全国の税関
  • 函館
  • 東京
  • 横浜
  • 名古屋
  • 大阪
  • 神戸
  • 門司
  • 長崎
  • 沖縄
現在位置:
ホーム > 名古屋税関 > 摘発事例(平成31年発表分)

摘発事例(平成31年発表分)

最近の密輸事犯の概況について(名古屋税関管内)

【コカインの密輸入事件を告発(平成31年2月18日発表)】

 名古屋税関は、愛知県警察本部薬物銃器対策課、愛知県豊橋警察署と共同で調査を実施し、コカインを密輸入しようとしたブラジル人男女2名について、本年2月15日に関税法違反で名古屋地方検察庁に告発しました。

1 犯則物件

   コカイン 990.14グラム(正味重量)
      (薬物乱用者の通常のコカインの使用量約33,000回分)

2 事件の概要

 犯則嫌疑者は、ペルー共和国から国際スピード郵便物を利用し、コカインを密輸入しようとしましたが、平成31年1月1日、中部外郵出張所職員による郵便物の検査で発見されました。

内張り内に隠匿

コカイン約990グラム

【東京オリンピック・パラリンピックの商標権を侵害する物品の密輸入事件告発(平成31年2月5日発表)】

 名古屋税関は、愛知県警察本部生活安全部生活経済課、愛知県中川警察署と共同で調査を実施し、本日、商標権侵害物品を密輸入しようとした中国人男性について、関税法違反で名古屋地方検察庁に告発しました。

1 犯則物件

   公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック
      競技大会組織委員会の商標権を侵害する記念メダル  8枚

2 事件の概要

 犯則嫌疑者は、中華人民共和国から国際スピード郵便物を利用し、上記の犯則物件を密輸入しようとしたが、平成30年12月4日及び同年12月13日、名古屋税関中部外郵出張所職員による検査で発見されました。

東京オリパラメダル

東京オリパラメダル
報道発表の様子

【覚醒剤、大麻密輸入事犯を告発(平成31年2月1日発表)】

 名古屋税関清水税関支署は、覚醒剤及び大麻を密輸入しようとした日本人男性について、静岡県警察本部刑事部組織犯罪対策局薬物銃器対策課及び静岡県藤枝警察署と共同調査を実施し、静岡地方検察庁に告発しました。

1 犯則物件

   覚醒剤   5.16グラム
   大麻    20.48グラム

2 事件の概要

 犯則嫌疑者は、国際郵便物を利用し、オランダ王国から覚醒剤、チェコ共和国から大麻を密輸入しようとしましたが、覚醒剤にあっては平成30年11月16日、大麻にあっては同月19日、横浜税関川崎外郵出張所職員による郵便物検査で発見されました。

覚醒剤、大麻密輸入事犯を告発

報道発表の様子

【金塊密輸入事件を摘発(平成31年1月29日発表)】

 名古屋税関清水税関支署は、中華人民共和国から不正に輸入された金塊を発見しました。

1 犯則物件

   金塊 約3キログラム(3個)

2 事件の概要

 犯則嫌疑者(A及びB)は、共謀して、金塊約3キロ(3個)を中華人民共和国から本邦に密輸入することを企て、平成30年3月13日、中華人民共和国籍外国貿易船が清水港に入港した際、Aが金塊3個を身辺に隠匿したまま下船し、本邦に持込んだところを名古屋税関清水税関支署職員が発見・摘発しました。
 Bについては、共同調査中の警察が、本年1月28日逮捕しました。

清水税関支署船員より金塊を摘発清水税関支署船員より金塊を摘発

【覚醒剤密輸入事犯を告発(平成31年1月21日発表)】

 名古屋税関中部空港税関支署は、タイ王国から到着したマレーシア人男性旅客が、覚醒剤を密輸入しようとしたところを摘発し、愛知県中部空港警察署との共同調査により、本日、関税法違反嫌疑で名古屋地方検察庁に告発しました。

1 犯則物件

   覚醒剤であるフェニルメチルアミノプロパンの塩酸塩  497.327グラム(正味数量)

2 事件の概要

 犯則嫌疑者は、覚醒剤を日本に密輸することを計画し、平成31年1月6日(現地時間)、タイ王国所在のドンムアン空港を出発し、同日、中部国際空港へ到着した際、スーツケースに収納されたジャケットの襟部分に隠匿した

   覚醒剤  497.327グラム(正味数量)

を密輸入しようとしたが、中部空港税関支署職員による検査で発見されました。

覚醒剤摘発覚醒剤摘発

【覚醒剤密輸入事件を告発(平成31年1月17日発表)】

 名古屋税関中部空港税関支署は、カンボジア王国からベトナム社会主義共和国等において乗り換え、中部国際空港に到着した日本人男性旅客が覚醒剤を密輸入しようとしたところを摘発し、愛知県中部空港警察署との共同調査により、平成31年1月15日、関税法違反嫌疑で名古屋地方検察庁に告発しました。

1 犯則物件

   覚醒剤  3,314.79グラム

2 事件の概要

 犯則嫌疑者は、覚醒剤を日本に密輸することを計画し、平成30年12月29日(現地時間)、カンボジア王国所在のシュムリアップ国際空港を出発し、途中、ベトナム社会主義共和国所在のノイバイ国際空港及び大韓民国所在の仁川国際空港において乗り換え、平成30年12月30日、中部国際空港へ到着した際、ボストンバッグに収納されたリュックサック3個の背あて部分に隠匿した

   覚醒剤  3,314.79グラム(正味数量)

を密輸入しようとしたが、中部空港税関支署職員による検査で発見されました。

中部空港税関支署覚醒剤摘発犯則物件