全国の税関
  • 函館
  • 東京
  • 横浜
  • 名古屋
  • 大阪
  • 神戸
  • 門司
  • 長崎
  • 沖縄
現在位置:
ホーム > 神戸税関 > 神戸税関の動き(平成28年)

神戸税関の動き(平成28年)

 神戸税関は、秩序ある貿易の維持と発展、社会の安全・安心を守るため地域と共に考え、共に歩む税関行政を推進しています。神戸税関の取組みをご紹介します。


 

  • 12月6日(火) 神戸税関職員は神戸大学経済学部において講義を行いました

     神戸税関職員は、神戸大学経済学部において、『税関行政3』と題した8回目の講義を行いました。  

  • 12月6日(火) 神戸税関水島税関支署は倉敷市立真備中学校で出前授業を実施しました

     神戸税関水島税関支署は、倉敷市立真備中学校において、全校生徒265名を対象に『税関の仕事と薬物乱用の恐ろしさ』をテーマとした出前授業を行いました。  

  • 12月5日(月) 三木財務大臣政務官が神戸税関及び神戸税関小松島税関支署を視察しました

     12月5日(月)三木財務大臣政務官が、「年末特別警戒」期間(12月1日から16日)中の神戸税関及び神戸税関小松島税関支署を視察し、水際取締りにあたる税関職員を激励しました。  

  • 12月2日(金) 神戸税関福山税関支署は福山市立手城小学校で「出前授業」を実施しました

     神戸税関福山税関支署は、福山市立手城小学校5年生103 名に対し「私たちの福山港」と題した出前授業を実施し、税関の仕事、福山港の輸出入貨物、貿易船の入港隻数、不正薬物の怖さについて講義しました。  

  • 12月1日(木) 神戸税関は年末特別警戒を実施します

     神戸税関は、12月1日から16日までの間、「年末特別警戒」を実施します。年末特別警戒は、年末に密輸事犯の増加が懸念されることから、不正薬物等社会悪物品やテロ関連物資等の水際取締りを強化するもので、初日となる1日に出陣式と税関長による現場視察を行いました。 

  • 12月1日(木) 神戸税関今治税関支署は街頭キャンペーンを行いました

     神戸税関今治税関支署は、JR今治駅前において、年末特別警戒に係る取組みの一環として、街頭キャンペーンを実施し、リーフレットやポケットティッシュを配布し情報提供を呼びかけました。

  • 11月30日(水) 神戸税関広島税関支署は密輸出入取締対策広島地区協議会を開催しました

     神戸税関広島税関支署は、密輸出入取締対策広島地区協議会を開催しました。同協議会には、広島地方検察庁、広島県警察、第六管区海上保安本部、中国四国厚生局麻薬取締部等8機関43名が出席し、近年ますます組織化・悪質巧妙化している覚醒剤・拳銃等の密輸入に対する取締りについて、相互に意見交換を行い、今後の具体的方策について協議しました。

  • 11月29日(火) 境税関支署は密輸出入取締対策鳥取地区協議会を開催しました

     神戸税関境税関支署は、密輸出入取締対策鳥取地区協議会を開催しました。同協議会には、鳥取地方検察庁、鳥取県警察、海上保安部等の長・実務責任者ら約20名が出席し、近年ますます組織化・悪質巧妙化している覚醒剤・拳銃等の密輸入に対する取締りについて、相互に意見交換を行い、今後の具体的方策について協議しました。 

  • 11月29日(火) 神戸税関姫路税関支署東播磨出張所は東播磨港テロ対策合同訓練に参加しました

     神戸税関姫路税関支署東播磨出張所は、東播磨港新島公共埠頭及び付近海上で実施されたテロ対策合同訓練(18機関約117名)に参加しました。海上保安部、警察等港湾危機管理に従事する関係機関が、テロ対策にかかる各機関の対応を確認するとともに、実働における連携を検証することを通じて、東播磨港の危機管理能力の向上を図りました。 

  • 11月28日(月) 神戸税関浜田税関支署はHS2017改正に係る業務説明会を実施しました

     神戸税関浜田税関支署は、浜田港湾合同庁舎において業務部関税鑑査官を講師に招き、「HS2017改正に係る業務説明会」を実施しました。説明会には、税関職員を含む関連4団体11名が参加しました。

  • 11月27日(日) 神戸税関は「神戸税関庁舎特別公開オープンカスタムス2016」を開催しました

     神戸税関は、本関庁舎において市民の皆様に税関をより身近に感じていただくための税関記念日関連行事として、「神戸税関庁舎特別公開オープンカスタムス2016」を開催しました。今年は18回目の開催となり、ホールコンサート、麻薬探知犬によるデモンストレーション、スタンプラリー、輪投げなどの催しを行い、約1,700人が訪れ、神戸税関をPRすることができました。 

  • 11月27日(日) 神戸税関姫路税関支署東播磨出張所は街頭キャンペーンを行いました

     神戸税関姫路税関支署東播磨出張所は、加古川市内で開催された薬物乱用防止対策街頭キャンペーンにカスタムちゃんとともに参加しました。キャンペーンではポケットテッシュ等を配布し、他機関とともに多くの市民に危険ドラッグ等の麻薬撲滅を呼び掛けました。

  • 11月24日(木) 神戸税関呉税関支署は呉港保安対策総合訓練に参加しました

     神戸税関呉税関支署は、呉港川原石南ふ頭及び前面海域で実施された呉港保安対策総合訓練に参加し、国際港湾である呉港において港湾危機管理に従事する関係機関(7機関)が保安対策について確認するとともに、実働における連携、対応状況を検証することを通じて、事案対処能力の向上を図りました。

  • 11月24日(木) 神戸税関業務部職員及び水島税関支署職員は税関業務説明会(水島会場)において講義を行いました

     神戸税関業務部職員及び水島税関支署職員は、関税協会水島協議会が主催の税関業務説明会において原産地規則及び保税業務(初級編・中級編)に講師として参加し、研修生97名に対して、原産地規則では、GSP及びEPAの原産地規則等についての説明、保税業務の初級編では、保税制度について講義を行い、中級編では保税業務の非違・事故の具体的な事例と留意点の説明や、テロに関連した不審貨物に対する情報提供依頼を行いました。

  • 11月22日(火) 神戸税関水島税関支署と宇野税関支署は密輸出入取締対策岡山地区協議会を開催しました

     神戸税関水島税関支署と宇野税関支署は、密輸出入取締対策岡山地区協議会を開催しました。同協議会には、岡山地方検察庁、岡山県警察、水島海上保安部、玉野海上保安部、岡山県保健福祉部等、8機関54名が出席し、各取締機関における水際取締、薬物・銃器等の情勢について意見交換を行いました。

  • 11月22日(火) 神戸税関広島税関支署は広島港テロ対策合同訓練に参加しました

     神戸税関広島税関支署は、広島港外貿埠頭及びその周辺海域で実施されたテロ対策合同訓練(8機関112名)に参加しました。広島港における不測のテロ事案に対して、各関係機関との連携・協力を再確認し、水際におけるテロ対策をより一層推進するとともに事案対応能力の向上を図りました。

  • 11月22日(火) 神戸税関坂出税関支署高松出張所は保管物件(賜金国庫債券)を返還しました

     神戸税関坂出税関高松出張所は、戦時中に朝鮮の在外公館等に預けられ横浜税関にて保管されていた賜金国庫債券を高松市在住の男性に返還しました。今回の返還は、男性が高松市の広報誌に掲載されていた保管物件返還の記事を見られ、税関に問い合わせされたことで実現したものです。

  • 11月21日(月) 神戸税関高知税関支署及び同支署須崎出張所は須崎港・高知港合同テロ対策訓練に参加しました

     神戸税関高知税関支署及び同支署須崎出張所は、須崎港岸壁で実施されたテロ対策訓練に参加し、関係機関の連携や情報共有の重要性について再確認しました。

  • 11月21日(月) 神戸税関坂出税関支署は神戸税関密輸出入取締対策香川地区協議会を開催しました

     神戸税関坂出税関は、神戸税関密輸出入取締対策香川地区協議会を開催しました。近年ますます組織化・悪質巧妙化している覚醒剤・拳銃等の密輸入に対する取締りについて、相互に意見交換を行い、今後の具体的方策について協議しました。

  • 11月21日(月) 神戸税関浜田税関支署は税関業務説明会(関税評価制度)を実施しました

     神戸税関浜田税関支署は、浜田港湾合同庁舎において、業務部関税評価官を講師に招き、「税関業務説明会(関税評価制度)」を実施しました。説明会には、税関職員を含む関連5団体13名が参加しました。

  • 11月21日(月) 神戸税関は税関協力員連絡会議を開催しました

     神戸税関は、神戸港における税関協力員の出席を得て、税関協力員連絡会議を開催しました。

  • 11月21日(月) 神戸税関は平成28年10月分の貿易統計(速報)を発表しました

      神戸税関は、定例記者発表において、神戸港及び神戸税関管内における平成28年10月分の貿易統計(速報)を発表しました。10月分の神戸港の輸出は、有機化合物、科学光学機器等が減少し、4,098億円(対前年同月比15.4%減)、輸入は、衣類及び同付属品、有機化合物等が減少し、2,208億円(同19.7%減)となり、差引は1,890億円の輸出超過となりました。 【報道発表資料】

  • 11月18日(金) 神戸税関姫路税関支署は税関業務説明会を開催しました

     神戸税関姫路税関支署は、「税関業務説明会」を開催しました。説明会では、「保税地域の非違概要について」、「輸出入申告の誤謬に係る内容について」、「原産地規則について」と題し、各業務の内容について説明しました。

  • 11月17日(木) 神戸税関高知税関支署は宿毛市立橋上小学校で出前授業を実施しました

     神戸税関高知税関支署は、宿毛市立橋上小学校で、小学生11名、中学生7名を対象とした出前授業を行い、税関の仕事と薬物の恐ろしさについて説明しました。  

  • 11月16日(水) 神戸税関は吉良川小学校の生徒を受け入れました

     神戸税関は、高知県室戸市立吉良川小学校の生徒8名を受入れ、税関の仕事や役割について説明するとともに、不正薬物の恐ろしさを訴えました。

  • 11月16日(水) 神戸税関は商標権侵害物品密輸入事件について告発しました

     神戸税関は、中華人民共和国香港特別行政区から航空書留郵便物を利用した商標権侵害物品密輸入事件について、関税法違反で神戸地方検察庁に告発しました。

  • 11月15日(火) 神戸税関は講演会を開催しました

     神戸税関は神戸経済同友会国際委員会の会員に対して、「貿易の円滑化」と題して、保税地域の活用、EPAの利用について講演しました。

  • 11月15日(火) 神戸税関は「HS2017改正説明会」を開催いたしました

     神戸税関は高知税関支署において、神戸税関職員を講師としたHS2017改正説明会を開催し、通関業者、輸出入者等4社5名の方々に参加いただきました。

  • 11月15日(火) 神戸税関小松島税関支署は平成28年度神戸税関密輸出入取締対策徳島地区協議会を開催しました

     神戸税関小松島税関支署は、密輸出入取締対策徳島地区協議会を開催しました。同協議会には、徳島地方検察庁、徳島県警察、海上保安部、麻薬取締部等6機関24名が出席し、近年ますます組織化・悪質巧妙化している覚醒剤・拳銃等の密輸入に対する取締りについて、相互に意見交換を行い、今後の具体的方策について協議しました。

  • 11月15日(火) 神戸税関姫路税関支署は菅野中学校で出前授業を実施しました

     神戸税関姫路税関支署は、姫路市立菅野中学校において、全校生徒約240名を対象に『税関の仕事と薬物の乱用防止』をテーマとした出前授業を行いました。

  • 11月15日(火) 神戸税関姫路税関支署東播磨出張所は「平成28年度東播磨地区保税部会秋季研修会」において講演を行いました

     神戸税関姫路税関支署東播磨出張所は、「平成28年度東播磨地区保税部会秋季研修会」において、日本関税協会姫路支部東播磨地区保税部会の会員19社、44名に対し、最近の保税業務における非違の状況及び非違を防ぐための方策等についての説明や不審貨物等に対する情報提供依頼を行いました。

  • 11月15日(火) 神戸税関職員は神戸大学経済学部において講義を行いました

     神戸税関職員は、神戸大学経済学部において、『税関行政2』と題した7回目の講義を行いました。

  • 11月11日(金) 神戸税関は第69回密輸出入取締対策兵庫地区協議会を開催しました

     神戸税関は、密輸出入取締対策兵庫地区協議会を開催しました。同協議会には、神戸地方検察庁、兵庫県警察、海上保安部、麻薬取締部等8機関約50名が出席し、近年ますます組織化・悪質巧妙化している覚醒剤・拳銃等の密輸入に対する取締りについて、相互に意見交換を行い、今後の具体的方策について協議しました。同協議会は、今後各地区(徳島、香川、岡山、鳥取、広島)でも順次開催する予定です。

  • 11月11日(金) 神戸税関新居浜税関支署は関税評価説明会を開催しました

     神戸税関新居浜税関支署は、関税評価説明会を開催し、輸出入者や通関業者に対し、関税評価の法的根拠や運送関連費用等の各種費用の加算について説明しました。

  • 11月10日(木) 神戸税関姫路税関支署及び同支署相生出張所は相生港テロ対策合同訓練に参加しました

     神戸税関姫路税関支署及び同支署相生出張所は、相生市公共岸壁(野瀬埠頭)及び相生港周辺海域で実施されたテロ対策合同訓練(14機関100名)に参加し、港湾危機管理に従事する各関係機関がテロ対策や被害管理について確認するとともに、実動における連携を検証することを通じて、相生港の危機管理体制の強化を図りました。

  • 11月9日(水) 神戸税関は「HS2017改正説明会」を開催いたしました

     神戸税関は、神戸税関広島税関支署において、神戸税関職員を講師としたHS2017改正説明会を開催し、通関業者、輸出入者等22社30名の方々に参加いただきました。

  • 11月9日(水) 神戸税関小松島税関支署はテロ対策合同訓練に参加しました

     神戸税関小松島税関支署は、徳島小松島港マリンピア沖洲埠頭及び前面海域で実施されたテロ対策合同訓練(8機関、約100名)に参加しました。海上保安部、警察等港湾危機管理に従事する関係機関が連携して水際対策訓練を実施し、テロ対策や被害管理について確認するとともに実動における連携を検証することを通じて、徳島小松島港及び橘港の危機管理能力の向上を図りました。

  • 11月8日(火) 神戸税関は「HS2017改正説明会」を開催いたしました

     神戸税関は新居浜商工会議所において、神戸税関職員を講師としたHS2017改正説明会を開催し、通関業者、輸出入者等16社22名の方々に参加いただきました。

  • 11月8日(火) 神戸税関は「輸入者のためのセミナー(関税評価・実践編)」を開催いたしました

     神戸税関は、神戸税関本関において、神戸税関職員を講師とした輸入者のためのセミナーを開催し、輸出入者および通関業者等49社62名の方々に参加いただきました。

  • 11月8日(火) 神戸税関職員は神戸大学経済学部において講義を行いました

     神戸税関職員は、神戸大学経済学部において、『税関行政1』と題した6回目の講義を行いました。

  • 11月8日(火) 神戸税関は「トライやる・ウィーク」参加中学生を受入れました

     神戸税関は、11月7日と8日の2日間、兵庫県教育委員会が中学生を対象に行っている職業体験活動週間「トライやる・ウィーク」で中学生13名を受入れました。生徒達は、ポートターミナル見学、海上巡回、分析業務、倉庫内に保管されている貨物の確認、貨物の模擬検査、麻薬探知犬の訓練業務補助を体験しました。

  • 11月7日(月) 神戸税関松山税関支署は平成28年度薬物乱用防止中予地区大会で講演を行いました

      神戸税関松山税関支署は、松山市内で開催された平成28年度薬物乱用防止中予地区大会において、「税関における不正薬物等の取締り状況」と題して、不正薬物等の取締りや過去の摘発事例について講演を行いました。

  • 11月7日(月) 神戸税関は「HS2017改正説明会」を開催いたしました

     神戸税関は、神戸税関松山税関支署において、神戸税関職員を講師としたHS2017改正説明会を開催し、通関業者、輸出入者等10社13名の方々に参加いただきました。

  • 11月7日(月) 神戸税関は「HS2017改正説明会」を開催いたしました

     神戸税関は、高松サンポートにおいて、神戸税関職員を講師としたHS2017改正説明会を開催し、通関業者、輸出入者等8社12名の方々に参加いただきました。

  • 11月6日(日) 神戸税関福山税関支署は「ふくやま港まつり2016」に参加しました

     神戸税関福山税関支署は「ふくやま港まつり2016(11月5日〜6日)」に参加しました。今年は福山港開港50周年記念及び福山市市制施行100周年の記念行事として実施され、税関の展示ブースでは、パネルや知的財産権侵害物品、保管紙幣などを展示し、税関の業務説明を行ったほか、カスタム君スタンプやPR入りのカスタム君折り紙のコーナーを設けると共に、チラシ等を配布して、不正薬物や拳銃などの密輸防止や情報提供の協力を呼び掛けました。また6日(日)は、麻薬探知犬広島管理センター協力のもと、「麻薬探知犬デモンストレーション」を実施しました。

  • 11月4日(金) 神戸税関は大阪産業大学の学生を受け入れました

     神戸税関は、大阪産業大学の学生19名を受入れ、税関の仕事や役割について説明するとともに、不正薬物の恐ろしさを訴えました。

  • 11月2日(水) 神戸税関は「HS2017改正説明会」を開催いたしました

     神戸税関小松島税関支署において、関税局職員および神戸税関職員を講師としたHS2017改正説明会を開催し、通関業者、輸出入者等4社12名の方々に参加いただきました。

  • 11月2日(水) 神戸税関水島税関支署は水島港テロ対策合同訓練に参加しました

     神戸税関水島税関支署は、水島港西公共埠頭及びその沖合海域で実施された水島港保安委員会メンバー計8機関によるテロ対策合同訓練に参加し、関係機関の連携強化と事案対処能力の向上を図りました。

  • 11月1日(火) 財務省関税局職員は神戸大学経済学部において講義を行いました

     財務省関税局職員は、神戸大学経済学部において、『関税をめぐる国際的な動向U(FTA、EPA)』と題した5回目の講義を行いました。

  • 10月31日(月) 神戸税関今治税関支署はテロ対策合同訓練に参加しました

     神戸税関今治税関支署は、今治港富田埠頭で実施された今治港テロ対策合同訓練に参加しました。今治海上保安部、今治警察署等の港湾危機管理に従事する関係機関が連携して水際対策訓練を実施し、テロ発生時における対応及び連携を再確認することで今治港の危機管理能力の向上を図りました。

  • 10月30日(日) 神戸税関宇野税関支署は薬物及び銃器等取締キャンペーンを実施しました

     神戸税関宇野関支署は、宇野港で開催されたイベント「UNOICHI(うのいち)」において関係機関(玉野警察署、玉野海上保安部)と共同で、地元女子中学生及び高校生と計15名によるキャンペーンを実施し、不正薬物・銃器及びテロ関連物資の密輸防止や情報提供等の協力を呼びかけました。  

  • 10月29日(土) 神戸税関坂出税関支署高松出張所は「高松空港まつり2016」に参加しました

     神戸税関坂出税関支署高松出張所は、10月29日、高松空港で開催された「高松空港まつり2016」に参加しました。旅具検査場に一般の方を案内するイベントを実施した他、水際で不正薬物等の取締りを行う税関の役割をPRしました。

  • 10月27日(木) 神戸税関新居浜税関支署は「保税業務説明会」を開催しました

     神戸税関新居浜税関支署は、「保税業務説明会」を開催し、保税蔵置場等の関係者約50名に対し、「最近の税関行政」や「最近の保税非違の概要」について説明し、不審貨物等に対する情報提供依頼を行いました。

  • 10月26日(水) 神戸税関水島税関支署は岡山県立総社高等学校で出前授業を実施しました

     神戸税関水島税関支署は、岡山県立総社高等学校において、1年生を対象に『税関の仕事と薬物乱用の恐ろしさ、社会人としての心構え』をテーマとした出前授業を行いました。

  • 10月26日(水) 神戸税関は「HS2017改正説明会」を開催いたしました

     神戸税関は、神戸税関福山税関支署において、神戸税関職員を講師としたHS2017改正説明会を開催し、通関業者、輸出入者等16社19名の方々に参加いただきました。

  • 10月25日(火) 神戸税関は「HS2017改正説明会」を開催いたしました

     神戸税関は、神戸税関宇野・広島税関支署において、神戸税関職員を講師としたHS2017改正説明会を開催し、通関業者、輸出入者等20社23名の方々に参加いただきました。

  • 10月25日(火) 神戸税関は第1回神戸税関モニター会合を開催しました

     神戸税関は、平成28事務年度神戸税関モニターを7名の方に委嘱し、神戸税関の概況を説明しました。神戸税関モニターは広報展示室等庁舎を視察した後、監視艇による神戸港内視察を行いました。

  • 10月25日(火) 財務省関税局職員は神戸大学経済学部において講義を行いました

     財務省関税局職員は、神戸大学経済学部において、『関税をめぐる国際的な動向T(GATT、WTO)』と題した4回目の講義を行いました。

  • 10月24日(月) 神戸税関は平成28年9月分の貿易統計(速報)を発表しました

      神戸税関は、定例記者発表において、神戸港及び神戸税関管内における平成28年9月分の貿易統計(速報)を発表しました。 9月分の神戸港の輸出は、原動機、音響・映像機器の部分品等が減少し、4,165億円(対前年同月比7.8%減)、輸入は、衣類及び同付属品、無機化合物等が減少し、2,332億円(同12.8%減)となり、差引は1,833億円の輸出超過となりました。 また、特集記事として「かぼちゃ」の輸入について発表しました。 【報道発表資料】

  • 10月21日(金) 神戸税関は「HS2017改正説明会」を開催いたしました

    神戸税関は、神戸税関において、関税局職員および神戸税関職員を講師としたHS2017改正説明会を開催し、通関業者、輸出入者等85社117名の方々に参加いただきました。

  • 10月20日(木) 神戸税関福山税関支署は「事業所体験学習」参加の中学生を受け入れました

    神戸税関福山税関支署は、近畿大学附属広島中学校福山校が実施している「事業所体験学習」で中学生6名を受け入れました。生徒達は、外国貿易船の船内巡回、移動式X線検査装置を使用した輸入貨物の検査などを体験しました。

  • 10月20日(木) 神戸税関は兵庫県立須磨東高等学校の生徒を受け入れました

     神戸税関は、兵庫県立須磨東高等学校の生徒28名を受入れ、税関の仕事や役割について説明するとともに、不正薬物の恐ろしさを訴えました。

  • 10月19日(水) 神戸税関境税関支署は薬物及び銃器等取締街頭キャンペーンを実施しました

     神戸税関境税関支署は、米子鬼太郎空港において薬物及び銃器等取締街頭キャンペーンを実施し、航空機利用旅客に不正薬物・銃器及びテロ関連物資の密輸防止や情報提供等の協力を呼びかけました。  

  • 10月19日(水) 神戸税関坂出税関支署は「職業体験活動」参加中学生を受入れました

     神戸税関坂出税関支署は、香川県教育委員会が中学生を対象に行っている「職業体験活動」で、坂出市立白峰中学校の生徒2名を受入れました。生徒たちは輸出入通関業務や監視取締業務を学んだほか、外国貿易船の荷役作業を見学や空港ブースでの模擬旅具検査などを体験しました。

  • 10月18日(火) 神戸税関福山税関支署尾道糸崎出張所はJR三原駅前で街頭キャンペーンを行いました

     神戸税関福山税関支署尾道糸崎出張所は、JR三原駅前において、尾道海上保安部、三原警察署、広島県東部保健所と合同で街頭キャンペーンを行い、社会悪物品やテロ関連物資等の情報提供の協力を呼びかけました。

  • 10月18日(火) 財務省関税局職員は神戸大学経済学部において講義を行いました

     財務省関税局職員は、神戸大学経済学部において、『貿易救済措置』と題した3回目の講義を行いました。

  • 10月17日(月) 神戸税関姫路税関支署東播磨出張所職員は地元ラジオ局の番組に生出演しました

     神戸税関姫路税関支署東播磨出張所の上席監視官が、地元のラジオ放送局であるBAN-BANラジオ「じもラジ」に生出演し、税関の主な仕事と不正薬物等の密輸状況や「薬物及び銃器取締強化期間」の取組みについて説明するとともに、情報提供を呼びかけました。地元の方々のほか、インターネットラジオを通じ、広く税関の業務について知っていただく良い機会となりました。

  • 10月17日(月) 神戸税関福山税関支署はJR福山駅で街頭キャンペーンを行いました

      神戸税関福山税関支署は、「不正薬物・銃器及びテロ関連物資取締強化期間(10月17日〜31日)」に伴い、JR福山駅において、福山海上保安署、福山東警察署、広島県東部保健所福山支所及び神戸通関業会福山通関士部会と合同で、街頭キャンペーンを行い、不正薬物や拳銃などの密輸防止や情報提供の協力を呼び掛けました。

  • 10月16日(日) 神戸税関は通常は土日祝閉館している広報展示室と中庭を一般開放しました

     神戸税関は、10月15日と16日の2日間、土日祝日は閉館している神戸税関本関の広報展示室と中庭を開放し、税関OBのボランティアガイドが展示品や庁舎の説明を行いました。

  • 10月16日(日) 広島空港出張所は密輸防止キャンペーンを実施しました

     神戸税関広島税関支署広島空港出張所は、広島空港ターミナルで開催された「ひろしま空の日2016ふれあい秋まつり」において、麻薬探知犬によるデモンストレーション及びカスタム君による街頭キャンペーンを実施し、不正薬物・銃器等の密輸防止や情報提供の協力を市民の方々に呼びかけました。

  • 10月14日(金) 神戸税関浜田税関支署は原産地規則に係る業務説明会を実施しました

     神戸税関浜田税関支署は、浜田港湾合同庁舎において神戸税関業務部原産地調査官を講師とする「原産地規則に係る業務説明会」を実施しました。説明会には、税関職員を含む関連9団体13名が参加しました。

  • 10月14日(金) 神戸税関は神戸学院大学の学生を受け入れました

     神戸税関は、神戸学院大学の学生17名を受入れ、税関の仕事や役割について説明するとともに、不正薬物の恐ろしさを訴えました。

  • 10月13日(木) 神戸税関松山税関支署は松山港テロ対策合同訓練に参加しました

     神戸税関松山税関支署は、松山港において松山港港湾危機管理コアメンバー及び松山港港湾保安対策協議会の12機関、約110名によるテロ対策合同訓練に参加しました。海上保安部、警察等港湾危機管理に従事する関係機関が連携し、税関においては移動式X線車等による携帯品検査、消防署による負傷者の救助、警察による爆発物の回収、海上保安部による洋上での不審者制圧の訓練を実施し、松山港における保安体制の向上を図りました。

  • 10月11日(火) 神戸税関職員は神戸大学経済学部において講義を行いました

     神戸税関職員は、神戸大学経済学部において、『関税制度の企画立案-関税とは- 関税の仕組み』と題した2回目の講義を行いました。

  • 10月7日(金) 神戸税関高知税関支署はイオンモール高知で街頭キャンペーンを行いました

     神戸税関高知税関支署は、「不正薬物、銃器及びテロ関連物資等の取締強化期間(10月17日〜31日)」の実施に向け、イオンモール高知で、高知海上保安部・高知県警察本部・高知県健康政策部医事薬務課日本関税協会神戸支部高知協議会・日本通関業連合会神戸通関業会と合同で街頭キャンペーンを行い、不正薬物等の密輸防止や情報提供の協力を呼びかけました。

  • 10月7日(金) 神戸税関今治税関支署はイオンモール今治新都市で街頭キャンペーンを行いました

     神戸税関今治税関支署は、イオンモール今治新都市において、今治警察署、今治海上保安部、日本関税協会神戸支部今治協議会及び神戸通関業会と合同でキャンペーンを行い、市民の方々へ不正薬物や拳銃などの密輸防止、テロの未然防止に係る情報提供の協力を呼びかけました。

  • 10月7日(金) 神戸税関姫路税関支署はJR姫路駅で街頭キャンペーンを行いました

     神戸税関姫路税関支署は、「薬物及び銃器等取締強化期間(10/17〜31)」を前に、JR姫路駅1階中央コンコースで、姫路警察署、姫路海上保安部、姫路市総合教育センター、神戸通関業会と合同で街頭キャンペーンを行い、不正薬物及び銃器並びにテロ関連物資の密輸防止や情報提供の協力を呼びかけました。

  • 10月7日(金) 神戸税関新居浜税関支署は出前授業を行いました

     神戸税関新居浜税関支署は、「薬物乱用防止教室」と題して、西条市立東予東中学校において、生徒及び教師約480名を対象に出前授業を実施しました。授業では、危険ドラッグを含む不正薬物の種類や薬物乱用による身体への影響について説明したほか、水際で不正薬物等の取締りを行う税関の仕事について紹介しました。

  • 10月7日(金) 神戸税関は楠目小学校の生徒を受け入れました

     神戸税関は、高知県香美市立楠目小学校の学生29名を受入れ、税関の仕事や役割について説明するとともに、不正薬物の恐ろしさを訴えました。

  • 10月7日(金) 神戸税関は松江南高等学校の学生を受入れました

     神戸税関は、島根県立松江南高等学校の学生35名を受入れ、税関の仕事や役割について説明するとともに、不正薬物の恐ろしさを訴えました。

  • 10月6日(木) 神戸税関福山税関支署は離島情報収集を行いました

     神戸税関福山税関支署は、管内の走島、白石島、北木島及び真鍋島において、密輸防止リーフレットの掲示依頼等を行い、不正薬物や拳銃などの洋上取引に使用されるおそれのある不審な漁船、プレジャーボート等に関する情報提供の協力を呼び掛けました。

  • 10月6日(木) 神戸税関は大宮小学校の生徒を受入れました

     神戸税関は、高知県香美市立大宮小学校の生徒30名を受入れ、税関の仕事や役割について説明するとともに、不正薬物の恐ろしさを訴えました。

  • 10月6日(木) 神戸税関広島税関支署は広島パルコ前で街頭キャンペーンを行いました

     神戸税関広島税関支署は、本通商店街広島パルコ前で、警察、海上保安部、広島県保健福祉局薬務課、神戸通関業会と合同で街頭キャンペーンを行い、不正薬物や拳銃などの密輸取締りに対する理解と情報提供の協力を呼び掛けました。

  • 10月5日(水) 神戸税関水島税関支署はJR倉敷駅で街頭キャンペーンを行いました

     神戸税関水島税関支署は、「神戸税関取締強化期間(10月17日〜31日)」に先駆け、JR倉敷駅ターミナルビルにおいて、警察、海上保安部、岡山県備中保健所、神戸通関業会と合同で街頭キャンペーンを行い、不正薬物や拳銃などの密輸防止や情報提供の協力を呼びかけました。

  • 10月5日(水) 神戸税関新居浜税関支署は出前講座を行いました

     神戸税関新居浜税関支署は、「税関における密輸取締りの現状について」と題して、新居浜生涯学習センターにおいて、新居浜市民を対象に出前講座を実施しました。

  • 10月5日(水) 神戸税関浜田税関支署は街頭キャンペーンを実施しました

     神戸税関浜田税関支署は、「薬物、銃器及びテロ関連物資取締強化期間(10月17日〜31日)」を前に、ゆめタウン浜田において、浜田警察署、浜田海上保安部及び神戸通関業会と合同で街頭キャンペーンを実施しました。同キャンペーンではチラシ等を配布し、社会悪物品等の密輸防止と情報提供の協力を呼びかけました。

  • 10月5日(水) 神戸税関小松島税関支署は「みはらしの丘 あいさい広場」で街頭キャンペーンを行いました

     神戸税関小松島税関支署は、「薬物及び銃器取締強化期間(10月17日〜31日)」に先立ち、小松島市立江町の「みはらしの丘 あいさい広場」で、小松島警察署、徳島海上保安部、神戸通関業会及び地元通関業者と合同で街頭キャンペーンを行い、不正薬物や拳銃などの密輸防止や情報提供の協力を呼びかけました。

  • 10月4日(火) 神戸税関長は神戸大学経済学部において講座を実施しました

     神戸税関が神戸大学経済学部で行う、『関税政策と税関行政』と題した全15回にわたる講座が開講しました。初回の講座は、高木税関長が担当されイントロダクションとして、関税・税関を取り巻く環境を説明しました。 今後、関税局、税関職員が関税行政・税関業務の各論について講義を行うこととしており、平成29年1月末まで続けられます。

  • 10月3日(月) 神戸税関は三宮地下オーパ前広場で街頭キャンペーンを行いました

     神戸税関は、三宮地下オーパ前広場で、警察、海上保安部、兵庫県薬務課、神戸市保健所と合同で街頭キャンペーンを行い、不正薬物、拳銃及びテロ関連物資等の密輸防止や情報提供の協力を呼びかけました。

  • 10月3日(月) 呉税関支署はJR呉駅前で街頭キャンペーンを行いました

     神戸税関呉税関支署は、「薬物及び銃器取締強化期間(10月17日〜31日)」の実施に先立ち、JR呉駅前で警察、海上保安部及び保健所と合同で街頭キャンペーンを行い、不正薬物や拳銃などの密輸防止や情報提供の協力を呼びかけました。

  • 10月1日(土) 新居浜税関支署はイオンモール新居浜で街頭キャンペーンを行いました

     神戸税関新居浜税関支署は、イオンモール新居浜において、新居浜警察署及び海上保安署、神戸通関業会と合同で街頭キャンペーンを行い、広く一般市民に対して、テロ関連物資の取締りをはじめ、不正薬物や拳銃などの密輸防止や情報提供の協力を呼びかけました。

  • 9月29日(木) 福山税関支署尾道糸崎出張所は保税業務に関する説明会を行いました

     福山税関支署尾道糸崎出張所は、日本関税協会神戸支部福山協議会尾道糸崎地区保税部会総会において、同部会員14社21名に対し保税業務に関する説明会を行いました。

  • 9月29日(木) 尼崎税関支署は「平成28年尼崎地区密輸出入取締機関連絡会」を開催しました

     神戸税関尼崎税関支署は、当支署会議室において、各取締関係機関の出席のもと、「平成28年尼崎地区密輸出入取締機関連絡会」を開催し、密輸取締の更なる連携強化を図りました。

  • 9月28日(水) 広島税関支署広島空港出張所は如水館中学の学生を受け入れました

     神戸税関広島税関支署広島空港出張所は、三原市所在の如水館中学校三年生の7名を受入れ、 税関の仕事や役割について説明するとともに、不正薬物の恐ろしさを伝えました。

  • 9月28日(水) 神戸税関は柴島高等学校の学生を受け入れました

     神戸税関は、大阪府立柴島高等学校の学生24名を受入れ、税関の仕事や役割について説明するとともに、不正薬物の恐ろしさを訴えました。

  • 9月24日(土) 神戸税関宇野税関支署岡山空港出張所は「空の日フェスタ」に参加しました

     神戸税関宇野税関支署岡山空港出張所は、入国管理局、検疫所、植物防疫所、動物検疫所とともにイベントに参加し、業務内容の紹介や密輸防止のための情報提供を呼びかけました。

  • 9月23日(金) 福山税関支署は福山市立長浜小学校で出前授業を実施しました

     福山税関支署は、福山市立長浜小学校5年生26名を対象に、「私たちの福山港」と題した福山港開港50周年記念「出前授業」を実施しました。

  • 9月23日(金) 神戸税関は城東高等学校の学生を受け入れました

     神戸税関は、徳島県立城東高等学校の学生37名を受入れ、税関の仕事や役割について説明するとともに、不正薬物の恐ろしさを訴えました。

  • 9月21日(水) 神戸税関は平成28年9月分の貿易統計(速報)を発表しました

      神戸税関は、定例記者発表において、神戸港及び神戸税関管内における平成28年8月分の貿易統計(速報)を発表しました。 8月分の神戸港の輸出は、鉄道用車両、織物用糸及び繊維製品等が減少し、3,918億円(対前年同月比9.6%減)、輸入は、有機化合物、衣類及び同付属品等が減少し、2,322億円(同11.6%減)となり、差引は1,596億円の輸出超過となりました。 【報道発表資料】

  • 9月15日(木) 坂出税関支署は日本関税協会神戸支部香川協議会保税部会で講演をしました

     坂出税関支署は、日本関税協会神戸支部香川協議会保税部会の税関行政懇話会の中で、同部会員44社75名に対し保税蔵置場における注意点等について講演を行いました。

  • 9月14日(水) 境税関支署は出前授業を実施しました

     神戸税関境税関支署は、島根県立松江商業高等学校において、国際ビジネス科2年39名を対象に出前授業を実施しました。 授業では、はじめに税関の仕事と役割を説明し、覚醒剤・危険ドラッグ等の危険性について紹介したほか、受講生が10月に台湾への修学旅行を控えていることから、輸入が禁止されている物品の代表例、薬物の運び屋として利用されないための注意点、帰国の際の免税範囲等について説明しました 。

  • 9月14日(水) 「美保飛行場(通称:米子鬼太郎空港)」に新規国際定期便が就航しました

     神戸税関境税関支署管内の「美保飛行場(通称:米子鬼太郎空港)」に、米子-香港定期便が新たに就航しました。同空港にとっては15年ぶりの国際線の新規就航で、既存の韓国便の3便と合わせて、国際線は週5便となりました。

  • 9月14日(水) 坂出税関支署は日本関税協会神戸支部香川協議会保税部会承認工場専門部会で講演をしました

     坂出税関支署は、日本関税協会神戸支部香川協議会保税部会承認工場専門部会において、同専門部会員4社7名に対し承認工場制度についての講演を行いました。

  • 9月7日(水) 神戸税関は「日モンゴル経済連携協定説明会」を開催いたしました

     神戸税関は、広島港湾合同庁舎2階共用会議室において、本関業務部原産地調査官付職員を講師とした原産地規則説明会を開催し、通関業者11社20名、輸出入者5社8名の計16社28名の方々に参加いただいた。 説明会では、原産地規則に関について説明するとともに、事前に参加者から要望があったテーマについて解説を行い、併せてTPPに関する現在の状況や、TPPを活用することのメリットについての説明も行った。

  • 9月6日(火) 坂出税関支署は坂出白峰ライオンズクラブ例会で講演をしました

     坂出税関支署は、9月6日(火)、坂出白峰ライオンズクラブの例会において、同クラブの会員約35名を対象に「税関業務及び不正薬物の密輸について」と題して講演を行いました。

  • 9月2日(金) 神戸税関は甲南大学の学生を受け入れました

     神戸税関広島税関支署は、広島港湾合同庁舎2階税関会議室において、税関協力員4名出席のもと、税関業務に対する理解を深め、税関協力員との良好な関係を構築することを目的として、「税関協力員連絡会議」を開催しました。 税関業務の概要、最近の摘発事例及び税関としてどのような情報を求めているか等について説明を行い、理解・協力を求めました。

  • 9月1日(木) 広島税関支署は税関協力員連絡会議を開催しました

     神戸税関広島税関支署は、広島港湾合同庁舎2階税関会議室において、税関協力員4名出席のもと、税関業務に対する理解を深め、税関協力員との良好な関係を構築することを目的として、「税関協力員連絡会議」を開催しました。 税関業務の概要、最近の摘発事例及び税関としてどのような情報を求めているか等について説明を行い、理解・協力を求めました。

  • 8月31日(水) 広島税関支署は初心者向け知的財産権利制度説明会で制度説明を行いました

     特許庁主催の「初心者向け知的財産権制度説明会2016」が広島国際会議場で開催され、神戸税関広島税関支署より統括審査官が出席し、知的財産権に対する差止申立て制度等について説明を行いました。

  • 8月31日(水) 浜田税関支署は、島根県立浜田水産高等学校において、出前講座を実施しました

     神戸税関浜田税関支署は、8月31日(水)、島根県立浜田水産高等学校の、海洋技術課の生徒50名及び教員7名に対し、「税関業務と航海実習船の関係」をテーマとした出前講座を実施しました。

  • 8月31日(水) 浜田税関支署は「三隅地区税関連絡協議会」において、出前講座を実施しました

     神戸税関浜田税関支署は、中国電力且O隅発電所ふれあいホールにおいて開催された「三隅地区税関連絡協議会」に出席しました。税関からは、支署管内の貿易概況と不正薬物等の摘発状況のほか、「輸出入申告官署の自由化の概要」及び「G7神戸保健大臣会合及びG7交通大臣会合の開催に伴う水際対策の強化について」を出前講座形式により説明しました。

  • 8月30日(火) 神戸税関は麻薬探知犬「ブーケ号」を公開しました

     神戸税関は、本関において新たに配備された麻薬探知犬「ブーケ」号を報道陣に公開しました。

  • 8月28日(日) 東播磨出張所は「親子ものづくり・社会体験教室」に参加しました

     神戸税関姫路税関支署東播磨出張所は、ポリテクセンター加古川において「親子ものづくり・社会体験教室」に参加し、各種団体と協力し、危険ドラッグ等の麻薬撲滅及び情報提供を呼び掛けました。

  • 8月25日(木) 坂出税関支署は「職場体験活動」参加中学生を受け入れました

     坂出税関支署は、8月25日、香川県教育委員会が中学2年生を対象に行っている「職業体験活動」で、香川県綾川町立綾上中学校の生徒2名を受け入れました。生徒達は、輸出入通関業務や監視取締業務を学んだほか、外国貿易船への乗船や空港ブースでの模擬旅具検査などを体験しました。

  • 8月25日(木) 神戸税関は「テロ警戒・防止街頭啓発活動」を行いました

     神戸税関は、G7神戸保健大臣会合を控え、神戸海上保安部、兵庫県警等が連携し、水際におけるテロ対策を強化していることを一般市民に広くアピールするため、外航クルーズ客船 「QUANTUM OF THE SEAS」号の入港を出迎えにポートターミナルを訪れた市民を対象に、キャラクターの着ぐるみと、ポケットティッシュの配布によるテロ警戒・防止啓発活動を行いました。

  • 8月24日(水)神戸税関は『サマースクール』参加の小学生を受入れました

     神戸税関は、神戸市立公民館が募集した『サマースクール』に参加した小学5、6年生とその保護者計70名を受入れ、税関の役割について説明を行ったほか、広報展示室や庁舎を案内しました。

  • 8月19日(金) 尼崎税関支署は尼崎通関会会員に対する勉強会を実施しました

     尼崎税関支署は、尼崎通関会会員15名に対する勉強会で、「知って得する減免税・戻し税制度」と題して、各制度の概要及び利用時の注意事項等を説明しました。

  • 8月17日(水)姫路税関支署は保管紙幣などを報道機関に公開しました

     神戸税関姫路税関支署は、終戦後、引揚者の方々からお預かりした紙幣、通帳等を報道機関に公開しました。現在も多くの未返還物件が保管されているため、一層の返還促進を図っています。

  • 8月18日(木)神戸税関は平成28年7月分の貿易統計(速報)を発表しました

     神戸税関は、定例記者発表において、神戸港及び神戸税関管内における平成28年7月分の貿易統計(速報)を発表しました。7月分の神戸港の輸出は、荷役機械、原動機等が減少し、4,203億円(対前年同月比14.6%減)、輸入は、衣類及び同付属品、たばこ等が減少し、2,278億円(同20.7%減)となり、差引は1,925億円の輸出超過となりました。また、特集記事として「うどん、そうめん、そば」の輸出について発表しました。 【報道発表資料】

  • 8月10日(水)小松島税関支署は大麻密輸事件について告発しました

     神戸税関小松島税関支署は、アメリカ合衆国来通常郵便物を利用した大麻密輸入事件について関税法違反事件で徳島地方検察庁へ告発しました。

  • 8月9日(火) 坂出税関支署高松出張所は高松港の見学・研修会において税関業務の説明を実施しました

     神戸税関坂出税関支署高松出張所は小中学生を対象とした高松港朝日町地区の見学・研修会において、小中学生とその保護者約60名に対し密輸取締りや輸出入手続き等の税関業務の説明を実施しました。

  • 8月8日(月)尼崎税関支署は薬物乱用防止キャンペーンを実施しました

     神戸税関尼崎税関支署は、阪神甲子園球場において各種団体と協力して、「薬物乱用は「ダメ。ゼッタイ。」」のスローガンのもと、高校野球観戦者等に対し薬物乱用防止に対するPR活動を実施しました。

  • 8月5日(月)神戸税関は保管紙幣などの虫干しを行いました

     神戸税関は、終戦後、引揚者の方々からお預かりした通貨・紙幣、証券類の虫干しを行い、その様子を報道機関に公開しました。 公開物件は、旧日本銀行券・旧日本軍軍票など約3万5千点です。 戦後70年を過ぎた今も多くの未返還物件が保管されているため、公開等により返還促進を図っています 。

  • 8月1日(月)神戸税関は名古屋外国語大学の学生11人を受け入れました

     神戸税関は、名古屋外国語大学の学生11名を受入れ、税関の仕事や役割について説明するほか、安易な気持ちで不正薬物を使用しないように訴えました。

  • 7月28日(木)神戸税関監視部は救助訓練を行いました

     神戸税関監視部は、神戸空港北岸において、海上及び岸壁付近における安全対策及び安全意識の向上を図ることを目的として、浮環、縄梯子及び救命筏など救命用具を用いた救助訓練を行いました。訓練について報道機関1社の取材がありました。

  • 7月28日(木)神戸税関は小学校4〜6年生と保護者を受け入れました

     神戸税関は、神戸開港150年記念事業の一環として、みなとの仕事を発見し、ミニ新聞を子供たちが作る企画で、小学校4〜6年生と保護者のペア15組30名を受入れ、税関の仕事や役割を説明しました。

  • 7月25日(月) 神戸税関は平成28年6月分・平成28年上半期分の貿易統計(速報)を発表しました

      神戸税関は、定例記者発表において、神戸港及び神戸税関管内における平成28年6月分・平成28年上半期分の貿易統計(速報)を発表しました。 6月分の神戸港の輸出は、科学光学機器、自動車等が減少し、4,484億円(対前年同月比3.6%減)、輸入は、非鉄金属、衣類及び同付属品等が減少し、2,382億円(同14.9%減)となり、差引は2,102億円の輸出超過となりました。 また、平成28年上半期分の神戸港の輸出は、科学光学機器、重電機器等が減少し、2兆5,516億円(対前年同期比7.6%減)、輸入は、非鉄金属、たばこ等が減少し、1兆4,759億円(同10.7%減)となり、差引は1兆756億円の輸出超過となりました。【報道発表資料】

  • 7月24日(日)神戸税関境税関支署は「展示訓練」に参加しました

     神戸税関境税関支署は、境港で実施された「展示訓練」に参加し、大型監視艇「おき」が、約1,000名の見学者が見守る中、境海上保安部の巡視船とともに犯罪容疑船に対する突撃捕捉訓練を実施しました。

  • 7月22日(金) 福山税関支署は日本関税協会神戸支部福山協議会福山地区保税部会総会で保税業務に関する説明会を行いました

     福山税関支署は、福山税関支署は日本関税協会神戸支部福山協議会福山地区保税部会総会において、同部会員16社25名に対し保税業務に関する説明会を行いました。

  • 7月20日(水)広島税関支署は救助訓練を行いました

     広島税関支署は、広島港において、海上における安全対策及び安全意識の向上を図ることを目的として、浮環、救命筏など救命用具を用いた救助訓練を行いました。

  • 7月20日(水)神戸税関は須磨学園高等学校の生徒を受け入れました

     神戸税関は、須磨学園高等学校の生徒34名を受け入れ、税関の仕事や役割について説明するほか、安易な気持ちで不正薬物を使用しないように訴えました。

  • 7月18日(月)神戸税関は「第32回神戸港ボート天国」に参加しました

     神戸税関は、神戸港で開催された「第32回神戸港ボート天国」に参加し、神戸港かもめりあ2号桟橋東側で監視艇「こうべ」の船内を一般公開し、多くの方が見学されました。

  • 7月15日(金)神戸税関岡山空港出張所は、岡山市立吉備中学校で出前講座を実施しました

     神戸税関宇野税関支署岡山空港出張所は、岡山市立吉備中学校の1年生269名を対象に『税関の仕事と不正薬物の恐怖について』をテーマとした出前講座を実施しました。

  • 7月15日(金)神戸税関は神戸山手大学の学生を受け入れました

     神戸税関は、神戸山手大学の学生42名を受け入れ、環境親和型庁舎であることや旧庁舎からの歴史の継承が評価され、JIA環境建築賞を受賞した神戸税関の建物について説明するほか、安易な気持ちで不正薬物を使用しないように訴えました。

  • 7月14日(木)東播磨出張所は兵庫県立松陽高等学校で出前授業を実施しました

     神戸税関姫路税関支署東播磨出張所は、兵庫県立松陽高等学校で、全校生徒約640名を対象に「税関の業務及び不正薬物の密輸と乱用のおそろしさ」をテーマにした出前授業を行いました。

  • 7月13日(水)宇野税関支署は岡山市立芳泉中学校で出前授業を実施しました

     神戸税関宇野税関支署は、岡山市立芳泉中学校2年生、約300名に薬物乱用防止をテーマに出前授業を行い、税関の業務や不正薬物の種類及び薬物乱用による身体への影響について説明を行った。

  • 7月13日(水)坂出税関支署は香川県立多度津高等学校で出前授業を実施しました

     神戸税関坂出税関支署は、香川県立多度津高等学校で、専攻科1年生9名(保護者9名)、海洋技術科2年生15名(保護者15名)を対象とした出前授業を行い、税関の仕事について説明しました。

  • 7月12日(火)境税関支署西郷監視署は合同企業説明会に参加しました

     神戸税関境税関支署西郷監視署は、隠岐の島町総合体育館で行われた「2016ジョブフェア〜合同企業説明会〜」において、隠岐の島町内の中学生及び高校生に対し税関の業務や役割について説明するほか、職員の体験談を紹介しました。

  • 7月10日(日)呉税関支署は薬物乱用防止キャンペーンに参加しました

     神戸税関呉税関支署は、呉市海事歴史科学館、通称「大和ミュージアム」周辺において、薬物乱用防止啓発活動「6.26ヤング街頭キャンペーン」に参加し、薬物乱用の防止を呼びかけました。

  • 7月8日(金)坂出税関支署は知財総合支援窓口連携会議において講義を行いました

     神戸税関坂出税関支署は、香川頭脳化産業センターで行われた公益財団法人かがわ産業支援財団主催の知財総合支援窓口連携会議において、税関における知的財産侵害物品の取締りの現状について講義を行いました。

  • 7月8日(金)浜田税関支署は島根県知財総合窓口連絡会議に出席しました

     神戸税関浜田税関支署は、平成28年度第1回島根県よろず支援拠点・島根県知財総合窓口連絡会議に出席し、税関における知的財産侵害物品取締りの現状について説明を行いました。

  • 7月7日(木)浜田税関支署は出前授業(社会科見学)を実施しました

     神戸税関浜田税関支署は、浜田港福井埠頭に社会科見学に来た浜田市立松原小学校の3年生26名に対し、税関の仕事について説明を行いました。

  • 6月30日(木)神戸税関は神戸市立多聞東小学校で出前授業を実施しました

     神戸税関は、神戸市立多聞東小学校で、6年生46名を対象とした出前授業を行い、税関の仕事について説明しました。

  • 6月25日(土)姫路税関支署東播磨出張所は街頭キャンペーンを行いました

     神戸税関姫路税関支署東播磨出張所は、アスパ高砂で行われた兵庫県東播磨県民局等主催の「ダメ。ゼッタイ。」普及運動6.26ヤング街頭キャンペーンに参加し、薬物乱用の防止と密輸情報の提供を呼びかけました。

  • 6月25日(土)浜田税関支署は街頭キャンペーンを実施しました

     神戸税関浜田税関支署は、島根県が主催する国連決議による「6.26国際麻薬乱用撲滅デー」の周知を目的とした「ダメ。ゼッタイ。」普及運動に参加し、ゆめタウン浜田において、街頭キャンペーンを実施しました。同キャンペーンでは、チラシ等を配布して薬物乱用防止や税関への情報提供の協力を呼びかけました。

  • 6月24日(金)坂出税関支署は街頭キャンペーンを行いました

     神戸税関坂出税関支署は、イオンタウン宇多津で行われた香川県中讃保健所主催の「6・26国際麻薬乱用撲滅デー」街頭キャンペーンに参加し、薬物乱用の防止と密輸情報の提供を呼びかけました。

  • 6月24日(金)神戸税関は岡山情報ビジネス学院の学生を受け入れました

     神戸税関は、岡山情報ビジネス学院の学生40名を受け入れ、税関の仕事や役割について説明するほか、安易な気持ちで不正薬物を使用しないように訴えました。

  • 6月23日(木)神戸税関長は着任記者会見を行いました

     6月18日付け人事異動により就任した高木隆神戸税関長が着任記者会見を行いました。

  • 6月23日(木)宇野税関支署片上出張所は街頭キャンペーンを行いました

     神戸税関宇野税関支署片上出張所は、JR西片上駅近辺で行われた岡山県備前保健所主催の「ダメ。ゼッタイ。」普及運動ヤング街頭キャンペーンに参加し、薬物乱用の防止と密輸情報の提供を呼びかけました。

  • 6月22日(水)神戸税関は神戸港テロ対策合同訓練に参加しました

     神戸税関は、神戸港新港第三突堤神戸三宮フェリーターミナル及びその周辺海域で実施されたテロ対策合同訓練(9機関、宮崎カーフェリー及び神戸学院大学、約130名)に参加しました。海上保安部、警察等港湾危機管理に従事する関係機関が連携して水際対策訓練を実施し、テロ対策や被害管理について確認するとともに実動における連携を検証することを通じて、神戸港の危機管理能力の向上を図りました。

  • 6月22日(水)広島税関支署広島空港出張所は税関業務等説明会を開催しました

     神戸税関広島税関支署広島空港出張所は、広島空港立入証の新規取得者11名に対し、税関業務の紹介に併せ、税関関係法令並びに諸手続き等について説明しました。

  • 6月22日(水)浜田税関支署は郵政儲金簿等を返還しました

     神戸税関浜田税関支署は、本人名義の郵政儲金簿と親族の郵政儲金簿・保險證書を預託者に返還しました。今回の返還は、昨年12月に掲載された保管物件返還に関する新聞記事を見たご本人が税関に照会され実現しました。

  • 6月20日(月)神戸税関は平成28年5月分の貿易統計(速報)を発表しました

     神戸税関は、定例記者発表において、神戸港及び神戸税関管内における平成28年5月分貿易統計(速報)を発表しました。 5月分の神戸港の輸出は、有機化合物、原動機等が減少し、3,697億円(対前年同月比15.5%減)、輸入は、たばこ、通信機等が減少し、2,410億円(同6.0%減)となり、差引は1,287億円の輸出超過となりました。  また、特集記事として「クミン」の輸入について発表しました。【報道発表資料】

  • 6月16日(木)姫路税関支署は薬物乱用防止指導員協議会で講演を行いました

     神戸税関姫路税関支署は、北播磨地区薬物乱用防止指導員協議会において、同協議会指導員等を対象に、「税関における不正薬物の水際対策」について講演を行いました。

  • 6月16日(木)水島税関支署は保税業務説明会を開催しました

     神戸税関水島税関支署は、「保税業務説明会」を開催し、保税業務に携わる関係者39社56名の方々に出席いただき、最近の非違・事故の事例と留意点について説明しました。

  • 6月16日(木)水島税関支署はJR倉敷駅で街頭キャンペーンを行いました

     神戸税関水島税関支署は、JR倉敷駅で行われた岡山県備中保健所主催の「ダメ。ゼッタイ。」普及運動ヤング街頭キャンペーンに参加し、薬物乱用の防止と密輸情報の提供を呼びかけました。

  • 6月16日(木)宇野税関支署は街頭キャンペーンを行いました

     神戸税関宇野税関支署は、JR岡山駅で行われた岡山県備中保健所主催の「ダメ。ゼッタイ。」普及運動ヤング街頭キャンペーンに参加し、薬物乱用の防止と密輸情報の提供を呼びかけました。

  • 6月15日(水)神戸税関は輸入者のための関税分類・関税評価・原産地規則セミナーを開催しました

     神戸税関は、輸入者のための関税分類・関税評価・原産地規則セミナーを開催し、輸出入関連企業等から51社68名の方々に出席いただきました。セミナーでは初心者向けに、関税分類・関税評価・原産地規則について基本的な内容を解説しました。

  • 6月15日(水) 姫路税関支署は姫路港テロ対策合同実動訓練に参加しました

     神戸税関姫路税関支署は、姫路港飾磨3号岸壁及び付近海域で実施されたテロ対策合同訓練(14機関、約130名)に参加しました。テロリスト及び不審物等の流入を防ぐため、関係機関の対応と連携を強化し、姫路港における危機管理体制の一層の強化を図りました。

  • 6月15日(水) 神戸税関は新規AEO事業者に対して承認書を交付しました

     神戸税関は、AEO事業者(特定保税承認者)として承認された、三島運輸株式会社に対して、承認書を交付しました。 AEO制度とは、貨物のセキュリティー管理とコンプライアンス(法令遵守)が優れた事業者を税関が認定することにより、国民生活の安全・安心を確保するとともに、事業者の手続きの簡素化を図ることで、国際競争力の向上を目指すものです。

  • 6月15日(水)神戸税関は新規AEO事業者に対して認定書を交付しました

     神戸税関は、AEO事業者(認定通関業者)として認定された、大王海運株式会社に対して、認定書を交付しました。

  • 6月15日(水)神戸税関は新規AEO事業者に対して認定書を交付しました

     神戸税関は、AEO事業者(認定通関業者)として認定された、佐野運輸株式会社に対して、認定書を交付しました。

  • 6月14日(火)神戸税関はWCOフェローシップ・プログラムに参加している研修員を受入れました

     神戸税関は、6月6日(月)から6月14日(火)にかけて、WCOフェローシップ・プログラムに参加している研修員4名(コロンビア、キューバ、エルサルバドル、パナマから各1名)を受け入れ、我が国の通関手続、関税分類、AEO制度、監視取締、輸入事後調査等についての講義を実施しました。  WCOフェローシップ・プログラムとは、世界税関機構(World Customs Organization)加盟国の将来有望な若手・中堅税関職員を対象とする研修プログラムであり、税関の改革近代化を支援することを目的としています。

  • 6月14日(火) 姫路税関支署は税関実務講習会を実施しました

     神戸税関姫路税関支署は、新たに税関事務を担当することとなった方々に対し税関実務講習会を実施しました。講習会では、税関の役割や監視・通関の基本的な内容について説明しました。

  • 6月10日(金)神戸税関は近畿管区警察学校の職員を受け入れました

     神戸税関は、近畿管区警察学校の職員31名を受け入れ、税関の業務や役割を説明しました。

  • 6月9日(木)神戸税関長は日本関税協会神戸支部定時総会で講演を行いました

     神戸税関長は、神戸市で開催された日本関税協会神戸支部定時総会で、「最近における関税政策・税関行政について」と題して講演を行いました。

  • 6月9日(木)浜田税関支署は浜田市立長浜小学校で出前講座を実施しました

     神戸税関浜田税関支署は、浜田市立長浜小学校で、5年生46名を対象とした出前講座を行い、「税関の仕事」について説明しました。

  • 6月8日(水)福山税関支署はJR福山駅で街頭キャンペーンを行いました

     福山税関支署は、JR福山駅において、福山海上保安署、福山東警察署、広島県東部保健所、福山市保健所及び神戸通関業会福山通関士部会と合同で、街頭キャンペーンを行いました。税関「カスタム君」、海保「うみまる」君、福山市「ローラ」ちゃんも登場し、不正薬物等の密輸防止や情報提供の協力を呼びかけました。

  • 6月7日(火)神戸税関は「トライやる・ウィーク」参加中学生を受入れました

     神戸税関は、6月7日と8日の2日間、兵庫県教育委員会が中学生を対象に行っている職業体験活動週間「トライやる・ウィーク」で中学生5名を受入れました。生徒達は、ポートターミナル見学、麻薬探知犬の訓練業務補助、貨物の模擬検査、分析業務、倉庫内に保管されている貨物の確認、海上巡回を体験しました。

  • 6月7日(火) 境税関支署は通関実務担当者意見交換会を開催しました

     神戸税関境税関支署は、通関実務担当者との意見交換会を開催し、輸出入業務に携わる方々に出席いただきました。意見交換会では、当支署から平成28年度における関税定率法等各法律の改正事項を説明するとともに、日々の業務について、当支署と実務担当者との間だけでなく、実務担当者同士の意見交換も行われました。

  • 6月6日(月)神戸税関は日モンゴル経済連携協定(EPA)説明会を開催しました

     神戸税関は、6月7日に発給される日モンゴル経済連携協定(EPA)説明会を神戸税関本関において開催し、輸出入関連企業等方々に出席いただきました。

  • 6月4日(土)浜田税関支署は街頭キャンペーンを実施しました

     神戸税関浜田税関支署は、島根県浜田市と江津市にまたがる「しまね海洋館アクアス」において、江津警察署沿岸協力会及び浜田海上保安部と合同で「密輸・密航・密漁防止キャンペーン」を実施し、社会悪物品等の密輸防止及び情報提供の協力を呼びかけました。

  • 6月3日(金)姫路税関支署は「トライやる・ウィーク」参加中学生を受け入れました

     神戸税関姫路税関支署は、6月2日と3日の2日間、兵庫県教育委員会が中学2年生を対象に行っている職業体験活動週間「トライやる・ウィーク」で中学生5名を受け入れました。生徒達は、麻薬探知犬の訓練業務、冷凍倉庫内に保管されている貨物の確認などを体験しました。

  • 6月3日(金)神戸税関は兵庫県立大学の学生を受け入れました

     神戸税関は、兵庫県立大学の学生13名を受け入れ、税関の仕事や役割について説明するほか、安易な気持ちで不正薬物を使用しないように訴えました。

  • 6月2日(木)広島税関支署広島空港出張所は税関手続き等に関する説明会を開催しました

     神戸税関広島税関支署広島空港出張所は、日本旅行業協会所属の中四国の旅行会社に入社した新入社員46名に対し、税関業務の紹介に併せ、海外旅行時の留意点、入出国時の税関手続き等について説明しました。 説明を受けた受講者は、薬物の隠匿手口等について熱心に耳を傾け、海外旅行時の留意点を再確認した様子でした。

  • 6月2日(木)坂出税関支署は「神戸通関士部会と神戸地区通関士との意見交換会」に参加しました

     神戸税関坂出税関支署は、「神戸通関士部会と神戸地区通関士との意見交換会」に参加し、通関業務に携わる方々に通関手続きにおける注意点等を説明するとともに、通関業会を取り巻く環境の変化への対応について意見交換を行いました。

  • 6月2日(木)神戸税関は平成28年度阪神北地区薬物乱用防止指導員協議会研修会で講演を行いました

     神戸税関は、宝塚市内の宝塚健康福祉事務所において開催された平成28年度阪神北地区薬物乱用防止指導員協議会研修会で、薬物乱用防止指導員に対し「不正薬物等の取締状況」と題して、税関の使命や最近の取締状況について講演を行いました。

  • 5月30日(月)神戸税関は神戸大学の学生を受け入れました

     神戸税関は、神戸大学の学生12名を受け入れ、税関の仕事や役割について説明するほか、適正かつ公平な関税等の徴収に対する税関の取り組みを紹介しました。

  • 5月29日(日)境税関支署は出雲地区小型船舶連合総会で講演を行いました

     神戸税関境税関支署は、出雲地区小型船舶連合会総会において、税関業務の説明を行うとともに、漂流・漂着船や密輸等の情報提供を要請しました。

  • 5月27日(金)神戸税関は岐阜市立岩野田中学校の生徒を受け入れました

     神戸税関は、岐阜市立岩野田中学校の生徒35名を受け入れ、税関の仕事や役割について説明するほか、安易な気持ちで不正薬物を使用しないように訴えました。

  • 5月26日(木)今治税関支署は平成28年度関税定率法等改正等に関する説明会を開催しました

     神戸税関今治税関支署は、「平成28年度関税定率法等改正等に関する説明会」を開催し、輸入業務に携わる方々に出席いただきました。説明会では、各法律の改正事項等について説明しました。

  • 5月25日(水)神戸税関長は日本関税協会神戸支部広島協議会総会で講演を行いました

     神戸税関長は、広島市で開催された日本関税協会神戸支部広島協議会総会で、「最近における関税政策・税関行政について」と題して講演を行いました。

  • 5月24日(火)神戸税関総務部長は日本関税協会神戸支部浜田協議会で講演を行いました

     神戸税関総務部長は、島根県浜田市で開催された日本関税協会神戸支部浜田協議会で「最近における関税政策・税関行政について」と題して講演を行いました。

  • 5月23日(月) 神戸税関は平成28年4月分の貿易統計(速報)を発表しました

     神戸税関は、定例記者発表において、神戸港及び神戸税関管内における平成28年4月分貿易統計(速報)を発表しました。 4月分の神戸港の輸出は、重電機器、金属加工機械等が減少し、4,466億円(対前年同月比9.6%減)、輸入は、たばこ、衣類及び同付属品等が減少し、2,362億円(同16.1%減)となり、差引は2,104億円の輸出超過となりました。【報道発表資料】 

  • 5月20日(金)神戸税関は「輸出入申告官署の自由化・通関業制度の見直しに係る説明会」を開催しました

      神戸税関は、岡山県倉敷市の「水島愛あいサロン」において、輸出入業務に携わる方々に出席いただき「輸出入申告官署の自由化・通関業制度の見直しに係る説明会」を開催しました。

  • 5月20日(金)神戸税関は新規AEO事業者に対して認定書を交付しました

      神戸税関は、AEO事業者(認定通関業者)として認定された、芙蓉海運株式会社に対して、認定書を交付しました。 AEO制度とは、貨物のセキュリティー管理とコンプライアンス(法令遵守)が優れた事業者を税関が認定することにより、国民生活の安全・安心を確保するとともに、事業者の手続きの簡素化を図ることで、国際競争力の向上を目指すものです。

  • 5月20日(金)神戸税関は穴吹ビジネスカレッジの生徒を受け入れました

      神戸税関は、穴吹ビジネスカレッジの生徒16名を受け入れ、税関の仕事や役割について説明するほか、不正薬物の恐ろしさを訴えました。

  • 5月20日(金)神戸税関は海南市立第三中学校の生徒を受け入れました

      神戸税関は、和歌山県海南市立第三中学校の生徒78名を受け入れ、税関の仕事や役割について説明するほか、広報展示室の見学案内を行いました。

  • 5月19日(木)浜田税関支署は街頭キャンペーンを実施しました

      神戸税関浜田税関支署は、島根県益田市のゆめタウン益田において、島根県益田警察署、同署沿岸協力会及び浜田海上保安部と合同で「密航・密輸防止キャンペーン」を実施し、社会悪物品等の密輸防止及び情報提供の協力を呼びかけました。

  • 5月18日(水)神戸税関長は日本関税協会神戸支部香川協議会で講演を行いました

      神戸税関長は、香川県丸亀市で開催された日本関税協会神戸支部香川協議会総会で、「最近における関税政策・税関行政について」と題して講演を行いました。

  • 5月18日(水)神戸税関は松東中学校の生徒を受け入れました

      神戸税関は、石川県小松市立松東中学校の生徒36名を受け入れ、税関の仕事や役割について説明するとともに、安易な気持ちで不正薬物を使用しないように訴えました。

  • 5月17日(火)神戸税関長は日本関税協会神戸支部高知協議会で講演を行いました

      神戸税関長は、高知県高知市で開催された日本関税協会神戸支部高知協議会総会で、「最近における関税政策・税関行政について」と題して講演を行いました。

  • 5月15日(日)神戸税関は神戸まつり「おまつりパレード」に参加し税関検査への協力を呼びかけました

      神戸税関は、第46回神戸まつり「おまつりパレード」に参加しました。パレードでは神戸・大阪税関合同音楽隊の演奏にあわせ、横断幕でテロ対策に伴う税関検査への協力を呼びかけました。カスタム君も参加しました。

  • 5月13日(金)神戸税関長は日本関税協会神戸支部新居浜協議会定時総会で講演を行いました

      神戸税関長は、愛媛県新居浜市で開催された日本関税協会神戸支部新居浜協議会定時総会で、「最近における関税政策・税関行政について」と題して講演を行いました。

  • 5月13日(金)六甲アイランド出張所は保税業務説明会を実施しました

      神戸税関六甲アイランド出張所は、ホテルプラザ神戸で開催された「東灘保税会定時総会」において、説明会を実施しました。説明会では、保税業務に関する留意点等について説明しました。

  • 5月13日(金)神戸税関はキャリエールホテル旅行専門学校の学生を受け入れました

     神戸税関は、キャリエールホテル旅行専門学校の学生14名を受け入れ、税関の仕事や役割について説明するとともに、安易な気持ちで不正薬物を使用しないように訴えました。

  • 5月13日(金)神戸税関はBASIC日本語学院の生徒を受け入れました

     神戸税関は、午前と午後に分かれてBASIC日本語学院の生徒等45名を受け入れ、税関の仕事や役割について説明するとともに、中庭を見学していただきました。

  • 5月13日(金)神戸税関は神戸学院大学の学生を受け入れました

     神戸税関は、神戸学院大学の学生17名を受け入れ、税関の仕事や役割について説明するとともに、不正薬物の恐ろしさを訴えました。

  • 5月12日(木)神戸税関長は日本関税協会神戸支部松山協議会で講演を行いました

     神戸税関長は、愛媛県松山市で開催された日本関税協会神戸支部松山協議会総会で、「最近における関税政策・税関行政について」と題して講演を行いました。

  • 5月12日(木)神戸税関は射水市立小杉南中学校の生徒を受け入れました

     神戸税関は、富山県射水市立小杉南中学校の生徒31名を受け入れ、税関の仕事や役割について説明するとともに、ホンモノ・ニセモノの鑑定にチャレンジしていただきました。

  • 5月11日(水)神戸税関は「輸出入申告官署の自由化・通関業制度の見直しに係る説明会」を開催しました

     神戸税関は、高松サンポート合同庁舎アイホールにおいて、輸出入業務に携わる方々に出席いただき「輸出入申告官署の自由化・通関業制度の見直しに係る説明会」を開催しました。

  • 5月11日(水)浜田税関支署及び広島税関支署は浜田港・三隅港テロ対策総合訓練に参加しました

     神戸税関浜田税関支署及び広島税関支署は、伊勢志摩サミット開催を前に浜田港において実施された「浜田港・三隅港テロ対策総合訓練」に参加しました。関係機関(港湾管理者、警察、海保等)と合同で、コンテナ貨物の検査中に不審物を発見した場合の初動訓練や密入国しようとするテロリストの身柄確保を想定した訓練等を行い、各機関との連携強化を図りました。

  • 5月11日(水)神戸税関は氷見市立北部中学校の生徒を受け入れました

     神戸税関は、富山県氷見市立北部中学校の生徒20名を受け入れ、税関の仕事や役割について説明するとともに、安易な気持ちで不正薬物を使用しないように訴えました。

  • 5月10日(火)神戸税関長は日本関税協会神戸支部徳島協議会で講演を行いました

     神戸税関長は、徳島県徳島市で開催された日本関税協会神戸支部徳島協議会総会で、「最近における関税政策・税関行政について」と題して講演を行いました。

  • 5月10日(火)姫路税関支署東播磨出張所長は二火会5月例会で講演を行いました

     神戸税関姫路税関支署東播磨出張所長は、兵庫県加古川市役所で開催された二火会5月例会で、「税関の役割・業務、東播磨港の概況、密輸等摘発状況」等について講演を行いました。

  • 4月28日(木)神戸税関は田辺高校の生徒を受け入れました

     神戸税関は、和歌山県立田辺高校の生徒77名を受け入れ、税関の仕事や役割について説明するとともに、安易な気持ちで不正薬物を使用しないように訴えました。

  • 4月27日(水)神戸税関総務部長は日本関税協会神戸支部福山協議会で講演を行いました

     神戸税関総務部長は、広島県福山市で開催された日本関税協会神戸支部福山協議会総会で、「最近における関税政策・税関行政について」と題して講演を行いました。

  • 4月26日(火)神戸税関総務部長は日本関税協会神戸支部呉協議会で講演を行いました

     神戸税関総務部長は、広島県呉市で開催された日本関税協会神戸支部呉協議会総会で、「最近における関税政策・税関行政について」と題して講演を行いました。

  • 4月26日(火)広島税関支署は「税関連絡協議会・保税部会合同定期総会」に出席しました

     神戸税関広島税関支署は、「税関連絡協議会・保税部会合同定期総会」に出席し、広島税関連絡協議会会員及び関税協会広島保税部会会員計73名に対し、通関業の現状と通関業法の見直しについて説明を行いました。

  • 4月23日(土)神戸税関長は福山開港50周年記念式典で講演を行いました

     神戸税関長は、広島県福山市で開催された福山開港50周年記念式典で、「クルーズ船の動向について」と題して講演を行いました。

  • 4月22日(金)神戸税関は「輸出入申告官署の自由化・通関業制度の見直しに係る説明会」を開催しました

     神戸税関は、広島港湾合同庁舎内において、輸出入業務に携わる方々に出席いただき「輸出入申告官署の自由化・通関業制度の見直しに係る説明会」を開催しました。

  • 4月22日(金)尼崎税関支署は「業務連絡会」を開催しました

     神戸税関尼崎税関支署は、尼崎通関会総会の後、「業務連絡会」を開催し、通関業内部監査における留意点、通関業制度の見直しについて説明するとともに、伊勢志摩サミットに伴うテロ対策の協力を要請しました。

  • 4月22日(金)六甲アイランド出張所は保税業務説明会を実施しました

     神戸税関六甲アイランド出張所は、ホテルプラザ神戸で開催された「六甲アイランド保税会定時総会」において、説明会を実施しました。説明会では、保税業務に関する留意点等について説明しました。

  • 4月21日(木)福山税関支署は平成28年度関税改正に係る説明会を行いました

     神戸税関福山税関支署は、「平成28年度関税改正説明会」を行い、輸出入業務に携わる方々に出席いただきました。説明会では、各法律の改正事項等について説明しました。

  • 4月21日(木)神戸税関長は日本関税協会神戸支部宇野協議会で講演を行いました

     神戸税関長は、岡山県岡山市で開催された日本関税協会神戸支部宇野協議会総会で、「最近における関税政策・税関行政について」と題して講演を行いました。

  • 4月21日(木)姫路税関支署は平成28年度関税改正に係る説明会を行いました

     神戸税関姫路税関支署は、「平成28年度関税改正説明会」を行い、輸出入業務に携わる方々に出席いただきました。説明会では、各法律の改正事項等について説明しました。

  • 4月21日(木)神戸税関は港中学校の生徒を受け入れました

     神戸税関は、金沢市立港中学校の生徒及び先生計82名を受け入れ、税関の仕事や役割について説明するとともに、安易な気持ちで不正薬物を使用しないように訴えました。

  • 4月20日(水)神戸税関長は日本関税協会神戸支部水島協議会で講演を行いました

     神戸税関長は、岡山県倉敷市で開催された日本関税協会神戸支部水島協議会総会で、「最近における関税政策・税関行政について」と題して講演を行いました。

  • 4月20日(水) 神戸税関は平成28年3月分の貿易統計(速報)を発表しました

     神戸税関は、定例記者発表において、神戸港及び神戸税関管内における平成28年3月分貿易統計(速報)を発表しました。 3月分の神戸港の輸出は、金属加工機械、科学光学機器等が減少し、4,863億円(対前年同月比6.2%減)、輸入は、無機化合物、原動機等が減少し、2,551億円(同4.2%減)となり、差引は2,312億円の輸出超過となりました。  また、特集記事として「デニム」の輸出について発表しました。【報道発表資料】 

  • 4月19日(火)神戸税関長は日本関税協会神戸支部今治協議会で講演を行いました

     神戸税関長は、愛媛県今治市で開催された日本関税協会神戸支部今治協議会総会で、「最近における関税政策・税関行政について」と題して講演を行いました。

  • 4月19日(火)神戸税関は「輸出入申告官署の自由化・通関業制度の見直しに係る説明会」を開催しました

     神戸税関は、神戸税関本関において、「輸出入申告官署の自由化・通関業制度の見直しに係る説明会」を開催し、輸入業務に携わる方々に出席いただきました。説明会では、輸出入申告官署の自由化等について説明しました。

  • 4月18日(月)神戸税関は第3回税関モニター会合を開催しました

     神戸税関は、第3回税関モニター会合を開催し、監視・保税取締、輸出入事後調査、貿易統計、関税技術協力、広報広聴業務について説明しました。また、税関モニターは、麻薬探知犬による貨物検査を視察しました。

  • 4月13日(水)神戸税関長は日本関税協会神戸支部境港協議会で講演を行いました

     神戸税関長は、鳥取県境港市で開催された日本関税協会神戸支部境港協議会総会で、「最近における関税政策・税関行政について」と題して講演を行いました。

  • 4月11日(月)神戸税関総務部長は日本関税協会神戸支部姫路協議会で講演を行いました

     神戸税関総務部長は、兵庫県姫路市で開催された日本関税協会神戸支部姫路協議会総会で、「最近における関税政策・税関行政について」と題して講演を行いました。最後に、伊勢志摩サミット等にかかるテロ水際対策への協力を改めて依頼しました。

  • 4月8日(金)神戸税関長は日本関税協会神戸支部尼崎協議会で講演を行いました

     神戸税関長は、兵庫県尼崎市で開催された日本関税協会神戸支部尼崎協議会総会で、「最近における関税政策・税関行政について」と題して講演を行いました。

  • 4月7日(木)福山税関支署長は福山商工会議所で講演を行いました

     神戸税関福山税関支署長は、福山商工会議所において「女性会」会員を対象に、「福山開港50周年と税関」と題して講演を行いました。

  • 3月30日(水)神戸税関は春休み親子で学ぶ税関教室を開催しました

     神戸税関は、新学期から4〜6年生になる小学生とその保護者を対象に、税関の役割や仕事を楽しく学んでいただこうと「春休み親子で学ぶ税関教室」を開催しました。参加者は、庁舎の探検や麻薬探知犬を使用した模擬検査などの体験をしました。

  • 3月29日(火)神戸税関は平成28年度関税定率法等改正等に関する説明会を開催しました

     神戸税関は、「平成28年度関税定率法等改正等に関する説明会」を開催し、輸入業務に携わる方々に出席いただきました。説明会では、各法律の改正事項等について説明しました。

  • 3月25日(金)岡山空港出張所長は岡山空港運営連絡協議会に出席しました

     神戸税関宇野税関支署岡山空港出張所長は、岡山県岡山空港管理事務所会議室において開催された岡山空港運営連絡協議会に出席し、伊勢志摩サミット及び関係閣僚会合の開催に伴う水際対策の強化について「伊勢志摩サミット等の開催に伴う未然防止にご協力ください」のリーフレットを活用して協力要請を行いました。

  • 3月24日(木)神戸税関は神戸港テロ警戒強化合同出動式を実施しました

     伊勢志摩サミット及び関係閣僚会合の開催を間近に控え、神戸港の水際対策の任に当たる神戸港危機管理コアメンバーが、連携して神戸港からテロに関わるヒト・モノの流入を阻止する決意を表明するテロ警戒強化合同出動式を実施しました。

  • 3月23日(水)水島税関支署は通関連絡会を開催しました

     神戸税関水島税関支署は、水島港湾合同庁舎において、通関連絡会を開催し、輸入業務に携わる方々に出席いただきました。連絡会では、平成28年度関税改正等の説明や伊勢志摩サミット等を控えテロ対策への協力要請を行いました。

  • 3月22日(火)尼崎税関支署は甲子園球場前でキャンペーンを行いました

     神戸税関尼崎税関支署は、西宮地区薬物乱用防止指導員協議会、甲子園警察署、西宮海上保安署などと共同で「薬物乱用防止街頭キャンペーン」を行いました。春の高校野球で賑わう甲子園球場前で税関イメージキャラクター「カスタム君」も参加し、薬物乱用防止について呼びかけました。

  • 3月18日(金)宇和島出張所は宇和島港における港湾保安対策総合訓練に参加しました

     神戸税関松山税関支署宇和島出張所は、宇和島港及び付近海上において宇和島港危機管理コアメンバーによる、宇和島港港湾保安対策総合訓練に参加しました。伊勢志摩サミットを控え、「宇和島港に入港中の客船にテロの恐れがある」と想定した実践的な訓練を実施することにより、警察、海保等の関係機関との連携強化を図りました。

  • 3月18日(金)神戸税関は神戸市立竜が台中学校の生徒を受け入れました

     神戸税関は、午前と午後に神戸市立竜が台中学校の生徒14名を受け入れ、税関の仕事や役割について説明するとともに、安易な気持ちで不正薬物を使用しないように訴えました。

  • 3月17日(木)神戸税関はテロ対策キャンペーンに参加しました

     神戸税関は、神戸ポートターミナルにおいて、神戸港危機管理コアメンバーによるテロ対策キャンペーンに参加し、水際対策の強化を広くアピールしました。

  • 3月17日(木) 神戸税関は平成28年2月分の貿易統計(速報)を発表しました

     神戸税関は平成28年2月分の貿易統計(速報)を発表しました 神戸税関は、定例記者発表において、神戸港及び神戸税関管内における平成28年2月分貿易統計(速報)を発表しました。 2月分の神戸港の輸出は、加熱用・冷却用機器、建設用・鉱山用機械等が増加し、4,326億円(対前年同月比4.4%増)、輸入は、無機化合物、非鉄金属等が減少し、2,383億円(同13.2%減)となり、差引は1,943億円の輸出超過となりました。【報道発表資料】 

  • 3月17日(木)岡山空港出張所は岡山市立旭東中学校で出前講座を実施しました

     神戸税関宇野税関支署岡山空港出張所は、岡山市立旭東中学校の2年生309名を対象に『税関の仕事と不正薬物の恐怖について』をテーマとした出前講座を実施しました。

  • 3月16日(水)浜田税関支署は保税業務等に関する説明会を開催しました

     神戸税関浜田税関支署は、「保税業務説明会及び行政不服審査法の改正に係る説明会」を開催し、日本関税協会神戸支部浜田協議会の会員に対して説明を行うとともに、不審貨物等に対する通報の協力要請やテロ対策強化の協力と情報提供依頼を行いました。

  • 3月16日(水)神戸税関は神戸市立高取台中学校の生徒を受け入れました

     神戸税関は、神戸市立高取台中学校の生徒18名を受け入れ、税関の仕事や役割について説明するとともに、不正薬物を好奇心で使用しないように訴えました。

  • 3月15日(火)神戸税関は神戸市立鵯台中学校の生徒を受け入れました

     神戸税関は、神戸市立鵯台中学校の生徒59名を受け入れ、税関業務や役割を説明するとともに、屋上から神戸港を案内しました。

  • 3月15日(火)神戸税関は神戸市立玉津中学校の生徒を受け入れました

     神戸税関は、神戸市立玉津中学校の生徒81名を受け入れました。生徒は広報展示室を自由に見学し、税関の仕事について学びました。

  • 3月15日(火)神戸税関は神戸市立長峰中学校の生徒を受け入れました

     神戸税関は、神戸市立長峰中学校の生徒40名を受け入れました。生徒は広報展示室を自由に見学し、税関の仕事について学びました。

  • 3月14日(月)坂出税関支署高松出張所は高松港コンテナターミナルにおいてテロ対策訓練を実施しました

     坂出税関支署高松出張所は、高松港コンテナターミナルにおいてテロ対策訓練を実施しました。訓練には、警察、消防、海上保安庁等の関係機関に加え、通関業者等の民間事業者が参加し、伊勢志摩サミット等を控える中、爆発物らしきものを想定した実践的な訓練を実施することにより、テロ発生時の対処体制を確認し連携強化を図りました。

  • 3月12日(土)神戸税関は通常は土日祝閉館している広報展示室と中庭を一般開放しました

     神戸税関は、土日祝日は閉館している神戸税関本関の広報展示室と中庭を開放し、税関OBのボランティアガイドが展示品や庁舎の説明を行いました。

  • 3月10日(木)境税関支署はTPP協定大筋合意の概要に関する説明会を開催しました

     神戸税関境税関支署は、「環太平洋パートナーシップ(TPP)協定大筋合意の概要に関する説明会」を開催し、輸出入業務に携わる方々にご出席いただきました。説明会では、TPP協定における原産地規則(原産地基準・原産地手続き)について説明しました。

  • 3月10日(木)広島税関支署は指定薬物密輸入事件について告発しました

      神戸税関広島税関支署は、中華人民共和国来航空書留郵便物を利用した指定薬物密輸入事件について関税法違反で広島地方検察庁に告発しました。

  • 3月9日(水)境税関支署は米子空港テロ対処訓練に参加しました

      神戸税関境税関支署は、米子空港税関検査場において、美保空港保安委員会事務局及び鳥取県境港警察署主催の米子空港テロ対処訓練に参加しました。伊勢志摩サミットを控え、不審入国者、不審貨物が引き起こすテロを想定し、実践的な訓練を実施することにより、各機関との対処体制を確認するとともに連携強化を図りました。

  • 3月9日(水)東播磨出張所は東播磨港におけるテロ対策合同訓練に参加しました

      神戸税関姫路税関支署東播磨出張所は、東播磨港新島公共埠頭及び付近海上において東播磨港保安委員会によるテロ対策合同訓練に参加しました。伊勢志摩サミットを控え、「テロリストが外貿貨物船に逃げ込んだ」と想定した実践的な訓練を実施することにより、警察、海保等の関係機関との連携強化を図りました。

  • 3月8日(火)神戸税関は新規AEO事業者対して認定書を交付しました

      神戸税関は、AEO事業者(認定通関業者)として認定された、兵機海運株式会社に対して、認定書を交付しました。 AEO制度とは、貨物のセキュリティー管理とコンプライアンス(法令遵守)が優れた事業者を税関が認定することにより、国民生活の安全・安心を確保するとともに、事業者の手続きの簡素化を図ることで、国際競争力の向上を目指すものです。

  • 3月2日(水)小松島税関支署は指定薬物密輸入事件について告発しました

      神戸税関小松島税関支署は、チェコ共和国来書留郵便物を利用した指定薬物密輸入事件について関税法違反で徳島地方検察庁に告発しました。

  • 2月28日(日)松山税関支署はキッズジョブまつやまに参加しました

      神戸税関松山税関支署は、キッズジョブまつやま(子ども職業体験イベント)に参加し、小学3年生から6年生を対象に、金属探知機等による貨物検査体験等を実施しました。

  • 2月26日(金)坂出税関支署は「保税業務説明会」を開催しました

      神戸税関坂出税関支署は、「保税業務説明会」を開催し、日本関税協会神戸支部香川協議会等の保税部会会員約80名に対し、最近の保税業務の動向やサミット開催に向けてテロ対策への協力依頼や情報提供依頼を行いました。

  • 2月26日(金)宇野税関支署は岡山市立桑田中学校で出前授業を実施しました

     神戸税関宇野税関支署は、岡山市立桑田中学校の1、2年生の482名を対象に『税関の仕事と不正薬物の恐ろしさについて』をテーマとした出前授業を実施しました。

  • 2月26日(金)神戸税関は出前授業を行いました

      神戸税関は、神戸市立烏帽子中学校において、1年生41名を対象とした出前授業を行い、税関の業務と役割について説明しました。

  • 2月25日(木)竹原出張所は竹原港テロ対策連絡会議を開催しました

     神戸税関福山税関支署竹原出張所は、電源開発樺|原火力発電所において、竹原警察署及び電源開発樺|原火力発電所と「竹原港テロ対策連絡会議」を開催しました。

  • 2月25日(木)広島税関支署は「保税業務担当者研修会(広島会場)」において講義を行いました

     神戸税関広島税関支署は、日本関税協会神戸支部が主催した「保税業務担当者研修会」に講師として参加し、保税業務を担当している方88名に対して、保税関係法令や非違・事故の具体的な留意点のほか、伊勢志摩サミット及び関係閣僚会合を控えテロに関連した不審貨物に対する情報提供を依頼しました。

  • 2月24日(水)水島税関支署職員は保税業務担当者研修会(水島会場)において講義を行いました

     神戸税関水島税関支署職員は、関税協会神戸支部が主催の保税業務担当者研修会に講師として参加し、研修生88名に対して、保税業務の非違・事故の具体的な事例と留意点の説明やテロに関連した不審貨物に対する情報提供依頼を行いました。

  • 2月23日(火)福山税関支署は出前授業を行いました

      神戸税関福山税関支署は、「私たちの福山港」と題して、福山市立長浜小学校において、6年生32名を対象に出前授業を実施しました。授業では、税関の仕事、福山港の輸出入貨物、貿易船の入港隻数、不正薬物等について説明し、「不正薬物には絶対に手をだしてはダメ!」「誘われても断ろう!」と強く呼びかけました。

  • 2月23日(火)神戸税関は名誉署長(宿毛地区)を再委嘱しました

      神戸税関は、高知県宿毛市において、竹村 建司氏に名誉署長(宿毛地区)を再委嘱しました。今後も、竹村名誉署長には、税関と地域社会との橋渡し役として、密輸取締りに関する情報提供や税関行政への提言などをいただくこととしています。

  • 2月23日(火)新居浜税関支署は出前授業を行いました

      神戸税関新居浜税関支署は、「薬物乱用防止教室」と題して、新居浜市立泉川小学校において、6年生及び教師約80名を対象に出前授業を実施しました。授業では、危険ドラッグを含む不正薬物の種類や薬物乱用による身体への影響について説明したほか、水際で不正薬物等の取締りを行う税関の仕事について紹介しました。

  • 2月22日(月)松山税関支署は指定薬物密輸入事件について告発しました

     神戸税関松山税関支署は、中華人民共和国来国際郵便物を利用した指定薬物密輸入事件にについて関税法違反で松山地方検察庁に告発しました。

  • 2月19日(金)神戸税関は関西学院大学の学生を受け入れました

      神戸税関は、関西学院大学の学生12名を受け入れ、税関業務や役割を説明するとともに、広報展示室を案内しました。

  • 2月18日(木)小松島税関支署長は徳島小松島港振興セミナーにおいて講演を行いました

      神戸税関小松島税関支署長は、徳島小松島港振興協会などが主催する「徳島小松島港振興セミナー」において徳島県の貿易概況について講演を行いました。

  • 2月18日(木) 神戸税関は平成28年1月分の貿易統計(速報)を発表しました

     神戸税関は、定例記者発表において、神戸港及び神戸税関管内における平成28年1月分貿易統計(速報)を発表しました。 1月分の神戸港の輸出は、科学光学機器、原動機等が減少し、3,676億円(対前年同月比14.6%減)、輸入は、非鉄金属、たばこ等が減少し、2,667億円(同9.2%減)となり、差引は1,010億円の輸出超過となりました。また、特集記事として阪神港における『清酒の輸出』と『ワインの輸入』について発表しました。【報道発表資料】 

  • 2月10日(水)  神戸税関職員は「保税業務担当者研修会」において講義を行いました

      神戸税関職員は、2月9日(火)及び10日(水)、日本関税協会神戸支部保税部会及び神戸地区保税会共催の「保税業務担当者研修会」に講師として参加し、研修生計281名に対し、保税関係法令にかかる講義やテロに関連した不審貨物に対する情報提供依頼を行いました。

  • 2月5日(金) 神戸税関は日本知的財産協会に対する説明会を開催しました

      神戸税関は、日本知的財産協会に対する説明会を開催し、税関の水際取締りの実態、輸入差止申立制度と認定手続きについて説明するとともに、庁舎屋上や広報展示室を案内しました。

  • 2月5日(金)  神戸税関は外国税関職員を対象とした研修を実施しました

      神戸税関は、1月25日(月)から2月5日(金)にかけて、JICA(独立行政法人国際協力機構)との連携により外国税関職員(6か国9名)を対象とした研修を実施し、税関行政全般について講義やディスカッションを行いました。

  • 2月4日(木) 福山税関支署は爆発物発見時における初動訓練を実施しました

      神戸税関福山税関支署は、税関、警察及びCY現場従業者等の官民合同による商業貨物からの爆発物発見時における初動訓練を実施し、爆発物等テロ関連物品発見時における通報体制及び初動対応要領の確認ができました。

  • 2月4日(木)  境税関支署は貿易概況(速報)に係る説明会を実施しました

      神戸税関境税関支署は、日本関税協会神戸支部境港協議会の会員に対し、平成27年分の境支署管内貿易概況(速報)に係る説明会を実施しました。また、本年は、伊勢志摩サミット及びサミットに係る関係閣僚会議が、中国地方で開催されることを説明し、テロを防止するため、不審取引や不審貨物に関する情報提供を呼びかけました。

  • 2月4日(木)  神戸税関は神戸ポートターミナルにおけるテロ対策訓練に参加しました

      神戸税関は、神戸ポートターミナルにおいて神戸港危機管理コアメンバーによるテロ対策訓練に参加しました。伊勢志摩サミットを控え、入管、警察等取締関係機関と連携した不審入国者、不審貨物を想定した実践的な訓練を実施することにより、各機関の対処体制を確認するとともに連携強化を図りました。

  • 2月3日(水)  神戸税関は望海中学校の生徒を受け入れました

      神戸税関は、午前2回、午後1回の3回に分けて兵庫県明石市立望海中学校の生徒75名を受け入れ、税関の業務や役割を説明するとともに、不正薬物の恐ろしさを説明しました。

  • 1月29日(金)  新居浜税関支署は出前授業を行いました

     神戸税関新居浜税関支署は、「薬物乱用防止教室」と題して、新居浜市立金栄小学校において、6年生及び教師約60名を対象に出前授業を実施しました。授業では、危険ドラッグを含む不正薬物の種類や薬物乱用による身体への影響について説明したほか、水際で不正薬物等の取締りを行う税関の仕事について紹介しました。

  • 1月26日(火)  神戸税関職員は神戸大学経済学部において講義を行いました

     神戸税関職員は、神戸大学経済学部において、『講座総括及び神戸大学卒業生体験談』と題した14回目の講義を行いました。

  • 1月25日(月) 神戸税関は平成27年12月分・平成27年分の貿易統計(速報)を発表しました

    神戸税関は、定例記者発表において、神戸港及び神戸税関管内における平成27年12月分・平成27年分の貿易統計(速報)を発表しました。 12月分の神戸港の輸出は、建設用・鉱山用機械、原動機等が減少し、4,991億円(対前年同月比8.0%減)、輸入は、無機化合物、非鉄金属等が減少し、2,586億円(同3.0%減)となり、差引は2,405億円の輸出超過となりました。また、平成27年分の神戸港の輸出は、食料品、電気計測機器等が増加し、5兆5,511億円(対前年比1.2%増)、輸入は、無機化合物、医薬品等が増加し、3兆2,653億円(同3.9%増)となり、差引は2兆2,858億円の輸出超過となりました。【報道発表資料】 

  • 1月22日(金)  神戸税関は第2回神戸税関モニター会合を開催しました

     神戸税関は、平成27事務年度第2回神戸税関モニター会合を開催し、輸出入通関業務、知的財産侵害物品の概要、認定事業者制度、事前教示制度等を説明しました。神戸税関モニターは、大型X線検査センターの視察を行いました。

  • 1月21日(木)  神戸税関は市川中学校の生徒を受け入れました

     神戸税関は、兵庫県神崎郡市川町立市川中学校の生徒21名を受け入れ、税関の業務や役割を説明するとともに、不正薬物や危険ドラッグを好奇心や安易な気持ちで使用しないように訴えました。

  • 1月19日(火)  神戸税関職員は神戸大学経済学部において講義を行いました

     神戸税関職員は、神戸大学経済学部において、『我が国の高度成長を支えた神戸港の現状と課題』と題した13回目の講義を行いました。

  • 1月19日(火)  神戸税関は兵庫県警専科研修生13名を受け入れました

     神戸税関は、兵庫県警専科研修生13名を受け入れ、広報展示室を案内するとともに、輸出入通関、ワシントン条約・バーゼル条約や知的財産侵害物品の水際における取締状況を説明しました。 

  • 1月15日(金) 姫路税関支署は御国野小学校で出前授業を実施しました

     神戸税関姫路税関支署は、姫路市立御国野小学校において、6年生児童105名を対象に『税関の仕事と薬物の乱用防止』をテーマとした出前授業を行いました。

  • 1月12日(火) 水島税関支署はナイジェリア人乗組員の携帯品から覚醒剤を告発しました

     神戸税関水島税関支署は、外国貿易船のナイジェリア人乗組員が所持していたリュックサック内から覚醒剤5,973グラム(岡山県では過去最高の押収量)を発見・摘発し、1月12日(火)、関税法違反で岡山地方検察庁に告発しました。

  • 1月12日(火) 財務省関税局関税課課長補佐は神戸大学経済学部において講義を行いました

     財務省関税局関税課課長補佐は、神戸大学経済学部において、『貿易救済措置』と題した12回目の講義を行いました。


平成27年の神戸税関の動き

平成26年の神戸税関の動き

平成25年の神戸税関の動き

平成24年の神戸税関の動き

平成23年以前の神戸税関の動き