全国の税関
  • 函館
  • 東京
  • 横浜
  • 名古屋
  • 大阪
  • 神戸
  • 門司
  • 長崎
  • 沖縄
現在位置:
ホーム > 門司税関 > 税関モニター

税関モニター

平成27事務年度(平成27年7月〜平成28年6月)
門司税関 税関モニター制度の実施状況

1 税関モニター制度とは

(1)目的

 税関行政の透明性を高め、税関の説明責任を果たすため、国民の皆様からの意見、要望等を広く聴取することにより事務運営の改善に役立て、税関行政サービスの一層の向上を図るとともに、国民の皆様に対し、積極的に情報を提供することにより税関行政に対する理解を深めていただくことを目的として、平成13年から実施しています。

(2)モニターへの委嘱

  平成27事務年度においては、教育関係、報道関係、旅行会社関係、航空会社関係、旅客船会社関係、貿易関係の有識者7名(男性4名、女性3名)に税関モニターを委嘱しました。  

2 税関モニター活動状況

実施日場 所内 容
平成27年 9月16日 門司税関(本関) ・委嘱状交付
・門司税関の概況説明
・旧門司税関で開催の知財税関展の見学
・監視艇「げんかい」に乗船し、関門港における海上取締状況を視察 
平成27年 12月18日 福岡麻薬探知犬管理センター
福岡空港税関支署 
・麻薬探知犬の育成及び訓練状況を視察
・福岡空港における輸出入貨物の検査状況、旅具検査状況を視察
平成28年 3月23日 博多地区国際貨物検査センター
福岡外郵出張所
博多税関支署
・大型X線検査装置による輸出入貨物に対する検査状況を視察
・国際郵便物に対する検査状況を視察 
・博多港(箱崎埠頭及び中央埠頭クルーズセンター)におけるクルーズ船対応状況を視察

 2016_1_monitor 2016_2_monitor      

2016_3_monitor 2016_4_monitor

2016_5_monitor 2016_6_monitor

  3 税関行政に対するモニターからの意見

税関見学及び意見交換会等を通じて、税関モニターから税関行政に対して、 

 ・水際における更なる密輸阻止に向け、取締・検査機器を有効活用した検査の強化、情報の収集・分析体制の強化、関係取締機関との連携の強化、職員の検査能力向上のための研修の実施

 ・国際交流や研修の実施により高度な専門性や知識を有する人材の育成

 ・企業の海外展開促進に向けてTPP、EPA等の経済連携協定の積極的なPR

 ・HPやSNSを効果的に活用した税関広報の充実

 ・「運び屋」に関する注意喚起の効果的な実施

等、多くのご意見をいただきました。

 税関モニターの皆様からいただきましたご意見につきましては、今後の業務運営の改善等に活用させていただき、税関行政サービスのより一層の向上を図る予定にしています。

【参考】平成26事務年度 門司税関 税関モニター制度実施状況