全国の税関
  • 函館
  • 東京
  • 横浜
  • 名古屋
  • 大阪
  • 神戸
  • 門司
  • 長崎
  • 沖縄
現在位置:
ホーム > 水際取締 > 水際取締対策 > 各税関の事件発表(平成21年)

各税関の事件発表(平成21年)

【覚せい剤原料含有錠剤密輸入事件を告発−東京税関】
平成21年11月、香港から航空通常書留郵便物を利用して覚せい剤原料(エフェドリン)含有錠剤約402.2グラム(4,085錠相当)を密輸入しようとした日本人男性を、厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部との共同調査のうえ、翌12月に同人を関税法違反嫌疑で東京地方検察庁に告発した。〔東京税関HP

【フランス人男性による覚せい剤密輸入事件を告発−名古屋税関】
平成21年12月、愛知県警察との共同調査により、中部国際空港においてコートジボアール共和国から覚せい剤1,470.53グラムを密輸入しようとしたフランス人男性を関税法違反嫌疑により名古屋地方検察庁に告発した。〔名古屋税関HP

【食肉仲介業者1名による輸入豚肉に係る大口関税ほ脱事件を告発−名古屋税関】
平成21年12月、門司税関と共同調査により、輸入豚肉に係る差額関税制度を悪用して多額の関税を免れていた食肉仲介業者1名を関税法違反(関税ほ脱)嫌疑により名古屋地方検察庁に告発した。〔名古屋税関HP

【タイ人女性による覚せい剤密輸入事件を告発−名古屋税関】
平成21年12月、長野県警察本部組織犯罪対策課及び千曲警察署との共同調査により、同年8月にタイ王国から国際スピード郵便(EMS)を利用して覚せい剤0.21グラムを密輸入しようとしたタイ人女性を関税法違反嫌疑により長野地方検察庁上田支部に告発した。〔名古屋税関HP

【食肉仲介業者ら3名による輸入豚肉に係る大口関税ほ脱事件を告発−名古屋税関】
平成21年12月、門司税関と共同調査により、輸入豚肉に係る差額関税制度を悪用して多額の関税を免れていた食肉仲介業者ら3名を関税法違反(関税ほ脱)嫌疑により名古屋地方検察庁に告発した。〔名古屋税関HP

【韓国人女性による金地金密輸入事犯を摘発−大阪税関】
平成21年10月、関西国際空港において、大韓民国から入国した韓国人女性が金地金を密輸入しようとしたところを摘発し、大阪府関西空港警察署と共同調査の上、11月30日までに関税法違反容疑で大阪地方検察庁堺支部に告発した。〔大阪税関HP

【ナイジェリア男性及び日本人女性によるMDMA密輸入事件を告発−名古屋税関】
平成21年8月、中部国際空港において、オランダ王国から帰国した日本人女性旅客が着用スパッツ内に隠匿して密輸入しようとしたMDMA等を含有する錠剤11,769錠を摘発し、その後、愛知県警察との共同調査により、依頼人であるナイジェリア男性1名が判明し、11月9日までに両人を関税法違反嫌疑により名古屋地方検察庁に告発した。〔名古屋税関HP

【メキシコ来ボリビア人男性による覚せい剤密輸入事件を摘発−東京税関】
平成21年10月、成田空港において、メキシコから入国したボリビア人男性が、テキーラ瓶2本内に水溶液状にして隠匿した覚せい剤850.93グラムを摘発し、千葉県警と共同調査のうえ、同人を関税法違反嫌疑で千葉地方検察庁に送致した。〔東京税関HP

【在日ギニア人男性による大量の覚せい剤密輸入事犯を摘発−東京税関】
平成21年10月、成田空港において、ギニア共和国からフランス共和国を経由して再入国した在日ギニア人男性が、木彫りの置物に隠匿した覚せい剤1,818.1グラムを摘発し、千葉県警と共同調査のうえ、同人を関税法違反嫌疑で千葉地方検察庁に送致した。〔東京税関HP

【北朝鮮産サルトリイバラの葉の不正輸入事件を告発−名古屋税関】
平成21年11月、愛知県名古屋水上警察署からの通報を受け調査を実施し、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)産のサルトリイバラの葉を中華人民共和国(中国)産と偽り、相当の関税を免れて輸入したとして、元会社経営者を関税法違反(関税ほ脱)嫌疑により名古屋地方検察庁に告発した。〔名古屋税関HP

【日本人男性2名による麻薬含有錠剤密輸入事件を告発−名古屋税関】
平成21年10月、愛知県警察本部刑事部薬物銃器対策課及び愛知県港警察署との共同調査により、同年4月にグレートブリテン及び北アイルランド連合王国(イギリス)から国際郵便を利用して麻薬含有錠剤34錠を密輸入しようとした日本人男性2名を関税法違反嫌疑により名古屋地方検察庁に告発した。〔名古屋税関HP

【金地金密輸入に係る多額消費税等ほ脱事件−東京税関】
平成21年2月、羽田空港において、香港から帰国した日本人男女2名が、キャリーバッグ取っ手部分に隠匿した金地金21塊を摘発し、その後の調査により、同人らは同様の方法で金地金合計1,181キログラムを56回にわたり密輸入し、消費税等合計1億5,392万円を免れていたことが判明したため、同年10月に同人らを東京地方検察庁に告発した。〔東京税関HP

【フィリピン共和国来大麻樹脂密輸入事犯を摘発−東京税関】
平成21年9月、成田空港において、フィリピンから帰国した日本人男性が、透明ラップに包み体内に飲み込んで隠匿した大麻樹脂2塊11.72グラムを摘発し、千葉県警と共同調査のうえ、翌10月に同人を関税法違反嫌疑で千葉地方検察庁に告発した。〔東京税関HP

【カナダ人男性による覚せい剤密輸入事件を告発−大阪税関】
平成21年10月、関西国際空港において、カナダから入国したカナダ人男性が、キャリーバッグ内に隠して密輸入しようとしたMDMA含有錠剤約2万4千錠等を摘発し、大阪府関西空港警察署と共同調査のうえ、同人を関税法違反容疑で大阪地方検察庁に告発した。〔大阪税関HP

【香港来台湾人男性による覚せい剤密輸入事件を摘発−東京税関】
平成21年9月、成田空港において、香港から入国した台湾人男性が、壺を収納していた段ボール箱側面に隠匿した覚せい剤926.84グラムを摘発し、千葉県警と共同調査のうえ、同人を関税法違反嫌疑で千葉地方検察庁に送致した。〔東京税関HP

【トルコ共和国来大量覚せい剤密輸入事犯を摘発−東京税関】
平成21年8月、成田空港において、トルコ共和国から入国したイギリス人男性が、シャンプー容器内に隠匿した覚せい剤1,022.38グラムを摘発し、千葉県警と共同調査のうえ、同人を関税法違反嫌疑で千葉地方検察庁に送致した。〔東京税関HP

【イラン人男性による覚せい剤及びあへん密輸入事犯を摘発−東京税関】
平成21年8月、成田国際空港において、イラン・イスラム共和国から再入国しようとした在日イラン人男性が、体腔内に隠匿し密輸入しようとした覚せい剤40.28グラム及びあへん5.8グラムを摘発し、千葉県警共同調査のうえ、同人を関税法違反嫌疑で千葉地方検察庁に送致した。東京税関HP

【マレーシア来の覚せい剤密輸入事犯を摘発−門司税関】
平成21年8月、福岡空港において、マレーシアから入国したシンガポール共和国国籍の男性が、ソフトスーツケースの両側面部を二重工作して隠匿した覚せい剤約1.2キログラムを密輸入しようとしたところを摘発し、福岡県警察本部薬物銃器対策課及び福岡空港警察署と共同調査のうえ、翌9月に関税法違反嫌疑で福岡地方検察庁に告発した。〔門司税関HP

【フィリピン人女性による覚せい剤密輸入事件を告発−名古屋税関】
平成21年9月、静岡県警察本部刑事部組織犯罪対策局銃器薬物対策課及び静岡県沼津警察署との共同調査により、同年8月にフィリピン共和国から国際スピード郵便(EMS)を利用して覚せい剤約0.363グラムを密輸入しようとしたフィリピン人女性を関税法違反嫌疑により静岡地方検察庁沼津支部に告発した。〔名古屋税関HP

【アフガニスタン・イスラム共和国向け無水酢酸の密輸出を告発−名古屋税関】
平成21年2月、名古屋港からコンテナに隠匿して、アフガニスタン・イスラム共和国向けに無水酢酸1,390kgを密輸出しようとした事件について愛知県警察と共同で調査し、同年9月、パキスタン人男性及び輸出者である法人を関税法違反嫌疑で名古屋地方検察庁に告発した。〔名古屋税関HP

【トルコ来韓国人女性による大量の覚せい剤密輸入事犯を摘発−東京税関】
平成21年8月、成田国際空港において、トルコ共和国から入国した韓国人女性が、スーツケース上蓋を二重に工作して隠匿し密輸入しようとした覚せい剤988.5グラムを摘発し、千葉県警と共同調査のうえ、翌9月に同人を関税法違反嫌疑で千葉地方検察庁に告発した。〔東京税関HP

【ブラジル来のコカイン密輸入事犯を摘発−大阪税関】
平成21年7月、関西国際空港において、ブラジル連邦共和国から入国したフランス人男性が、コカイン2,522.61グラムを密輸入しようとしたところを摘発し、大阪府関西空港警察署と共同調査のうえ、翌8月に関税法違反容疑で大阪地方検察庁に告発した。〔大阪税関HP

【ロシア人による大量覚せい剤密輸入事件を検挙−東京税関】
平成21年7月、新潟港東港中央埠頭に接岸中のロシア来船舶から覚せい剤約5キロを密輸入したロシア人男性2名を摘発し、新潟県警及び新潟海上保安部と共同調査のうえ、翌8月に両名を関税法違反嫌疑で新潟地方検察庁に告発した。〔東京税関HP

【日本人男性による偽造クレジットカード原板の密輸入を告発−名古屋税関】
平成21年7月、長野県警察本部刑事部組織犯罪対策課及び長野中央警察署との共同調査により、同年2月に中華人民共和国から国際スピード郵便(EMS)を利用して偽造クレジットカード原板119枚を密輸入しようとした日本人男性を、関税法違反嫌疑により長野地方検察庁に告発した。〔名古屋税関HP

【蝶の標本不正輸入事件を告発−東京税関】
平成21年5月、成田空港において、フランスから帰国した日本人男性が、ブリーフケース及びスーツケースに分散隠匿した蝶の標本145頭を摘発し、同年7月に同人を関税法違反嫌疑で東京地方検察庁に告発した。〔東京税関HP

【旅客による覚せい剤密輸入事犯を摘発−東京税関】
平成21年6月、成田空港において、中国から入国したシンガポール人女性が、着用していたパンツの内側に隠して密輸入しようとした覚せい剤543.88グラムを摘発し、千葉県警と共同調査のうえ、同人を関税法嫌疑で千葉地方検察庁に送致した。〔東京税関HP

【シンガポール人男性2名による覚せい剤密輸入事件を摘発−東京税関】
平成21年6月、成田空港において、香港から入国したシンガポール人男性2名が、所持していたお菓子に隠匿した覚せい剤2,857.17グラムを摘発し、千葉県警と共同調査のうえ、同人を関税法違反嫌疑で千葉地方検察庁に告発した。〔東京税関HP

【ペルー人親子を関税法違反(コカイン密輸入)で告発−名古屋税関】
平成21年6月、静岡県警察本部及び静岡県浜松中央警察署との共同調査により、同年5月にペルー共和国から国際スピード郵便(EMS)を利用してコカイン約146.968gを密輸入しようとした在日ペルー人親子2名を、関税法違反嫌疑により静岡地方検察庁に告発した。〔名古屋税関HP

【台湾人男性による覚せい剤密輸入事件を摘発−東京税関】
平成21年5月、成田空港において、台湾から入国した台湾人男性が、スーツケース内の衣類11点に分散隠匿した覚せい剤1,469.7グラムを摘発し、千葉県警と共同調査のうえ、同人を関税法違反嫌疑で千葉地方検察庁に送致した。〔東京税関HP

【カナダ来の覚せい剤密輸入事件を摘発−東京税関】
平成21年5月、成田空港において、カナダから入国した韓国人男性が、スーツケースの底部分を二重工作して隠していた覚せい剤3,452.3グラムを摘発し、千葉県警と共同調査のうえ、同人を関税法違反嫌疑で千葉地方検察庁に送致した。〔東京税関HP

【香港来の覚せい剤密輸入事件を摘発−東京税関】
平成21年4月、羽田空港において、香港から帰国した日本人男性2名が、お菓子箱やドリンク剤の箱に隠して密輸入しようとした覚せい剤2,997.86gを摘発し、警視庁と共同調査のうえ、翌5月に同人らを関税法違反嫌疑で東京地方検察庁に告発した。〔東京税関HP

【中国・香港来の覚せい剤密輸入事犯を摘発−大阪税関】
平成21年5月、関西国際空港において、中国・香港から入国した中国(香港)人男性2名が、身辺や靴底に隠して密輸入しようとした覚せい剤2,988.18gを摘発し、大阪府関西空港警察署と共同調査のうえ、同人らを関税法違反容疑で大阪地方検察庁に告発した。〔大阪税関HP

【中国来の覚せい剤密輸入事犯を摘発−大阪税関】
平成21年4月、関西国際空港において、中華人民共和国から入国しようとした台湾人男性が、体内、着用靴に隠して密輸入しようとした覚せい剤477.49g摘発し、大阪府関西空港警察署と共同調査のうえ、同人を関税法違反容疑で大阪地方検察庁に告発した。〔大阪税関HP

【カナダ来大量覚せい剤密輸入事犯を摘発−東京税関】
平成21年3月、成田空港において、カナダから入国したカナダ国籍の韓国人男性が、書籍やタオルに分散隠匿した覚せい剤4,958.9グラムを摘発し、千葉県警と共同調査のうえ、同人を関税法違反嫌疑で千葉地方検察庁に告発した。〔東京税関HP

【オランダ人女性による麻薬(3CPP)密輸入事件を摘発−東京税関】
平成21年3月、成田国際空港において、ベルギー王国から入国したオランダ人女性が、スーツケースを二重底工作して隠匿した麻薬(1-(3-クロロフェニル)ピペラジン:通称3CPP)を含有する錠剤20,808錠を摘発し、千葉県警と共同調査のうえ、同人を関税法違反嫌疑として千葉地方検察庁に告発した。〔東京税関HP

【イギリス人旅客による覚せい剤の密輸入を摘発−名古屋税関】
平成21年3月、中部国際空港において、南アフリカ共和国から入国したイギリス国籍の男性旅客が、携行スーツケースを二重工作して密輸入しようとした覚せい剤2,007.80gを摘発し、翌4月に、愛知県警察との共同調査のうえ、同人を関税法違反嫌疑で名古屋地方検察庁に告発した。〔名古屋税関HP

【香港人男性による覚せい剤密輸入事件を摘発−東京税関】
平成21年3月、成田国際空港において、香港から入国した香港人男性が、腰部及び股間部に隠した覚せい剤1,163.79gを摘発し、千葉県警と共同調査のうえ、同人を関税法違反嫌疑として千葉地方検察庁に告発した。〔東京税関HP

【トルコ来の大量覚せい剤密輸入事件を摘発−東京税関】
平成20年12月、羽田空港において、トルコから韓国を経由して帰国した日本人男性が、スーツケースに隠匿し密輸入しようとした覚せい剤921.2グラムを摘発し、警視庁と共同調査のうえ、平成21年3月までに同人並びに関係者2名を関税法違反嫌疑で東京地方検察庁に告発した。〔東京税関HP

【レソト王国来の覚せい剤・大麻草密輸入事犯を摘発−大阪税関】
平成21年3月、関西国際空港において、レソト王国・マセルから入国しようとしたレソト人女性が、石像内部に隠して密輸入しようとした覚せい剤988.76g、大麻草1,701.90gを摘発し、大阪府関西空港警察署と共同調査の上、同月に同人を関税法違反容疑で大阪地方検察庁に告発した。〔大阪税関HP

【台湾人旅客による覚せい剤の密輸入を摘発−名古屋税関】
平成21年2月、中部国際空港において、タイ王国から入国した台湾国籍の女性旅客が股間部下着内に隠して密輸しようとした覚せい剤196.3gを摘発し、愛知県警察と共同調査の上、翌3月に同人を関税法違反嫌疑で名古屋地方検察庁に告発した。〔名古屋税関HP

【タイ王国来の覚せい剤密輸入事犯を摘発−大阪税関】
平成21年2月、関西国際空港において、タイ・バンコクから帰国したオーストリア人女性が、携行チョコレート菓子に偽装して密輸入しようとした覚せい剤979.29gを摘発し、大阪府警とともに翌3月に同人を関税法及び関税法違反で大阪地方検察庁に告発した。〔大阪税関HP

【日本人男性による大麻樹脂密輸入事件を摘発−東京税関】
平成21年2月、成田国際空港において、インド・デリーから帰国した日本人男性が、ビニールラップ等で包み体内に飲み込んで密輸入しようとした大麻樹脂551.25gを摘発し、千葉県警とともに翌3月に同人を関税法及び大麻取締法違反で千葉地方検察庁に告発した。〔東京税関HP

【特定フロン密輸入事件を告発−横浜税関】
平成21年3月、横浜港において平成18年8月及び平成19年1月に韓国から商標権を侵害する特定フロン(ジクロロジフルオロメタン)を密輸入しようとした日本人5名を関税法違反で横浜地方検察庁に告発した。〔横浜税関HP

【別送品貨物を利用した麻薬密輸入事件を告発−横浜税関】
平成21年3月、同年2月にアメリカ合衆国から到着した別送品貨物(引越荷物)の中から麻薬含有錠剤(通称2C-I)5錠が発見された事件で、関東信越厚生局麻薬取締部横浜分室の協力を得て、同麻薬含有錠剤を密輸入しようとした外国人男性1名を関税法違反で横浜地方検察庁に告発した。〔横浜税関HP

【偽ブランド品の密輸入事件を告発−東京税関】
平成21年3月、埼玉県警と共同で、東京外郵出張所において平成20年7月から12月にかけて中国・広州から送られてきた国際スピード郵便の中から商標権を侵害するバッグ・財布等99点が発見された事件で、密輸入しようとした日本人4名を関税法違反でさいたま地方検察庁に告発した。〔東京税関HP

【盗難自動車不正輸出事件を告発−横浜税関】
平成21年3月、神奈川県警と共同で、平成20年3月にハリアー等の盗難車両を横浜港からロシアに不正に輸出しようとした日本人1名を、関税法違反(偽った証明をして貨物を輸出する罪)で横浜地方検察庁川崎支部に告発した。〔横浜税関HP

【南アフリカ共和国来大量大麻密輸入事犯を摘発−東京税関】
平成21年2月、成田国際空港において、南アフリカ・ヨハネスブルグから入国したレソト人女性が、スーツケースを二重工作して密輸入しようとした大麻3,956.7gを摘発し、翌3月に千葉県警と共同で同人を関税法及び大麻取締法違反で千葉地方検察庁に告発した。〔東京税関HP

【ロシア来の覚せい剤密輸入事犯を摘発−大阪税関】
平成21年2月、ロシア・ウラジオストク港から伏木富山港に入港した外国貿易船に乗船して入国したロシア人男性旅客が、スーツケースを二重工作して密輸入しようとした覚せい剤約3kgを摘発し、翌3月に富山県警と共同で同人を関税法及び覚せい剤取締法違反容疑で富山地方検察庁高岡支部に送致した。〔大阪税関HP

【マシニングセンター不正輸出事件を摘発−東京税関】
平成21年3月、警視庁公安部外事一課と共同で、平成18年9月に神戸港から中国にマシニングセンター10台を輸出するに際して、その精度を低く偽り輸出貿易管理令に該当しない貨物であると税関に虚偽の申告を行った日本人男性2名を逮捕した。〔東京税関HP

【台湾人男性による中華人民共和国からの覚せい剤密輸入事件を摘発−東京税関】
平成21年2月、成田国際空港において、中国・香港から入国した台湾人男性が、携行スーツケース内に入れた菓子容器に隠して密輸入しようとした覚せい剤437.62gを摘発し、千葉県警と共同で関税法及び覚せい剤取締法違反で千葉地方検察庁に告発した。〔東京税関HP

【メキシコ合衆国来大量覚せい剤密輸入事犯を摘発−東京税関】
平成20年12月から翌年1月にかけて、成田国際空港において、メキシコ・グアダラハラから入国したメキシコ国籍の男女7名が、シャンプー容器や洋酒瓶の中に水に溶かすなどの工作をして密輸入しようとした覚せい剤 合計約12kgを摘発し、それぞれ関税法並びに覚せい剤取締法違反で千葉地方検察庁に告発した。〔東京税関HP

【シンガポール人旅客による覚せい剤の密輸入を摘発−名古屋税関】
平成21年1月、中部国際空港において、中華人民共和国・香港から入国したシンガポール共和国国籍の男性旅客が、携行の黒色キャリーバッグ内に隠して密輸入しようとした覚せい剤1,475.41gを摘発し、翌2月、同人を愛知県警察との共同調査により関税法違反嫌疑で名古屋地方検察庁に告発した。〔名古屋税関HP

【タイ王国来大量大麻密輸入事犯を摘発−東京税関】
平成21年1月、成田国際空港において、タイ・バンコクから入国した韓国人男性がキャリー付バッグに隠して密輸入しようとした大麻樹脂4543.4gを摘発し、翌2月に同人を関税法違反で千葉地方検察庁に告発した。〔東京税関HP

【旅客による覚せい剤密輸入事犯を摘発−東京税関】
平成21年1月、成田国際空港において、マレーシア・クアラルンプールから入国したシンガポール人女性が、スーツケースを二重工作して隠していた覚せい剤985.75gを摘発し、翌2月に同人を関税法違反で千葉地方検察庁に告発した。〔東京税関HP

【中華人民共和国来覚せい剤密輸入事件を摘発−東京税関】
平成21年1月、東京外郵出張所において、平成20年12月に中国から送られてきた国際スピード郵便物の中(お茶袋に収納)から覚せい剤59.13gが発見された事件で、埼玉県警と協力して、密輸しようとした日本人男性を関税法違反でさいたま地方検察庁に告発した。〔東京税関HP

【台湾人旅客による覚せい剤密輸入事件を摘発−函館税関】
平成21年1月、新千歳空港において、香港から入国した台湾人男女2名が携行品内に隠匿していた覚せい剤合計1,903.6gを摘発し、翌2月に同人らを北海道警察との共同調査により札幌地方検察庁に告発した。〔函館税関HP

【オランダ人男性による大麻等密輸入事犯を摘発−東京税関】
平成21年1月、成田国際空港において、スイスから入国したオランダ国籍の男性旅客が、携行のスーツケースの取っ手下部分を工作して隠していた あへん743.21g、大麻樹脂287.98gを摘発した。〔東京税関HP

【スペイン人旅客による覚せい剤の密輸入を摘発−名古屋税関】
平成20年12月、中部国際空港において、南アフリカ共和国から入国したスペイン国籍の男性旅客が身辺に隠し持っていた覚せい剤986.184gを摘発し、翌1月、同人を愛知県警察との共同調査により関税法違反嫌疑で名古屋地方検察庁に告発した。 〔名古屋税関HP

【スーツケース二重底による覚せい剤密輸入事件を摘発−東京税関】
平成20年12月、成田国際空港において、カナダから入国したカナダ国籍の男性旅客2名が携行のスーツケースを二重工作して隠していた覚せい剤4,976.2gを摘発し、千葉県警とともに関税法並びに覚せい剤取締法違反で千葉地方検察庁に告発した。〔東京税関HP