平成17年10月
財務省・税関

入出港手続の様式変更のお知らせについて

1.FAL条約の締結
 「1965年の国際海上交通の簡易化に関する条約(FAL条約)」は、国際航海に従事する船舶の入出港手続等を簡易化するための措置等について定めた条約であり、我が国においては、本年9月2日に締結され、11月1日に効力が生じることとなります。

2.FAL様式の採用
 本条約の締結に当たり、財務省を含む関係省庁は、本条約と整合的でない国内手続を定めている関税法等の関係法令について所要の改正を行いました。その際、国際海上交通に係る標準様式である本条約に規定される様式(FAL様式)を採用することとし、入出港届等を提出するすべての官庁で様式が統一されました。
 入出港の際に、税関に提出していただく次の様式については、本条約の効力発生に合わせ、11月1日より変更されますので、お知らせいたします。

○ 入出港届       新様式(PDF版)(WORD版)記載例記載要領
○ 積荷目録       新様式(PDF版)(WORD版)記載例記載要領
○ 船用品目録      新様式(PDF版)(WORD版)記載例記載要領
○ 乗組員名簿      新様式(PDF版)(WORD版)記載例記載要領
○ 旅客名簿       新様式(PDF版)(WORD版)記載例記載要領
○ 乗組員携帯品申告書  新様式(PDF版)(WORD版)記載例記載要領

(注)新様式の「WORD版」はMS WORD 2003 で作成されております。お使いのバージョンが異なることによって正しく表示されない可能性がありますので、ご注意願います。



 また、この様式変更に伴い、NACCS業務の入力項目も簡素化されます。

 なお、本件についてご不明な点がありましたら、
 ・ 手続き及び様式については、関税局監視課又は各税関の監視部門の窓口
 ・ NACCS業務については、(独)通関情報処理センター・システム部システム総括課
へ問い合わせください。

連絡・問い合わせ先
 財務省関税局監視課 代表03(3581)4111 税関考査官 纐纈(こうけつ)(内線5568)
  函館税関 0138(40)4242   東京税関 03(3599)6286
  横浜税関 045(212)6070   名古屋税関 052(398)4225
  大阪税関 06(6576)3115   神戸税関 078(333)3048
  門司税関 093(332)8349   長崎税関 095(828)8644
  沖縄地区税関 098(862)8317
 独立行政法人通関情報処理センター・システム部システム総括課 03(5460)0761