全国の税関
  • 函館
  • 東京
  • 横浜
  • 名古屋
  • 大阪
  • 神戸
  • 門司
  • 長崎
  • 沖縄
現在位置:
ホーム > 長崎税関 > 長崎税関の動き(平成26年1月〜6月)

長崎税関の動き

 

平成26年6月26日(木曜日) 五島監視署、薬物乱用防止教室を実施

長崎税関五島監視署は、五島市立翁頭中学校において、同校3年生25名、教職員4名及び保護者1名に対し、税関の業務説明と薬物に対する正しい知識及び薬物乱用の恐ろしさなどの薬物乱用防止に関する講話を実施した。

 

平成26年6月21日(土曜日)八代税関支署、ヤング街頭キャンペーンに参加

 

八代税関支署は、熊本市所在の「上通り、下通り及びサンロード新市街アーケード」において行われた熊本県が主催する薬物乱用「ダメ。ゼッタイ。」普及運動の一つ「ヤング街頭キャンペーン」に参加し、ボーイスカウト・ガールスカウトの小中学生と一緒にチラシを配布し、薬物乱用の危険性を訴えた。

 

 

平成26年6月6日(金曜日) 鹿児島税関支署、中学校において、薬物乱用防止教室を実施

 鹿児島税関支署は、鹿児島市立和田中学校において、同校1年生258名に対し、税関の業務説明と薬物に対する正しい知識及び薬物乱用の恐ろしさなどの薬物乱用防止に関する講話を実施した。

平成26年5月29日(木曜日) 三池税関支署久留米出張所、高等学校において、薬物乱用防止教室を実施

 長崎税関三池税関支署久留米出張所は、福岡県立八女農業高等学校において、同校生徒及び職員等約520名に対し、税関の業務説明と薬物乱用の恐ろしさなどの薬物乱用防止に関する講話を実施した。

平成26年5月22日(木曜日) 八代税関支署水俣出張所、密輸防止合同街頭キャンペーンを実施

 長崎税関八代税関支署水俣出張所は、水俣市大黒町M'シティ前において長崎通関業会(水俣地区)と合同で密輸防止街頭キャンペーンを実施した。
 キャンペーンでは、チラシ等の配布により密輸の防止や密輸情報の提供を呼びかけた。

平成26年5月16日(金曜日) 長崎税関、大学生の職場見学を受入れ

 長崎税関は、長崎大学経済学部の1年生等12名の職場見学を受入れ、税関の使命及び業務内容の説明、採用案内、違法ドラッグ及び運び屋についての注意喚起、税関資料展示室における偽ブランド品等の展示物の説明を行った。

平成26年5月15日(木曜日) 三池税関支署、密輸防止合同街頭キャンペーンを実施

 長崎税関三池税関支署は、薬物及び銃器取締強化期間の一環として、ゆめタウン大牟田店において、三池海上保安部・大牟田警察署・長崎通関業会三池地区と合同で密輸防止街頭キャンペーンを実施した。
キャンペーンでは、「カスタム君」、「うみまる」、「ふっけい君」も参加し、密輸に関する情報提供依頼及び税関のPRを行った。

平成26年5月15日(木曜日) 長崎大学経済学部短期海外研修生の税関見学を受入れ

 長崎税関は、長崎大学が大学間交流協定を締結している中国・西南財経大学の学生等14名の税関見学の受入れを行い、税関の役割や業務内容の説明を行った。

平成26年5月13日(火曜日) 長崎税関、密輸防止街頭キャンペーンを実施

 長崎税関は、薬物及び銃器取締強化期間の一環として、長崎市浜町ベルナード観光通り商店街において、長崎警察署、長崎海上保安部及び長崎通関業会と合同で密輸防止街頭キャンペーンを実施した。
キャンペーンでは、立て看板やティッシュの配布により、薬物及び銃器取締強化期間の実施を周知するとともに密輸情報の提供を依頼した。最後に麻薬探知犬のデモンストレーションにより、密輸防止のための税関業務のPRを行った。

平成26年5月12日(月曜日) 鹿児島税関支署、密輸防止街頭キャンペーンを実施

 長崎税関鹿児島税関支署は、JR九州鹿児島中央駅改札口前において、薬物及び銃器取締強化期間の一環として、関係取締機関及び通関業会と合同で密輸防止キャンペーンを行った。税関の「カスタム君」と海上保安部の「うみまる君」の両マスコットも参加し、一般市民に密輸の阻止及び密輸に関する情報提供を呼びかけた。

平成26年5月11日(日曜日) 八代税関支署三角出張所、マリンフェスタにて密輸防止キャンペーンを実施

 長崎税関八代税関支署三角出張所は、薬物及び銃器取締強化期間の一環として、宇土市の宇土マリーナ(道の駅)で行われたマリンフェスタにおいて、熊本海上保安部と合同で、不正薬物・けん銃などの社会悪物品の密輸防止キャンペーンを行った。キャンペーンでは、一般市民にパンフレット配布等を実施して、密輸の阻止及び密輸に関する情報提供を呼びかけた。

平成26年5月9日(金曜日) 長崎税関、薬物乱用防止教室を実施

 長崎税関は、私立聖母の騎士高等学校において、同校生徒及び職員等約70名に対し、税関の業務説明と薬物乱用防止に関する講話を実施した。

平成26年5月8日(木曜日) 税関保管証券を約68年ぶりに返還

 長崎税関は、終戦後、旧満州(中国東北部)から引き揚げる際にご両親が現地で預けられていた保険証券等計2点を長崎市在住の女性に返還しました。
税関では、引き揚げられた方々からお預かりした通貨や証券等について昭和28年9月から返還業務を行っていますが、現在も多くの未返還物件が保管されています。ご家族でも結構ですのでお心当たりの方は、ご連絡下さい。⇒【
保管証券のページへ】

平成26年5月7日(水曜日) 長崎税関佐世保税関支署、密輸防止街頭キャンペーンを実施

 佐世保税関支署は、5月7日から5月31日までの「薬物及び銃器取締強化期間」に伴い、佐世保市の島瀬公園前アーケードにおいて、佐世保警察署、佐世保海上保安部、長崎通関業会(佐世保地区)と合同で不正薬物・けん銃などの社会悪物品の密輸防止キャンペーンを行い、密輸情報提供リーフレット等を配布し、密輸の阻止及び密輸情報の提供を呼び掛けた。

平成26年5月7日(水曜日) 長崎税関八代税関支署、密輸防止街頭キャンペーンを実施


 八代税関支署は、「薬物及び銃器取締強化期間」(5月7日〜5月31日)の実施に伴い、八代市「ゆめタウン八代」において、八代警察署、熊本海上保安部八代海上保安署、長崎通関業会(八代地区)と合同で不正薬物・けん銃などの社会悪物品の密輸防止キャンペーンを実施した。同キャンペーンでは密輸情報提供依頼リーフレット等を配布し、買い物客らに密輸の阻止及び密輸に関する情報提供を呼びかけた。

  

平成26年4月22日(火曜日) 長崎税関三池税関支署、税関業務説明会にて講義

 三池税関支署は、大牟田市内で開催された日本関税協会長崎支部、長崎税関保税地域協議会及び長崎通関業会が共催する「税関業務説明会」に講師を派遣し、税関業務、輸出入通関実務、AEO制度等の各種制度について講義を行うとともに麻薬探知犬によるデモンストレーションを実施した。

平成26年4月21日(月曜日) 輸出入申告官署の自由化に係る基本的方向性等に係る説明会を開催

 長崎税関は、熊本市内において、関税局と共催で「輸出入申告官署の自由化に係る基本的方向性等に係る説明会」を開催し、貿易関係者等70名が参加した。関税局業務課による「輸出入申告官署の自由化」及び「輸出入申告の24時間化」についての説明の後、活発な質疑応答が行われた。

平成26年4月10日(木曜日) 長崎税関、第3回税関モニター会合を開催

 長崎税関は、平成25事務年度第3回税関モニター会合を開催した。会合では、海港、洋上取締り等の監視業務説明、X線検査装置による貨物検査業務説明、監視艇による取締業務説明及び港内視察の後、意見交換を行った。

平成26年4月9日(水曜日) 長崎税関鹿児島税関支署志布志出張所、志布志みなとロータリークラブにおいて講演を実施

 鹿児島税関支署志布志出張所長は、志布志市内で開催された「志布志みなとロータリークラブ例会」において、会員23名に対して「税関行政について」と題し、講演を行った。

 

平成26年3月12日(水曜日)、14日(金曜日)

  長崎税関八代税関支署及び熊本出張所、貿易実務講座に講師を派遣

  八代税関支署及び熊本出張所は、3月12日(水)に八代市、14日(金)に熊本市において開催された熊本県貿易協会及び日本関税協会長崎支部が共催する「貿易従事者のための貿易実務講座」に講師を派遣し、税関業務、輸出入通関実務、AEO制度等の各種制度及び貿易統計資料の閲覧・活用方法について講義を行った。

   

平成26年3月6日(木曜日) 長崎税関鹿児島税関支署、薬物乱用防止教室を実施

 鹿児島税関支署は、私立池田中学・高等学校において中学3年生、高校1、2年生の生徒及び職員約150名に対して、税関の業務説明、薬物乱用防止に関する講話を実施した。

平成26年2月18日(火曜日) 長崎税関鹿児島税関支署、薬物乱用防止教室を実施

 鹿児島税関支署は、鹿児島純心女子高等学校において今春卒業する3年生生徒約100名に対して、税関の業務説明、薬物乱用防止に関する講話及び麻薬探知犬によるデモンストレーションを実施した。

平成26年2月4日(火曜日) 長崎税関鹿児島税関支署志布志出張所、薬物乱用防止教室を実施

 志布志出張所は、肝付町立国見小学校において、生徒等83名に対して、税関の業務説明、薬物乱用防止に関する講話及び麻薬探知犬によるデモンストレーションを実施した。

平成26年2月3日(月曜日) 長崎税関八代税関支署、薬物乱用防止教室を実施

 八代税関支署は、鹿児島県立野田女子高等学校において、全校生徒約280名に対して、税関の業務説明と薬物乱用防止に関する講話を実施した。

平成26年1月31日(金曜日) 長崎税関佐世保税関支署、薬物乱用防止教室を実施

 佐世保税関支署は、佐世保市立野崎中学校において、生徒等24名に対して、税関の業務説明と薬物乱用防止に関する講話を実施した。

平成26年1月30日(木曜日) 長崎税関、市民講座で講義

 長崎税関は、長崎市生涯学習課主催の市民講座において、受講者27名に対して、税関業務や関税政策の説明、運び屋・薬物乱用の注意喚起等を内容とする講義を行った。

平成26年1月27日(月曜日) 長崎税関佐世保税関支署、佐世保市において講演を実施

 佐世保税関支署長は、佐世保市で開催された「佐世保北ロータリークラブ例会」において、会員約40名に対して「税関の仕事と薬物について」と題し、講演を行った。

 

平成26年1月20日(月曜日) 長崎税関、第2回税関モニター会合を開催

 長崎税関は、平成25事務年度第2回税関モニター会合を開催した。長崎空港出張所などで行われた同会合では、国際線施設の紹介、旅具検査、運び屋及び密輸手口の説明、麻薬探知犬のデモンストレーションの視察等の後、意見交換を行った。

 

 

 

過去分はこちら↓

○長崎税関の動き(平成25年7月〜12月分) 

○長崎税関の動き(平成25年1月〜6月分) 

○長崎税関の動き(平成23年、平成24年)