日、報道発表)

 

写真:茶缶を開け、中身を取り出したところ

      茶缶を開け、中身を取り出したところ

 


2006.10.31 オランダ来の錠剤型覚せい剤を相次いで摘発!

 大阪税関関西空港税関支署と関西空港警察署は、オランダから関西国際空港に到着した英国人男性及びポーランド人女性から錠剤型覚せい剤を相次いで摘発し、同人らを関税法及び覚せい剤取締法違反容疑で大阪地方検察庁に告発した。(10月27日、報道発表)
 事件の概要は、平成18年9月26日、オランダから関西国際空港に到着した英国人男性から、携行黒色ソフトキャリーバッグ内の茶色リュックサックに隠匿工作し密輸入しようとした錠剤型覚せい剤31,453錠等(薬物乱用者の通常使用量で約31,550回分)を、また、同年10月3日、オランダから関西国際空港に到着したポーランド人女性から、携行黒色ボストンバッグ内に隠匿工作し密輸入しようとした錠剤型覚せい剤25,224錠等(薬物乱用者の通常使用量で約25,400回分)を、それぞれ税関検査により発見・摘発したものである。

 

写真:報道発表の模様  写真:摘発した錠剤型『覚せい剤

     報道公開風景                 摘発した錠剤型覚せい剤

 


2006.10.23  アメリカ来の大麻草密輸入事犯を摘発!

 大阪税関関西空港税関支署と関西空港警察署は、平成18年9月25日、アメリカ合衆国から関西国際空港に到着したアメリカ合衆国人男性から大麻草を摘発し、10月13日、同人を関税法及び大麻取締法違反容疑で大阪地方検察庁に告発した。(10月17日、報道発表)
 事件の概要は、平成18年9月25日、アメリカ合衆国から関西国際空港に到着した被疑者から、同人が身体に巻きつけ隠匿し密輸入しようとした大麻13311,33グラム(薬物乱用者の通常使用量で約2,700回分)を、税関検査により発見・摘発したものである。

 

写真:報道公開の模様  写真:摘発した大麻草

      報道公開風景                   摘発した大麻草

 


2006.9.4 ネパール来の大麻樹脂密輸入事犯を摘発!

 大阪税関関西空港税関支署は、ネパール王国から関西国際空港に到着した日本人男性から大麻樹脂を発見・摘発し、8月23日、同人を関税法違反容疑で大阪地方検察庁に告発した。(8月31日、報道発表)
 事件の概要は、平成18年8月2日、ネパール王国から関西国際空港に到着した被疑者から、同人着用中の靴底及び携行リュックサックに収納した靴底内、さらに体内に飲み込んで隠匿し密輸入しようとした大麻樹脂1,363.36グラム(薬物乱用者の通常使用量で約14,000回分)を、税関検査により発見・摘発したものである。

 

写真:報道公開の模様   写真:報道公開の模様

報道公開風景

  

 


 

2006.8.18 マレーシア来の覚せい剤密輸入事犯を摘発!

 8月11日、大阪税関関西空港税関支署と関西空港警察署は、平成18年7月22日、マレーシアから関西国際空港に到着したノルウェー王国人男性から覚せい剤を摘発、同人を密輸入犯として逮捕し、8月10日、関税法及び覚せい剤取締法違反容疑で大阪地方検察庁に告発したと発表した。

 

写真:報道公開の模様

        報道公開風景

 

 


2006.7.31 中国来の覚せい剤密輸入事犯を摘発!

 7月28日、大阪税関関西空港税関支署と関西空港警察署は、平成18年7月5日、中華人民共和国から関西国際空港に到着した大韓民国人男性から覚せい剤を摘発、同人を密輸入犯として逮捕し、7月25日、関税法及び覚せい剤取締法違反容疑で大阪地方検察庁に告発したと発表した。

 

写真:報道公開の模様  写真:摘発した覚せい剤
       報道公開風景                   摘発した覚せい剤

 


2006.7.24 ラオス来の大麻草密輸入事犯を摘発!

 7月21日、大阪税関関西空港税関支署と関西空港警察署は、平成18年6月11日、タイ王国から関西国際空港に到着した日本人男性から大麻草を摘発、同人を密輸入犯として逮捕し、6月29日、関税法及び大麻取締法違反容疑で大阪地方検察庁に告発したと発表した。
 また、共犯者として日本人男性1名を逮捕、同人についても7月13日、関税法及び大麻取締法違反容疑で大阪地方検察庁に告発したと発表した。

 

写真:報道公開の模様

       報道公開風景

 


2006.7.18 オランダ来の大麻草密輸入事犯を摘発!

 7月14日、大阪税関関西空港税関支署と関西空港警察署は、平成18年6月26日、オランダからベルギー及びドイツを経由して関西国際空港に到着した英国人男性から大麻草を摘発、同人を密輸入犯として逮捕し、当支署は、7月13日、関税法及び大麻取締法違反容疑で大阪地方検察庁に告発したと発表した。

 

写真:報道公開の模様 

      報道公開風景

 


 

2006.6.30 偽バイアグラ密輸入事犯を摘発

 6月29日(木)、大阪税関関西空港税関支署は、大阪府警察本部生活安全部生活環境課及び関西空港警察署と共同で、平成17年11月から平成18年3月にかけて、中国から国際宅配貨物を利用して、偽造バイアグラ46,170錠を密輸入しようとしたアメリカ人男性を関税法違反嫌疑で、大阪地方検察庁堺支部に告発したと発表した。

写真:報道公開の模様

     報道公開風景

 

 


 

2006.5.29 大量の偽ブランド衣類密輸入事件を摘発

 5月26日(金)、大阪税関は、中華人民共和国から船便を利用し商標権を侵害する大量の偽ブランド衣類(コート)4,139枚を密輸入ししようとした法人1社と関係者2名を関税法違反容疑で大阪地方検察庁に告発したと発表した。

 

写真:報道公開の模様  写真:隠匿手口

  

 


 

2006.5.22 けん銃等の密輸入事犯を摘発

 5月18日(木)までに、大阪税関関西空港税関支署は、関西空港警察署及び大阪府警察本部刑事部捜査第四課と共同で、アメリカ合衆国から国際宅配貨物を利用してけん銃1丁及び銃用雷管191個を密輸入したアメリカ人男性を関税法及び銃刀法並びに火薬類取締法違反容疑で検挙、大阪地方検察庁に告発したと発表した。

 

写真:摘発したけん銃、雷管 

 

 


  

2006.5.9 中国来の覚せい剤密輸入事犯を摘発

 5月2日(火)までに、大阪税関、大阪府警察本部及び大阪水上警察署は共同で、中華人民共和国から国際郵便を利用して覚せい剤を密輸入した男性を検挙し、覚せい剤99.51グラム(薬物乱用者の通常使用量で約3,300回分)を押収、関税法及び覚せい剤取締法違反容疑で大阪地方検察庁に告発したと発表した。

 

写真:報道公開の模様 

 

 


 

2006.4.20 向精神薬の密輸入事犯を摘発

 4月18日(火)、大阪税関関西空港税関支署と関西空港警察署は、平成18年3月24日、ウズベキスタン共和国から関西国際空港に到着した日本人男性から向精神薬トリアゾラム含有錠剤(製品名ハルシオン)2,374錠を摘発、同人を密輸入犯として逮捕し、関税法及び麻薬及び向精神薬取締法違反容疑で大阪地方検察庁に告発した。

 

写真:報道公開の模様

 

 


 

2006.4.13 北京来の覚せい剤密輸入事犯を摘発

 4月12日(水)、大阪税関関西空港税関支署と関西空港警察署は、平成18年3月20日に北京から関西国際空港に到着した韓国人男性から覚せい剤795.06グラム(薬物乱用者の通常使用量で約26,500回分)を摘発、同人を密輸入犯として逮捕し、関税法及び覚せい剤取締法違反容疑で大阪地方検察庁に告発した。

 

写真:報道公開の模様 

 

 


 

2006.3.8  ブランドバッグ等の密輸入(関税ほ脱事犯)が急増!

 3月1日(水)、大阪税関関西空港税関支署は、関西空港におけるブランドバッグ等の密輸入による関税法違反(ほ脱)が急増していることを発表した。
 特に、インターネット等で「格安で海外旅行にいける」と旅客を募り、帰国時に大量のブランドバック等を持たせ、税関に申告せず関税を支払うことなく国内に持ち込むという手口が急増している。
 入国時には、旅行者(成年者)一人につき20万円の免税範囲があります。それを超える分については、税関に申告し関税を支払わなければなりません。脱税目的でのブランドバッグ等の密輸入を摘発した場合は関税法で厳しく処罰されます。
 税関検査にご理解、ご協力をお願いします。

 

 


 

2006.2.27 大阪税関・平成17年密輸動向の発表


 2月24日(金)、大阪税関は、平成17年密輸動向の発表を行った。
 平成17年の関税法違反摘発件数は180件であり、そのうち不正薬物に係る摘発件数は68件であった。昨年は、MDMA等の押収量が増加、ツアー客を利用した大量の覚せい剤密輸事犯の摘発があり、また、偽造クレジットカード用生カードや偽造国際郵便為替証書、偽造旅行小切手(トラベラーズチェック)等不正薬物以外の摘発もあった。

   ○大阪税関・平成17年密輸動向資料

 

写真:報道発表の様子  写真:最近摘発した偽造国際郵便為替証書等

   2.24 報道発表の様子       最近摘発した偽造国際郵便為替証書等を公開

 

 


 

2006.2.16 偽造国際郵便為替等を発見・押収

 2月14日(火)に、大阪税関関西空港税関支署は、平成17年11月から平成18年1月にかけて、コートジボワール共和国から関西国際空港に到着した国際宅配貨物等から偽造国際郵便為替(額面700米ドル)計49枚及び偽造トラベラーズチェック(額面500米ドル)計24枚を発見・押収したことを発表した。

 

写真:報道公開の模様 

 


2006.1.18 ジャマイカ来の大麻草密輸入事犯を検挙

 1月16日(月)までに、大阪税関関西空港税関支署と関西空港警察署は、平成17年12月23日、ジャマイカから関西国際空港に到着した日本人男性から大麻草891.33グラム(薬物乱用者の通常使用量で約1,800回分)を摘発、同人を密輸入犯として逮捕し、関税法及び大麻取締法違反容疑で大阪地方検察庁に告発した。

 

写真:報道公開の模様