全国の税関
  • 函館
  • 東京
  • 横浜
  • 名古屋
  • 大阪
  • 神戸
  • 門司
  • 長崎
  • 沖縄
現在位置:
ホーム > 新着情報〜お知らせ〜 > 各税関の事件発表(平成19年)

各税関の事件発表(平成19年)

【フィリピン来の覚せい剤密輸入事件を摘発−大阪税関】
平成19年12月、関西国際空港において、フィリピン共和国から到着した日本人が、身辺に隠し密輸入しようとした覚せい剤約80gを摘発した。〔大阪税関HP

【タイ王国来大麻樹脂密輸入事件−東京税関】
平成19年12月、成田国際空港において、タイ・バンコクから入国した日本人が、自己の体内に嚥下隠匿して密輸入しようとした大麻樹脂約297gを摘発した。〔東京税関HP

【タイ王国来大麻草等密輸入事件−東京税関】
平成19年11月、成田国際空港において、タイ・チェンマイから入国した日本人が、同人携行のソフトスーツケース内に隠匿して密輸入しようとした大麻草約52g、覚せい剤錠剤10錠及びヘロイン0.52gを摘発した。〔東京税関HP

【乾燥大麻所持事件で茨城県警と共同調査により被疑者を逮捕−東京税関】
平成19年11月、東京税関と茨城県警は、共同調査により、アメリカ人男性が自己居宅において乾燥大麻約11gを所持したとして現行犯逮捕した。〔東京税関HP

【ズボンポケット内に隠していた大麻樹脂を摘発−名古屋税関】
平成19年12月、中部国際空港において、フランス共和国から入国したフランス人がズボンポケット内に隠して密輸入しようとした大麻樹脂約10gを摘発した。〔名古屋税関HP

【南アフリカ来の大麻草密輸入事件を摘発−大阪税関】
平成19年11月、関西国際空港において、南アフリカから到着した国際航空貨物(コンプレッサー)内に隠された大麻草約8kgを摘発した。〔大阪税関HP

【大量わいせつディスク密輸入未遂事件−大阪税関】
平成19年12月、アメリカ合衆国から国際郵便を使用して大量のわいせつディスクを密輸入しようとした事件で、大阪水上警察署及び大阪府港警察署と共同調査を行い、嫌疑者2名を関税法違反嫌疑で告発した。〔大阪税関HP

【機械内部に隠されていた大量のMDMAを摘発−門司税関】
平成19年10月、オランダからスパイラルミキサー(らせん状攪拌機)の本体内部に隠して密輸しようとしたMDMA約14万7千錠を摘発した。〔門司税関HP

【体内に飲み込んで密輸しようとした大麻を摘発−門司税関】
平成19年12月、福岡空港において、中国から入国した日本人男性が、体内に飲み込んで密輸入しようとした大麻樹脂約10gを摘発し、同人を関税法違反嫌疑で告発した。〔門司税関HP

【イギリス人女性旅客による南アフリカからの大麻草密輸入事件を摘発−名古屋税関】
平成19年11月、中部空港において、南アフリカ共和国から入国したイギリス国籍の女性旅客が、携行スーツケース内に隠し持って密輸入しようとした大麻草12kgを摘発した。〔名古屋税関HP

【ドイツ来MDMA含有錠剤密輸事件−大阪税関】
平成19年7月、関西国際空港において、ドイツから入国した日本人男性が、携行のスーツケース内に隠匿して密輸入しようとしたMDMA含有錠剤約3万9千錠を摘発し、同人を同年8月、共犯者を同年10月に関税法違反容疑で告発した。〔大阪税関HP

【スーツケースを二重工作して隠していた覚せい剤を摘発−門司税関】
平成19年11月、福岡空港において、台湾・台北から入国した日本人男性が、スーツケースを二重工作して密輸しようとした覚せい剤約4kgを摘発した。また、12月、その後の調査により、同人及び共犯者の日本人女性を関税法違反嫌疑事件で告発した。〔門司税関HP

【国際郵便を利用したMDMA密輸入事件の摘発−横浜税関・東京税関】
平成19年11月、横浜税関仙台塩釜税関支署は、平成19年7月に成田国際空港郵便局(東京税関)において、オランダ王国から配送されたMDMAが発見された事件で、暴力団組員1名を関税法違反で告発した。

【わいせつDVD販売目的所持被疑者を検挙−東京税関】
平成19年11月、東京税関と神奈川県警の共同調査により、日本人男性が自宅において、わいせつDVD2枚を販売目的で所持したとして検挙した。〔東京税関HP

【盗難半鐘の不正輸出事件の告発−横浜税関】
平成19年11月、盗品である半鐘等を、平成18年12月に横浜税関本牧埠頭出張所長に対して不正に申告(品名等の虚偽申告)して輸出していた貿易会社を告発した。

【オランダ来大麻密輸入事件−東京税関】
平成19年10月、成田国際空港において、オランダから入国した日本人男性が、ビニール袋に収納した菓子缶内に隠して密輸しようとした大麻草23.31g及び大麻樹脂12.09gを摘発した。〔東京税関HP

【カナダ来不正薬物密輸入事件の仕出人を告発−東京税関】
平成13年に覚せい剤、同15年にコカイン、同17年に覚せい剤・MDMA含有錠剤を日本に密輸しようとした仕出人のカナダ人男性を告発した。〔東京税関HP

【インド来大麻樹脂密輸事件−東京税関】
平成19年10月、成田国際空港において、インド・デリーから入国した日本人男性が、カメラ用三脚の脚部分及び体内に飲み込んで密輸しようとした大麻樹脂496.05gを摘発した。〔東京税関HP

【大量の覚せい剤原料を通過手荷物内隠匿事犯を摘発−東京税関】
平成19年10月、成田国際空港において、メキシコ人3名が香港から成田国際空港を経由してメキシコへ行くにあたって、通貨手荷物として機内預託していたスーツケースの中(プラスチックボトルに隠匿)から覚せい剤原料約160kgを摘発した。〔東京税関HP

【国際宅配貨物を利用したMDMA含有錠剤密輸入事件を告発−大阪税関】
平成19年10月、関西空港税関支署において、同年9月にベルギーから到着した国際宅配貨物(ハイドロポンプの中)からMDMA含有錠剤が発見された事件で、密輸した日本人男性を告発した。〔大阪税関HP

【輸入豚肉に係る大口関税ほ脱事件の告発について−大阪税関】
平成19年10月、平成18年1月から同年11月にかけてカナダ産冷凍豚肉を輸入するに当たり、その価格を偽って輸入申告を行い、関税額合計約14億円を免れていた食肉卸売会社の輸入者らを告発した。

【輸入豚肉に係る大口関税ほ脱事件の告発について−大阪税関】
平成19年10月、平成18年1月から同年11月にかけてカナダ産冷凍豚肉を輸入するに当たり、その価格を偽って輸入申告を行い、関税額合計約14億円を免れていた食肉卸売会社の輸入者らを告発した。

【米国人による大麻密輸入事件を摘発−名古屋税関】
平成19年9月、中部国際空港において、アメリカ合衆国・ハワイから入国した米国人が身辺に隠し持って密輸入しようとした大麻草4.348gを摘発した。〔名古屋税関HP

【偽造クレジットカードの大量密輸入事件を告発−横浜税関】
平成19年9月、日立港において、同年8月に外国籍船舶乗組員が偽造クレジットカード5,000枚余りを密輸した事件で、同船乗組員6名を告発した。

【盗難自動車の不正輸出事件を告発−横浜税関】
平成19年9月、過去に正規に輸出された中古自動車の車体番号を利用して輸出届出証明書を不正に入手し、平成18年1月に行った輸出申告の際、税関に対し偽った証明をして盗難品と思われる中古自動車を輸出した3名を告発した。〔横浜税関HP

【郵便物を利用したフィリピン来覚せい剤密輸事件を告発−東京税関】
平成19年8月、東京外郵出張所において、フィリピンから配送された国際スピード郵便物に隠匿された覚せい剤約0.76gを税関検査で発見された事件で、フィリピン人1名を告発した。〔東京税関HP

【郵便物を利用したMDMA等密輸事件を告発−横浜税関・東京税関】
平成19年8月、東京外郵出張所(東京税関)において、同年7月にフィリピンから配送された国際スピード郵便物からMDMA等が発見された事件で、日本在住のフィリピン人1名を告発した。〔横浜税関HP

【郵便物を利用した商標権侵害物品密輸事件を告発−名古屋税関】
平成19年8月、国際スピード郵便を利用し、平成18年9月に中国から商標権侵害バッグ等11点を密輸した日本人1名を告発した。

【郵便物を利用した大麻密輸事件を告発―名古屋税関】
平成19年8月、東京外郵出張所において、アメリカ合衆国から配送された国際スピード郵便物から大麻草約21gが発見された事件で、日本在住のアメリカ人1名を告発した。

【郵便物を利用した錠剤型覚せい剤(ヤーバ)密輸事件を告発−名古屋税関】
平成19年8月、中部外郵出張所において、同年7月にタイから配送された国際スピード郵便物から錠剤型覚せい剤(ヤーバ)2錠が発見された事件で、日本在住のタイ人1名を告発した。

【郵便物を利用したオランダ来大麻草密輸事件を告発−東京税関】
平成19年8月、東京外郵出張所において、同年3月にオランダから配送された国際スピード郵便物から大麻約1kgが発見された事件で、海外に逃亡していた日本在住の韓国人1名を告発した。〔東京税関HP

【郵便物を利用したコカイン密輸事件を告発−東京税関】
平成19年8月、東京外郵出張所において、6月にペルーから配送された郵便物(2個)の中からコカイン約0.8kgが発見された事件で、日本在住のタンザニア人2名を告発した。

【台湾人4人よる覚せい剤を摘発−東京税関】
平成19年8月、成田国際空港において、中国・香港から入国した台湾人2名が、着用しているガードルに隠し、密輸しようとした覚せい剤約2kgを摘発し、その3日後にも別の台湾人2名が同様の手口で密輸しようとした覚せい剤約2kgを摘発した。

【製材を刳り抜いて隠されていた大量の覚せい剤等を摘発−大阪税関】
平成19年8月、大阪港において、同年7月にカナダから到着した海上コンテナの製材の中から、覚せい剤約155kg、大麻約280kg、MDMA様錠剤約68万8千錠、総重量約641kgを摘発した。〔大阪税関HP

【着用中の靴下等に隠していた生きたサルを摘発−東京税関】
平成19年7月、成田国際空港において、タイ・バンコクから入国した日本人が、着用している靴下や、衣類に隠して密輸しようとしたワシントン条約に該当する生きたサル(マーモセット属)3頭を摘発した。〔東京税関HP

【身辺に隠していたMDMAを摘発−名古屋税関】
平成19年7月、中部国際空港において、フランス・パリから入国したオランダ人が、着用しているスパッツに隠して密輸しようとしたMDMA約1万1千錠を摘発した。

【飲み込んでいた大麻を摘発−東京税関】
平成19年7月、成田国際空港において、オランダ・アムステルダムから入国したオランダ人が、身辺及び体内に飲み込んで密輸しようとした大麻約1.9kgを摘発した。〔東京税関HP

【両足に巻き付けて隠していたケタミンを摘発−東京税関】
平成19年7月、成田国際空港において、台湾・台北から入国した台湾人2名が、両足に巻き付けて密輸しようとしたケタミン約3kgを摘発した。〔東京税関HP

【身辺に隠していたMDMA等を摘発−東京税関】
平成19年7月、成田国際空港において、オランダ・アムステルダムから入国したオランダ人が、着用しているスパッツや靴の底に隠し、さらには飲み込んで密輸しようとしたMDMA約9千9百錠、大麻約2kgを摘発した。〔東京税関HP

【郵便物を利用したコカ葉等を摘発−東京税関】
平成19年6月、東京外郵出張所において、同月にペルーから配送された郵便物の中からコカ葉等約1.8kgを摘発した。〔東京税関HP

【身辺に隠していたMDMA等を摘発−大阪税関】
平成19年6月、関西国際空港において、オランダ・アムステルダムから入国したイギリス人が、着用しているスパッツや靴の底に隠して密輸しようとしたMDMA約1万5千錠、大麻約1.5kgを摘発した。

【けん銃密輸事件を告発−横浜税関】
平成19年6月、けん銃1丁、けん銃部品1個、実包100発を、同年4月にフランスから帰国した際にスーツケースに隠して密輸した日本人1名を告発した。〔横浜税関HP

【北朝鮮産ステンレス製品不正輸入事件を告発−神戸税関】
平成19年6月、平成18年12月から3月までの間、合計4回にわたり、北朝鮮の会社とステンレス製品の製造・研磨加工等に関する取引を行うに際し、原産地を中国と偽って輸入申告を行うなど、その仕出し・仕向けを偽って輸出入申告を行った石川県の製造会社等を告発した。〔神戸税関HP

【北朝鮮産アサリ不正輸入事件を告発−門司税関】
平成19年6月、同年2月から3月にかけて、北朝鮮産のアサリを中国産と偽って輸入申告を行い、約120トンを不正に輸入していた山口県の水産会社等を告発した。〔門司税関HP

【靴底に隠していた覚せい剤を摘発−門司税関】
平成19年4月、福岡空港において、上海から帰国した日本人2名が、着用している靴の底に隠して密輸しようとした覚せい剤0.5kgを摘発した。また、翌5月にも、上海から帰国した日本人2名が同様に密輸しようとした覚せい剤0.5kgを摘発した。〔門司税関HP

【郵便物を利用した大麻密クッキー輸事件を告発−横浜税関】
平成19年6月、川崎外郵出張所において、同年3月にタイから配送された国際郵便物から大麻クッキー約2,7kgが発見された事件で、日本在住のハンガリー人1名を告発した。〔横浜税関HP

【商標権侵害物品(偽圧電式ガス点火具)の密輸事件を告発−神戸税関】
平成19年5月、大阪港において、中国から到着した海上貨物の中から商標権を侵害する圧電式ガス点火具9,120点が発見された事件で、密輸しようとした輸入者らを告発した。〔神戸税関HP

【偽ブランドバッグ等の密輸事件を告発−門司税関】
平成19年5月、伊万里港において、中国から到着した海上コンテナから商標権を侵害する偽ブランドバッグ等72,679点が発見された事件で、密輸しようとした日本人3名を告発した。〔門司税関HP

【偽ブランドバッグ等の密輸事件を告発−大阪税関】
平成19年5月、下津港において、平成18年1月に中国から到着した海上コンテナから商標権を侵害する偽ブランドバッグ等29,007点が発見された事件で、密輸しようとした日本人2名を告発した。〔大阪税関HP

【偽ブランド腕時計の密輸事件を摘発−横浜税関】
平成19年5月、川崎外郵出張所において、平成18年12月に中国から配送された国際郵便物の中から商標権を侵害する偽ブランド腕時計70点が発見された事件で、中国人留学生1名を告発した。〔横浜税関HP

【うなぎの稚魚密輸出を摘発−沖縄地区税関】
平成19年4月、石垣漁港において、輸出が規制されているうなぎの稚魚約134kgを台湾に漁船で運搬し、密輸出しようとした日本人8人、台湾人2名を告発した。〔沖縄地区税関HP

【偽ブランドバッグ等の密輸事件を告発−大阪税関】
平成19年4月、大阪港において、平成18年12月に中国から到着した海上コンテナから商標権を侵害する偽ブランドバッグ等2,336点が発見された事件で、密輸しようとした日本人3名、韓国人1名を告発した(同人らは平成18年9月にも商標権を侵害する財布等2,977点を密輸していた。)。〔大阪税関HP

【スーツケースを二重工作して隠していたアヘンを摘発−東京税関】
平成19年4月、成田国際空港において、トルコ・イスタンブールから入国したトルコ人が、スーツケースを二重工作して密輸しようとしたアヘン約7kgを摘発した。〔東京税関HP

【スーツケースを二重工作して隠していたMDMAを摘発−大阪税関】
平成19年3月、関西国際空港において、オランダからベルギー、イタリアを経由して入国したドイツ人が、スーツケースを二重工作して密輸しようとしたMDMA等含有錠剤約1万5千錠を摘発した。〔大阪税関HP

【熊胆を密輸していた暴力団組長らを告発−名古屋税関・横浜税関】
平成19年3月、新潟空港、石巻港及び福井港において、平成17年7月から11月までの間、輸入が規制されている熊胆など約3kgを、ロシアから到着した船の船員から受け取って密輸するなどしていた長野県の暴力団組長ら日本人4名を告発した。また、その後の調査により、同年5月、共謀していたロシア人船員1名を告発した。〔名古屋税関HP

【郵便物を利用した大麻密輸事件を告発−門司税関】
平成19年3月、大阪外郵出張所(大阪税関)において、同年2月にアメリカから配送された国際郵便物の中からコーヒー粉末とともに隠されていた大麻約55gが発見された事件で、宮崎市在住のアメリカ人1名を告発した。

【手荷物に隠していた大麻を摘発−函館税関】
平成19年2月、青森空港において、韓国・仁川から入国した韓国人が、リュックサック内のプラスチックケースに隠して密輸しようとした大麻約8gを摘発した。〔函館税関HP

【無人ヘリコプターの不正輸出事件を告発−名古屋税関】
平成19年3月、経済産業省の輸出許可は必要のないものであると偽り、平成17年12月に輸出が規制されている無人ヘリコプター1機を香港に不正に輸出していた製造会社等を告発した。

【コンテナ奥に隠されていた象牙密輸事件を告発−大阪税関】
平成19年3月、大阪港において、平成18年8月にマレーシアから到着した海上コンテナ奥に隠されていた象牙608本(2,409kg)及び象牙印材約17,928本(385?s)を発見し、密輸しようとした日本人2名を告発した。〔大阪税関HP

【盗難自動車の不正輸出事件を告発−横浜税関】
平成19年2月、平成17年9月から平成18年2月までの間、偽った輸出届出証明書を提出して、盗難自動車13台を横浜港からロシアに不正に輸出していた輸出者を告発した。

【郵便物を利用した大麻密輸事件を告発−名古屋税関】
平成19年2月、中部外郵出張所において、同年1月にカナダから配送された国際郵便物の中からろうそくの中に隠されていた大麻約55gが発見された事件で、日本人1名を告発した。〔名古屋税関HP

【郵便物を利用した麻薬含有錠剤密輸事件を告発−函館税関】
平成19年2月、東京外郵出張所(東京税関)において、平成18年12月にフィリピンから配送された国際郵便物の中から麻薬含有錠剤230錠が発見された事件で、既に密輸した200錠を併せ、アメリカ人1名を告発した。

【郵便物を利用したけん銃密輸事件を告発−神戸税関】
平成19年2月、神戸外郵出張所において、1月にイギリスから配送された国際郵便物の中からけん銃1丁が発見された事件で、日本在住のロシア人1名を告発した。〔神戸税関HP

【盗難自動車不正出事件を告発−横浜税関】
平成19年2月、平成18年8月に偽った輸出予定届出証明書を提出して、盗難自動車1台を横浜港から韓国に不正に輸出しようとした日本人1名を告発した。

【豚肉の関税ほ脱事件を告発−横浜税関】
平成19年2月、海外から食肉を輸入して卸売を行っている業者が、平成16年1月から平成17年2月までの間、豚肉を輸入するに当たって、その価格を偽り、関税合計約60億円弱を免れていた輸入者らを告発した。

【大量覚せい剤密輸入事件を告発−横浜税関】
平成19年2月、横浜港において、平成18年11月に中国から到着した海上コンテナ内の塩蔵わらびを詰めたプラスチックボトルの中から覚せい剤約14kgが発見された事件で、日本人1名を告発した。

【郵便物を利用したマジックマッシュルーム密輸事件を告発−沖縄地区税関】
平成19年1月、那覇外郵出張所において、同月にオランダから配送された国際郵便物内からマジックマッシュルーム約51gが発見された事件で、アメリカ人1名を告発した。〔沖縄地区税関HP

【体に巻いた覚せい剤を摘発−東京税関】
平成18年12月、成田国際空港において、台湾から入国した台湾人が、胴体部に巻き付けて密輸しようとした覚せい剤約2kgを摘発した。〔東京税関HP

【著作権・商標権侵害バック等の密輸事件を告発−横浜税関】
平成19年1月、川崎外郵出張所において、平成18年6月に中国から配送された国際郵便物の中から著作権・商標権を侵害するプラスチックバッグ等(映画のキャラクターを付したもの)1,094点が発見された事件で、衣料品雑貨類の輸入製造販売等を行っている輸入者らを告発した。

【郵便物を利用した大麻密輸事件を告発−門司税関】
平成19年1月、大阪外郵出張所(大阪税関)において平成18年11月に香港から配送された国際郵便物の中から大麻樹脂約1.97gが発見された事件で、北九州市在住の日本人1名を告発した。

【カナダからの覚せい剤を摘発−大阪税関】
平成18年12月、関西国際空港において、カナダ・バンクーバーから入国したカナダ人3名が、スーツケースに隠して密輸しようとした覚せい剤約9kgを摘発した。また、同じ便に搭乗していたカナダ人2名を関連者として特定し、ホテルに滞在しているところを職務質問し、覚せい剤約6kgを摘発した。〔大阪税関HP

【バスタオルに染み込ませた覚せい剤を摘発−門司税関】
平成18年12月、福岡空港において、中国・広州から帰国した日本人が、バスタオルに染み込ませ密輸しようとした覚せい剤約3kgを摘発した。また、その後の調査により、平成19年3月、共犯者の日本人2名を告発した。

【豚肉の関税ほ脱事件を告発−東京税関】
平成18年12月、海外から食肉を輸入して卸売を行っている業者が、平成14年7月から平成16年9月までの間、豚肉を輸入するに当たって、その価格を偽り、関税合計約104億円強を免れていたとして輸入者らを告発した。〔東京税関HP