全国の税関
  • 函館
  • 東京
  • 横浜
  • 名古屋
  • 大阪
  • 神戸
  • 門司
  • 長崎
  • 沖縄
現在位置:
ホーム > 長崎税関 > 採用案内 > 先輩からのメッセージ

先輩からのメッセージ

001-1.jpg 

1.現在の仕事内容は?

  私は現在、長崎税関の業務部統括審査官・総括担当部門で働いています。貨物の輸出入に関する情報収集、支署や出張所からの相談対応、上部機関との連絡・調整など、業務部の仕事全般に幅広く携わっています。慌ただしい毎日ですが、幅広い分野に触れることができ、新しい発見の連続です。

 2.税関を志望した理由は?

  正直、税関についての知識は全くありませんでした。業務内容を聞いて初めて「あぁ〜、海外旅行の時に通るあそこが税関というのか。」と、ぼんやり認識したくらいです。なんとなく足を運んだ説明会で、税関職員になれば、元々興味のあった貿易に関わりながら仕事ができるのだと知り、強い魅力を感じました。

001-2.jpg 

3.採用前と採用後、税関のイメージは変わりましたか?

  採用前は、働くこと自体に不安でいっぱいの学生時代でしたが、働き始めて思うのは、税関は良い意味でちょっと変わった職場だということ。もちろん仕事なので、楽しいことばかりではありません。それはどんな職業でも同じだと思います。ですが税関は、日本人とも外国人とも向き合う仕事・パソコンと向き合う仕事・貨物と向き合う仕事・海や飛行機と向き合う仕事など、様々な側面を持つ面白い職業です。いくつもの研修、新しい語学の勉強、他県への出張、全国の同期との出会い…。新しい経験をする度に、自分自身どんどん成長しているような気がします。こんなに沢山のチャンスを与えてくれる職場はなかなかないのではないでしょうか。

4.税関を志望する方へ一言!

  何をする仕事だろう?と思われがちな税関ですが、実は魅力いっぱいの職場です。一生同じ場所で、同じ仕事をし続けるのは退屈だと思っているあなた。長崎税関で一緒に働いてみませんか?その日を楽しみにお待ちしています。 

 

 

 nakahara-01.jpg

1.現在の仕事内容は?

 私が所属している監視取締部門では、不正薬物や拳銃といった社会悪物品が日本に持ち込まれるのを防ぐため、外国貿易船等の船内検査や乗組員の携帯品検査をはじめ、大型観光船や飛行機で入国する旅客の手荷物検査などを行っています。他にも、事務室で船舶の入出港手続きや各種申請の許可・承認業務といったデスクワークを行っており、日々貿易の最前線に立って仕事をしています!

2.税関を志望した理由は?

  学生の頃、テレビ番組で麻薬探知犬が密輸の摘発に大きく貢献していると知ったことが、税関に興味を持った最初のきっかけです。また、業務説明会において、税関には「日本の安全を守る」という重大な使命があるとの説明に心を打たれ、自分も税関職員の一員として日本の安全を守りたいと思い志望しました。

nakahara-02.jpg 

3.採用前と採用後、税関のイメージは変わりましたか? 

  『税関』というと堅い職場だというイメージを持たれがちだと思いますが、実際に働いてみると、職場の雰囲気はとても明るく、上司は優しい人ばかりで、全然堅くない、むしろ柔らかい職場でした。 仕事面では、『空港での手荷物検査をする』というくらいのイメージしかありませんでしたが、実際は、外国船の入出港関係の手続きを行ったり、港で取締りを行ったりなどと、本当に業務の幅が広いなと感じています。覚えないといけないことも沢山あって大変ですが、取締りを行う際には、『自分たちがしっかり検査を行わないと、違法な薬物やコピー商品などの日本に持ち込んではいけないものが入ってきてしまう!』という気持ちで頑張っており、とてもやりがいを感じています!

 4.税関を志望する方へ一言!

 税関の業務は幅広く、様々な仕事を経験することができるので、常に新鮮な気持ちで働くことができる職場だと思います。また、仕事でわからないことがあれば、優しく教えてくれる温かい先輩職員の方々がたくさんいらっしゃいますので、いつも気持ちよく仕事をすることができます。 少しでも税関に興味が湧いた方は、税関に足を運んでみてはいかがですか?  私たちの手で、日本の平和を守っていきましょう!

 

  

 

 tashima-01.jpg

1.現在の仕事内容は?

  長崎空港出張所では、主に国際線の旅具検査(手荷物検査)を行っております。外国と日本を往来する航空機の入出港手続きや交通の立入許可・貨物検査等を行う監視業務、外国へ輸出する貨物や外国から輸入する貨物の審査・許可等を行う通関業務、文書管理等を行う総務関係事務と様々な業務を行っております。

2.税関を志望した理由は?

  もともと社会悪物品の取締りをする職務に興味があり、「社会悪物品を水際で止める!」という税関の職務に魅力を感じたのがきっかけです。また航空機の旅具検査だけではなく、日本と外国を往来する船舶に対する取締りとして行う船内検査や巡回等の取締りも、通常だと経験できなさそうな業務であるため、どのように行なっているのか興味を持ち志望しました。

 tashima-02.jpg

3.採用前と採用後、税関のイメージは変わりましたか?

 採用前は、まだ税関という職務に対して、国際線の旅具検査をしている等の大まかなイメージしかありませんでした。しかし、採用後の4月から6月中旬までの約2か月半の研修や、その後に配属された監視部、現在配属されている空港出張所の業務で、改めて税関の仕事の幅広さを実感しました。どの職場でも、新しい知識を取り込むことができ、視野が広がっています。これからも税関の業務で様々なことを経験し、自分に適性な分野を見つけ、専門性を高めていけたらと思っています。

4.税関を志望する方へ一言!

 長崎税関は小規模な組織である分、他税関ではあまり経験できない様々な業務に携わることができます。そのため沢山の経験ができ、自分自身の可能性を広げることができます!!日々新しい知識が増えていきます。語学研修も充実しており英語はもちろん、韓国語・中国語も学ぶことができ、自分のスキルをアップすることができます!また入関後の千葉県の柏市である研修では、全国の同期と研修を受け、さらに体育祭等のイベントがあるのでたくさんの思い出を作ることができます。少しでも税関を志望してみようかなと思っている方は、是非説明会や官庁訪問にお越しください☆お待ちしています!

 

tsukamoto-01.jpg

1.現在の仕事内容は?

 私が勤務する輸入事後調査部門は、輸入者に対する税務調査を行う部署です。輸入の許可後に輸入者の事務所等を訪問し、会計帳簿や取引関係書類の調査をして、輸入申告の内容が適正であったかを確認します。誤りがあった際には是正してもらい、支払うべき税金を払ってもらいます。

2.税関を志望した理由は?

  実は、もともと税関という仕事を知りませんでした。しかし、説明会に参加したことで、税関は業務の幅が広く、多種多様の仕事内容があることを知り、興味を持ちました。この職場で働くことができたら、常に新しいことにチャレンジできるのではないかと思い、税関で働くことに決めました。

 tsukamoto-02.jpg

3.採用前と採用後、税関のイメージは変わりましたか?

 取締りを行う性質上、男性社会の固い職場なのかなというイメージを持っていました。実際に働いてみると、たくさんの女性職員が仕事の前線でキビキビ働いており、上司や先輩方は厳しくも楽しい方たちばかりで、しっかりとメリハリがある職場です。

4.税関を志望する方へ一言!

 税関業務は本当に幅広く多岐にわたります。税関を取り巻く環境は日々変化しており、その分やりがいがある、常に自分が成長できる職場です。語学等の研修制度も充実しており、海外で活躍する機会もあります。税関は、新しい事にどんどんチャレンジでき、それを応援してくれる職場です! 少しでも、税関に興味を持ってくださった方は、まずはぜひ、説明会に足を運んでみてください!

 

 最後に、人事担当者からメッセージ

  税関は、グローバル化が進む現代において、ますますその重要性が増していく成長分野であり、活力のある職場です!
学生の皆さんには、なかなかなじみの薄い職場だと思いますが、「国の安心安全に貢献する仕事」、「若手が活躍できる職場」、「国際的なフィールドで語学を生かしたい」といったキーワードにピンときたあなた!すでに、未来の税関職員です(^O^)
 私たち長崎税関人事課は、「やる気」を最も重視しますので、皆さんの訪問を心よりお待ちしています!!