全国の税関
  • 函館
  • 東京
  • 横浜
  • 名古屋
  • 大阪
  • 神戸
  • 門司
  • 長崎
  • 沖縄
現在位置:
ホーム > 神戸税関 > 神戸税関の動き(平成26年)

神戸税関の動き(平成26年)

 神戸税関は、秩序ある貿易の維持と発展、社会の安全・安心を守るため地域と共に考え、共に歩む税関行政を推進しています。神戸税関の取組みをご紹介します。


  • 12月26日(金) 神戸税関はラジオ番組に生出演しました

     神戸税関はラジオ関西の番組に生出演しました。震災20年の特集の一つとして、神戸税関が12月に発表した「阪神淡路大震災から20年(神戸港の貿易)」について、説明しました。

  • 12月24日(水) 神戸税関は大阪産業大学生を受け入れました

     神戸税関は、大阪産業大学生を受け入れ、税関業務や役割、神戸税関庁舎の歴史などを説明するとともに、屋上から神戸港を見学しました。

  • 12月22日(月) 宇野税関支署と片上出張所は、備前市立日生中学校で出前授業を実施しました

     神戸税関宇野税関支署と片上出張所は、備前市立日生中学校の3年生58名を対象に『税関の仕事と不正薬物の恐怖』をテーマとした出前授業を実施しました。授業では、岡山県における不正薬物の摘発状況等を交え、薬物乱用が生み出す問題・犯罪事例、また、最近若者の間で蔓延しており深刻な社会問題となっている危険ドラッグの実態について紹介し「薬物は絶対に使ってはいけない!」「万が一誘いを受けるようなことがあっても勇気を持って断りましょう!」等強く呼び掛けました。

  • 12月22日(月) 神戸税関岡山空港出張所は、岡山市立上道中学校で出前講座を実施しました

     神戸税関宇野税関支署岡山空港出張所は、岡山市立上道中学校の2年生145名を対象に『税関の仕事について』と『不正薬物の恐怖について』をテーマとした出前講座を実施しました。

  • 12月19日(金) 岡山空港出張所は、岡山市立吉備中学校で出前講座を実施しました

     神戸税関宇野税関支署岡山空港出張所は、岡山市立吉備中学校の2年生312名を対象に『税関の仕事と不正薬物の恐怖について』をテーマとした出前講座を実施しました。

  • 12月17日(水) 神戸税関は平成26年11月分の貿易統計(速報)を発表しました
  •  神戸税関は、定例記者発表において、神戸港及び神戸税関管内における平成26年11月分の貿易統計(速報)を発表しました。 11月分の神戸港の輸出は、科学光学機器、原動機等が増加し、4,553億円(対前年同月比6.1%増)、輸入は、輸送用機器、無機化合物等が増加し、2,639億円(同5.6%増)となり、差引は1,914億円の輸出超過となりました。また、特集記事として「神戸港の貿易〜阪神・淡路大震災から20年〜」について発表しました。【報道発表資料】

  • 12月16日(火) 神戸税関は神戸大学経済学部において講義を行いました

     12月16日(火)、神戸大学経済学部において、『関税・税関行政と経済〜今、“関税”・“税関”に起きていること〜』と題した11回目の講義を行いました。今回は、神戸税関PI出張所総務課長が『我が国の高度成長を支えた神戸港の現状と課題』と題して講義をしました。

  • 12月16日(火) 宇野税関支署は、玉野市立宇野中学校で出前授業を実施しました

     神戸税関宇野税関支署は、玉野市立宇野中学校の2、3年生260名を対象に『税関の仕事と不正薬物の恐怖について』をテーマとした出前授業を実施しました。授業では、岡山県における不正薬物の摘発状況等を交え、税関の役割や仕事内容について説明するとともに、近年大きなニュースとなっている危険ドラッグや不正薬物等の乱用が生み出す問題を紹介して「薬物は絶対に使ってはいけない!」と強く呼び掛けました。

  • 12月16日(火) 広島税関支署広島空港出張所は東広島市立高屋中学校の校外学習生を受け入れました

     神戸税関広島税関支署広島空港出張所は、東広島市立高屋中学校1年生76名及び引率教師4名を受け入れ、水際で不正薬物などを取締る税関の取組みや、覚醒剤などの薬物乱用の恐ろしさについて説明した後、固定式X線検査装置による模擬検査を体験してもらいました。

  • 12月15日(月) 水島税関支署は三機関合同出陣式を行いました

     神戸税関水島税関支署は、年末特別警戒は、年末に密輸事犯の増加が懸念されることから、水際取締りを強化するもので、12月8日から17日までの間実施されます。12月15日に海上保安部及び警察と「三機関合同出陣式」を行いました。

  • 12月12日(金)神戸税関は福山市にてEPA(経済連携協定)活用セミナーを開催しました

     神戸税関は、福山商工会議所において、中国財務局、広島県商工会議所連合会、福山商工会議所及びジェトロ広島貿易情報センターとともに「EPA(経済連携協定)活用セミナー」を開催し、輸出入関連企業等から65名の方々に出席いただきました。セミナーでは、当関から「日本の経済連携協定(EPA)の概要について [PDF;2,919KB]」及び「EPAの原産地規則について [PDF;2,129KB]」の説明を行ったほか、ジェトロから「輸出企業のEPA活用事例について」、商工会議所から「EPA特定原産地証明書の取得・活用の実際と留意点 」の説明が行われました。

  • 12月11日(木)神戸税関は第1回神戸税関海上物流懇談会を開催しました

     神戸税関は、平成26年12月11日(木)、本関において第1回神戸税関海上物流懇談会を開催し、海上物流の円滑化について、貿易港湾関係業界と意見交換を行いました。

  • 12月10日(水) 神戸税関は京都産業大学生を受け入れました

     神戸税関は、京都産業大学生を受け入れ、税関業務や役割、神戸税関庁舎の歴史などを説明するとともに、屋上から神戸港を見学しました。

  • 12月10日(水) 姫路税関支署は年末特別警戒を実施します

     神戸税関姫路税関支署は、12月8日から17日までの間、「年末特別警戒」を実施します。年末特別警戒は、年末に密輸事犯の増加が懸念されることから、不正薬物等社会悪物品などの水際取締りを強化するもので、10日に海上保安部・警察・入国管理局・姫路港管理事務所と「合同出陣式」を行いました。

  • 12月9日(火)神戸税関は神戸大学経済学部において講義を行いました
  •  12月9日(火)、神戸大学経済学部において、『関税・税関行政と経済〜今、“関税”・“税関”に起きていること〜』と題した10回目の講義を行いました。今回は、神戸税関総務部人事課長が『税関行政W(国民生活の安全・安心のために−覚醒剤・拳銃等の密輸の水際取締最前線−)』と題して講義をしました。

  • 12月9日(火) 神戸税関は日豪EPAに係る説明会を開催しました

     神戸税関は、日豪EPA(経済連携協定)に係る説明会を12月8日神戸税関本関、12月9日水島港湾合同庁舎及び坂出港湾合同庁舎において開催しました。新たな原産地手続きである自己申告制度や飼料用麦の承認工場制度の導入等に関する説明が行われました。通関業者、輸出入者及び飼料製造業者等から神戸会場158名、水島会場48名、坂出会場28名の出席がありました。

  • 12月9日(火) 広島税関支署広島空港出張所は東広島市立黒瀬中学校の校外学習生を受け入れました

     神戸税関広島税関支署広島空港出張所は、東広島市立黒瀬中学校2年生39名を受け入れ、水際で不正薬物などを取締る税関の取組みや、覚醒剤などの薬物乱用の恐ろしさについて説明した後、固定式X線検査装置による模擬検査体験を実施しました。

  • 12月8日(月) 神戸税関は年末特別警戒を実施します

     神戸税関は、12月8日から17日までの間、「年末特別警戒」を実施します。年末特別警戒は、年末に密輸事犯の増加が懸念されることから、不正薬物等社会悪物品などの水際取締りを強化するもので、期間初日となる8日に出陣式と税関長による現場視察を行いました。

  • 12月7日(日)松山税関支署はカルスポキッズジョブ2014に参加しました

     神戸税関松山税関支署は、カルスポキッズジョブ2014(子ども職業体験イベント)に参加し、小学3年生から5年生を対象に、金属探知機等による貨物検査体験等を実施しました。

  • 12月3日(水)水島税関支署は倉敷市立船穂中学校で出前授業を行いました

     神戸税関水島税関支署は、倉敷市立船穂中学校で全校生徒207名を対象に出前授業を行い、税関の仕事や薬物乱用の恐ろしさについて説明しました。

  • 12月2日 神戸税関はラオス税関職員の受入れを実施しました
  •  神戸税関は、12月1日(月)及び2日(火)の2日間、我が国の税関研修制度を学びに来日したラオス税関職員10名に対し、神戸税関における研修の概要について講義を実施しました。関税技術協力とは、ODA(政府開発援助)の一環として、開発途上国の税関を対象として実施する技術協力のことです。

  • 12月2日(火)神戸税関は神戸大学経済学部において講義を行いました

     12月2日(火)、神戸大学経済学部において、『関税・税関行政と経済〜今、“関税”・“税関”に起きていること〜』と題した9回目の講義を行いました。今回は、神戸税関監視部統括監視官が『税関行政V(貿易円滑化−今求められる官民パートナーシップ−)』と題して講義をしました。

  • 12月2日(火)高知税関支署は須崎港・高知港合同テロ対策訓練に参加しました

     神戸税関高知税関支署は、須崎港大峰公共岸壁及びその周辺海域で実施された合同テロ対策訓練に参加し、危機管理コアメンバーを含む計9機関の相互連携と危機管理体制の一層の強化を図りました。

  • 11月30日(日) 境税関支署は税関業務見学会を行いました
  •  神戸税関境税関支署はカスタムちゃんとともに、米子空港において米子法人会が主催する職場体験『「税関のしごと」と「税のしくみ」』と題して、小学校高学年の生徒とその保護者を対象として、税関業務の説明や固定式X線検査装置を使用した模擬入国検査体験などを行いました。

  • 11月30日(日) 姫路税関支署東播磨出張所は街頭キャンペーンを行いました
  •  神戸税関姫路税関支署東播磨出張所は、加古川市内で開催された薬物乱用防止対策街頭キャンペーンにカスタム君とともに参加しました。キャンペーンではチラシ等を配布し、他機関とともに多くの市民に情報提供や麻薬撲滅を呼びかけました。

  • 11月28日(金) 神戸税関は養父市立建屋小学校の校外学習を受け入れました
  •  神戸税関は、養父市立建屋小学校の5年生10名を受け入れ、税関業務や役割、神戸税関庁舎の歴史などについて説明したほか、広報展示室の見学案内を行いました。

  • 11月26日(水) 広島税関支署は神戸税関密輸出入取締対策広島地区協議会を開催しました
  •  神戸税関広島税関支署は広島港湾合同庁舎において「神戸税関密輸出入取締対策広島地区協議会」を開催しました。 同協議会には、広島地方検察庁をはじめ、広島県内に所在する8関係機関が参加し、各機関との水際での取締りについて意見交換が行われました。

  • 11月26日(水)坂出税関支署高松出張所は、高松港保安対策総合訓練に参加しました
  •  神戸税関坂出税関支署高松出張所は、高松港朝日地区耐震強化岸壁(−12m)で実施された高松港保安対策総合訓練(13機関約120名)に参加し、港湾危機管理に従事する各関係機関がテロ水際対策について、実動における連携を検証することを通じて、高松港の危機管理体制の強化を図りました。

  • 11月25日(火)神戸税関は神戸大学経済学部において講義を行いました
  •  11月25日(火)、神戸大学経済学部において、『関税・税関行政と経済〜今、“関税”・“税関”に起きていること〜』と題した8回目の講義を行いました。今回は、神戸税関監視部統括監視官が『税関行政U(適正・公平な関税等の賦課・徴収−関税決定のプロセス−)』と題して講義をしました。

  • 11月25日(火)境税関支署は密輸出入取締対策鳥取地区協議会を開催しました
  •  神戸税関境税関支署は、密輸出入取締対策鳥取地区協議会を開催しました。同協議会には、検察庁、警察、海上保安部及び入国管理局の長・実務責任者ら約20名が出席し、近年ますます組織化・悪質巧妙化している覚醒剤・拳銃等の密輸入に対する取締りについて、相互に意見交換を行い、今後の具体的方策について協議しました。

  • 11月20日(木) 水島税関支署は「チャレンジワーク14」参加の中学生を受け入れました
  • 神戸税関水島税関支署は、倉敷市教育委員会が中学2年生を対象に行っている職場体験「チャレンジワーク14」参加の中学生10名を受け入れました。生徒達は、輸入貨物検査、麻薬探知犬訓練、移動式エックス線車を用いた模擬貨物検査、海上巡回などを体験しました。

  • 11月20日(木) 神戸税関は平成26年10月分の貿易統計(速報)を発表しました
  •  神戸税関は、定例記者発表において、神戸港及び神戸税関管内における平成26年10月分の貿易統計(速報)を発表しました。 10月分の神戸港の輸出は、科学光学機器、建設用・鉱山用機械等が増加し、5,039億円(対前年同月比11.8%増)、輸入は、輸送用機器、有機化合物等が増加し、2,828億円(同6.9%増)となり、差引は2,212億円の輸出超過となりました。【報道発表資料】

  • 11月19日(水) 水島税関支署と宇野税関支署は密輸出入取締対策岡山地区協議会を開催しました
  • 神戸税関水島税関支署と宇野税関支署は、密輸出入取締対策岡山地区協議会を開催しました。同協議会には、岡山地方検察庁、岡山県警察、水島海上保安部、玉野海上保安部、岡山県保健福祉部、入国管理局等、8機関40名が出席し、各取締機関における水際取締、薬物・銃器等の情勢について意見交換を行いました。

  • 11月19日(水) 広島税関支署は広島港テロ対策合同訓練に参加しました
  • 神戸税関広島税関支署は、広島港外貿埠頭及びその周辺海域で実施されたテロ対策合同訓練(8機関107名)に参加し、テロリストの上陸を想定した実働訓練を行うことによって、港湾危機管理に従事する各関係機関との連携及び危機管理体制の強化を図りました。

  • 11月19日(水) 神戸税関は室戸市立吉良川小学校の校外学習を受け入れました
  •  神戸税関は、室戸市立吉良川小学校の6年生12名を受け入れ、税関業務や役割、神戸税関庁舎の歴史などについて説明したほか、広報展示室の見学案内を行いました。

  • 11月18日(火) 坂出税関支署は密輸出入取締対策香川地区協議会を開催しました
  •  神戸税関坂出税関支署は、密輸出入対策会議香川地区協議会を開催しました。同協議会には、検察庁、警察、海上保安部、国税、入管、麻薬取締部、公安調査局の19機関の長・実務責任者ら30名が出席し、近年、密輸形態が悪質・組織化し、地方港や地方空港などに広域・拡散化している覚醒剤・拳銃等の密輸入に対する取締について、相互に意見交換を行い、今後の具体的方策について協議しました。

  • 11月18日(火)境税関支署西郷監視署は出前授業を行いました
  •  神戸税関境税関支署西郷監視署は、島根県立隠岐島前高等学校において、全校生徒約160名を対象に、島根県浦郷警察署と合同で、「薬物乱用防止教育」と題して出前授業を実施しました。授業では、税関の業務や役割について説明したほか、輸入してはならない貨物や海外旅行の際の注意事項について説明しました。

  • 11月18日(火) 神戸税関は神戸大学経済学部において講義を行いました
  •  11月18日(火)、神戸大学経済学部において、『関税・税関行政と経済〜今、“関税”・“税関”に起きていること〜』と題した7回目の講義を行いました。今回は、神戸税関監視部統括監視官が『税関行政X(国民生活の安全・安心のために−知的財産権保護や環境問題等への対応−)』と題して講義をしました。

  • 11月17日(月) 今治税関支署はテロ対策合同訓練に参加しました
  •  神戸税関今治税関支署は、今治港富田埠頭で実施された今治港テロ対策合同訓練に参加し、今治海上保安部や今治警察署等の取締り関係機関とともに、テロ発生時における対応及び連携を再確認することで今治港の危機管理体制の強化を図りました。

  • 11月16日(日) 神戸税関は「神戸税関庁舎特別公開オープンカスタムス2014」を開催しました
  •   神戸税関は、本関庁舎において市民の皆様に税関をより身近に感じていただくための税関記念日関連行事として、恒例の「神戸税関庁舎特別公開オープンカスタムス2014」を開催しました。今年は16回目の開催となり、旧税関長室(もと貴賓室)の公開、ホールコンサート、麻薬探知犬によるデモンストレーションなどの催しを行い、約2,200人が訪れ、神戸税関をPRすることができました

  • 11月14日(金) 小松島税関支署は平成26年度神戸税関密輸出入取締対策徳島地区協議会を開催しました
  •  神戸税関小松島税関支署は、密輸出入取締対策徳島地区協議会を開催しました。協議会には、徳島地方検察庁、徳島県警察本部、徳島海上保安部、四国厚生支局麻薬取締部、高松入国管理局小松島港出張所等から21名が出席し、近年ますます組織化・巧妙化している覚醒剤等の密輸入に対する取締りについて、相互に意見交換を行い、今後の具体的方策について協議しました。

  • 11月14日(金) 世界税関機構事務総局長 御厨邦雄氏が講演しました
  •   我が国の世界税関機構加入50周年記念講演として、神戸大学出光佐三記念六甲台講堂において、世界税関機構事務総局長 御厨邦雄氏が「国際機関から見た世界と日本〜世界税関機構(WCO)のトップとして〜」と題し講演を行いました。

  • 11月14日(金) 水島税関支署長は倉敷南ロータリークラブの定例会で講演を行いました
  •  神戸税関水島税関支署長は、倉敷南ロータリークラブの定例会で、「密輸阻止−市民生活の安全・安心を守る−」と題して講演を行いました。

  • 11月12日(水) 宇野税関支署は、岡山市立芳田中学校で出前講座を実施しました
  •   神戸税関宇野税関支署は、岡山市立芳田中学校の3年生182名を対象に『税関の仕事と不正薬物の恐怖について』をテーマとした出前講座を実施しました。

  • 11月11日(火) 神戸税関は第67回密輸出入取締対策兵庫地区協議会を開催しました
  •  神戸税関は、密輸出入取締対策兵庫地区協議会を開催しました。同協議会には、検察庁、警察、海上保安部、麻薬取締部等の長・実務責任者ら約50名が出席し、近年ますます組織化・悪質巧妙化している覚醒剤・拳銃等の密輸入に対する取締りについて、相互に意見交換を行い、今後の具体的方策について協議しました。同協議会は、今後各地区(徳島、香川、岡山、鳥取、広島)でも順次開催する予定です。

  • 11月11日(火) 水島税関支署は水島港テロ対策合同訓練に参加しました
  •  神戸税関水島税関支署は、水島港西公共埠頭及びその沖合海域で実施された水島港保安委員会メンバー計8機関によるテロ対策合同訓練に参加し、関係機関の連携強化と事案対処能力の向上を図りました。

  • 11月11日(火)神戸税関は神戸大学経済学部において講義を行いました
  •  11月11日(火)、神戸大学経済学部において、『関税・税関行政と経済〜今、“関税”・“税関”に起きていること〜』と題した6回目の講義を行いました。今回は、神戸税関調査部情報管理室長が『税関行政T(国際物流・経済活動の関所)』と題して講義をしました。

  • 11月11日(火) 神戸税関は「トライやる・ウィーク」参加中学生を受け入れました
  •  神戸税関は、11月10日と11日の2日間、兵庫県教育委員会が中学2年生を対象に行っている職業体験活動週間「トライやる・ウィーク」で中学生12名を受け入れました。生徒達は、麻薬探知犬の訓練業務補助、X線検査装置を使用した貨物の模擬検査、海上巡回、冷凍倉庫内に保管されている貨物の確認、分析業務などを体験しました。

  • 11月10日(月) 坂出税関支署は丸亀市立栗熊小学校で出前授業を行いました
  •  神戸税関坂出税関支署は、丸亀市立栗熊小学校6年生31名を対象に出前授業を行い、薬物や危険ドラッグの恐ろしさなどについて説明し、好奇心や安易な気持ちで絶対に使用してはいけないと強く訴えたほか、密輸の取締りなどを幅広く行う税関の仕事と役割を紹介しました。

  • 11月8日(土) 神戸税関は麻薬・覚醒剤乱用防止運動における啓発活動を実施しました
  •  神戸税関は、兵庫県が主催する麻薬・覚醒剤乱用防止運動に参加し、JR住吉駅等において、兵庫県民局、神戸税関等取締機関とともに麻薬等乱用防止キャンペーンを行い、カスタム君も参加して薬物根絶や情報提供を呼び掛けました。

  • 11月6日(木) 神戸税関はカンボジア税関職員の受入れを実施しました
  •  神戸税関は、11月4日(火)から6日(木)までの間、関税技術協力として関税評価研修に参加するカンボジア税関職員12名に対し、関税評価制度に関する事例研究や税関内各部門間の連携等についての講義を実施しました。関税技術協力とは、ODA(政府開発援助)の一環として、開発途上国の税関を対象として実施する技術協力のことです。

  • 11月6日(木) 水島税関支署は倉敷市立味野中学校で出前授業を行いました
  •  神戸税関水島税関支署は、倉敷市立味野中学校で1年生149名を対象に出前授業を行い、税関の仕事や薬物乱用の恐ろしさについて説明しました。

  • 11月4日(火) 呉税関支署は呉港保安対策総合訓練に参加しました
  •  神戸税関呉税関支署は、呉港川原石南ふ頭及び前面海域で実施された保安対策総合訓練に参加し、国際港湾である呉港において港湾危機管理に従事する関係機関がテロ対策について確認するとともに、実働における連携、対応状況を検証することを通じて、事案対処能力の向上を図りました。

  • 11月4日(火) 神戸税関は神戸大学経済学部において講義を行いました
  •  11月4日(火)、神戸大学経済学部において、『関税・税関行政と経済〜今、“関税”・“税関”に起きていること〜』と題した5回目の講義を行いました。今回は、関税局第一参事官室関税地域協力室長が『関税をめぐる国際的な動向U(EPA、FTA)』と題して講義をしました。

  • 11月4日(火) 神戸税関は兵庫県編集部会委員に対する税関業務説明会を開催しました
  •  神戸税関は、兵庫県所在の報道機関の支局長等で構成される兵庫県編集部会に対して『税関業務説明会』を開催し、広報展示室等庁舎の視察、麻薬探知犬管理センターにおける麻薬探知犬の訓練状況の視察、税関業務の説明を行いました。

  • 11月3日(月) 小松島税関支署は密輸撲滅キャンペーンを行いました
  •  神戸税関小松島税関支署は、「こまつしま・はちはち狸まつり」において、密輸撲滅キャンペーンを行いました。カスタム君の登場にあわせ、税関の紹介やPRを行い、社会悪物品等の密輸防止や情報提供の協力を呼びかけました。

  • 10月31日(金) 小松島税関支署はみはらしの丘「あいさい広場」で街頭キャンペーンを行いました。
  •  神戸税関小松島税関支署は、「薬物及び銃器取締強化期間」に伴い、みはらしの丘「あいさい広場」で、徳島県警察、徳島海上保安部と合同で街頭キャンペーンを行い、不正薬物や拳銃などの密輸防止や情報提供の協力を呼びかけました。

  • 10月30日(木) 境税関支署は保管紙幣等の公開展示を行いました
  •  神戸税関境税関支署は、境港市の協力を得て、境港市戦没者追悼式の参列者の方を対象に保管紙幣等の公開展示を行いました。 同公開展示は、未だ返還されないまま保管している多数の通貨・証券等のことについてより多くの方々に知っていただき、より一層の返還促進を図る目的で行いました。【通貨・証券などの返還】

  • 10月30日(木) 神戸税関は大阪産業大学生を受け入れました
  •  神戸税関は、大阪産業大学生を受け入れ、税関業務や役割、神戸税関庁舎の歴史などを説明するとともに、屋上から神戸港を見学しました。

  • 10月29日(水) 神戸税関は第1回神戸税関モニター会合を開催しました
  •  神戸税関は、平成26事務年度神戸税関モニターを7名の方に委嘱し、神戸税関の概況を説明するとともに、広報展示室等庁舎を視察した後、監視艇による神戸港内視察を行いました。

  • 10月29日(水) 水島税関支署は倉敷市立真備中学校で出前授業を行いました
  •  神戸税関水島税関支署は、倉敷市立真備中学校で全校生徒299名を対象に出前授業を行い、税関の仕事や薬物乱用の恐ろしさについて説明しました。

  • 10月28日(火) 神戸税関は神戸大学経済学部において講義を行いました
  •  10月28日(火)、神戸大学経済学部において、『関税・税関行政と経済〜今、“関税”・“税関”に起きていること〜』と題した4回目の講義を行いました。今回は、関税局第一参事官室世界貿易機関専門官が『関税をめぐる国際的な動向T(GATT、WTO)』と題して講義をしました。

  • 10月26日(日) 宇野税関支署は道の駅「みやま公園」で街頭キャンペーンを行いました
  •  神戸税関宇野税関支署は、「薬物及び銃器取締強化期間(10月1日〜31日)」に伴い、道の駅「みやま公園」で、警察、海上保安部と合同で街頭キャンペーンを行い、不正薬物や拳銃などの密輸防止や情報提供の協力を呼びかけました。

  • 10月22日(水) 神戸税関は平成26年9月分の貿易統計(速報)を発表しました
  •  神戸税関は、定例記者発表において、神戸港及び神戸税関管内における平成26年9月分の貿易統計(速報)を発表しました。 9月分の神戸港の輸出は、建設用・鉱山用機械、科学光学機器等が増加し、4,483億円(対前年同月比2.3%増)、輸入は、がん具及び遊戯用具、衣類及び同付属品等が増加し、2,665億円(同2.5%増)となり、差引は1,818億円の輸出超過となりました。また、特集記事として、「球根」の輸入について発表しました。【報道発表資料】

  • 10月21日(火) 広島空港出張所は「インターンシップ」参加の中学生を受け入れました
  •  神戸税関広島税関支署広島空港出張所は、如水館中学校3年生のインターンシップ生13名を受入れました。生徒たちに対して、不正薬物・銃器等を水際で取り締る税関の役割りを説明後、固定式X線検査装置による模擬検査を体験してもらいました。

  • 10月21日(火) 呉税関支署はJR呉前で密輸防止街頭キャンペーンを実施しました
  •  神戸税関呉税関支署は、JR呉駅前において、呉警察署・呉海上保安部の3機関合同で街頭キャンペーンを行い、薬物、銃器等の密輸防止及び情報提供を呼び掛けました。

  • 10月21日(火) 神戸税関は神戸大学経済学部において講義を行いました
  •  10月21日(火)、神戸大学経済学部において、『関税・税関行政と経済〜今、“関税”・“税関”に起きていること〜』と題した3回目の講義を行いました。今回は、関税局関税課企画第一係長が『貿易救済措置』と題して講義をしました。

  • 10月19日(日) 境税関支署はJR境港駅周辺で街頭キャンペーンを行いました
  •  神戸税関境税関支署は、「薬物及び銃器取締強化期間(10月1日〜31日)」に伴い、JR境港駅周辺で境港警察署と神戸通関業会との合同で街頭キャンペーンを行い、不正薬物や拳銃などの密輸防止や情報提供の協力を呼びかけました。

  • 10月19日(日) 広島空港出張所は密輸防止キャンペーンを実施しました
  •  神戸税関広島税関支署広島空港出張所は、広島空港ターミナルで開催された「ひろしま空の日2014ふれあい秋まつり」において、麻薬探知犬によるデモンストレーション及びカスタム君による街頭キャンペーンを実施し、不正薬物・銃器等の密輸防止や情報提供の協力を市民の方々に呼びかけました。

  • 10月19日(日) 宇和島出張所は吉田町で密輸撲滅キャンペーンを実施しました
  •  松山税関支署宇和島出張所は、『薬物及び銃器取締強化期間』に伴い、宇和島市吉田町の産業祭『きなはいや吉田三万石』会場内において、海上保安部、警察、保健所等と合同で、密輸撲滅キャンペーンを行い、不正薬物や拳銃などの密輸防止や情報提供の協力を呼びかけました。

  • 10月17日(金) 神戸税関はEPA(経済連携協定)活用セミナーを開催しました
  •  神戸税関は、近畿財務局、神戸商工会議所及びジェトロ神戸事務所とともに「EPA(経済連携協定)活用セミナー」を開催し、輸出入関連企業等から84名の方々に出席いただきました。セミナーでは、当関から「我が国のEPAの概要について [PDF;2,208KB]」、「日豪EPAにおける新たな原産地手続[PDF;529KB]」及び「EPAの原産地規則について [PDF;2,091KB]」の説明を行ったほか、ジェトロから「輸出企業のEPA活用事例について」、神戸商工会議所から「EPA特定原産地証明書:発給手続きと留意点 [PDF;1,686KB]」及び近畿財務局神戸財務事務所から「財務局からのお知らせ」の説明が行われました。

  • 10月17日(金) 尼崎税関支署は尼崎市立尼崎高等学校で出前授業を行いました
  •  神戸税関尼崎税関支署は、尼崎市立尼崎高等学校において2年生315名を対象に出前授業を実施しました。授業では、危険ドラッグ及び不正薬物の危険性や薬物乱用の現状などについて説明したほか、水際で不正薬物等の取締りを行う税関の役割と取組みを紹介しました。さらに、海外へ修学旅行が予定されていることから海外旅行時の注意点についても説明しました。

  • 10月17日(金) 尾道糸崎出張所は尾道市立長江中学校で出前授業を行いました
  •  神戸税関福山税関支署尾道糸崎出張所は、尾道市立長江中学校の全校生徒268名を対象に出前授業を実施しました。授業では、薬物乱用の防止及び不正薬物の密輸阻止の状況について説明しました。最後に、生徒全員で「ダメ。ゼッタイ。」を宣誓しました。

  • 10月15日(水) 尾道糸崎出張所はJR三原駅で街頭キャンペーンを行いました
  •  神戸税関福山税関支署尾道糸崎出張所は、「薬物及び銃器取締強化期間(10月1日〜31日)」に伴い、JR三原駅で、警察、海上保安部及び東部保健所と合同でキャンペーンを行い、市民の方々へ不正薬物や拳銃などの密輸防止や情報提供の協力を呼びかけました。

  • 10月15日(水) 坂出税関支署はJR坂出駅前で街頭キャンペーンを行いました
  •  神戸税関坂出税関支署は、「薬物及び銃器取締強化期間(10月1日〜31日)」に伴い、JR坂出駅前で坂出海上保安署、坂出警察署、坂出市、中讃保健所薬物乱用防止対策連絡協議会、神戸通関業会と合同で、街頭キャンペーンを行い、社会悪物品等の密輸防止や情報提供の協力を呼びかけました。

  • 10月14日(火)福山税関支署はJR福山駅で街頭キャンペーンを行いました
  •  神戸税関福山税関支署は、「薬物及び銃器取締強化期間(10月1日〜31日)」に伴い、JR福山駅で、警察、海上保安部、通関業会及び東部保健所と合同でキャンペーンを行い、市民の方々へ不正薬物や拳銃などの密輸防止や情報提供の協力を呼びかけました。

  • 10月14日(火) 神戸税関は神戸大学経済学部において講義を行いました
  •  10月14日(火)、神戸大学経済学部において、『関税・税関行政と経済〜今、“関税”・“税関”に起きていること〜』と題した2回目の講義を行いました。今回は、酒井総務部長が『関税とは何か(“7,433”−それぞれの関税率に込められた意味−)』と題して、関税の起源や役割、関税率の種類、関税政策などについて講義をしました。

  • 10月11日(土) 浜田税関支署は、ゆめタウン浜田で街頭キャンペーンを実施しました
  •  神戸税関浜田税関支署は、「薬物及び銃器取締強化期間(10月1日〜31日)」の実施に伴い、ゆめタウン浜田において、浜田警察署及び浜田海上保安部と合同で街頭キャンペーンを実施しました。同キャンペーンではチラシ等を配布し、社会悪物品等の密輸防止及び情報提供の協力を呼びかけました。

  • 10月10日(金) 境税関支署はテロ対策合同訓練に参加しました
  •  神戸税関境税関支署は、境港危機管理コアメンバーの一員として、14機関総勢140名によるテロ対策合同訓練に参加しました。 同訓練は、「日韓露定期貨客船のデッキに爆発物が設置されている」などの想定のもと、関係機関の連携及び危機管理体制の一層の強化を図る目的で実施されました。

  • 10月10日(金) 新居浜税関支署は、西条市立小松中学校と西条市立西条南中学校で出前授業を行いました
  •  神戸税関新居浜税関支署は、10月9日に西条市立小松中学校の生徒215名、10月10日に西条市立西条南中学校の生徒362名を対象に『税関の仕事と役割 麻薬の恐ろしさ』をテーマとした出前授業を実施しました。

  • 10月10日(金) 高知税関支署は帯屋町商店街にてキャンペーンを行いました
  •  神戸税関高知税関支署は、「薬物及び銃器取締強化期間(10月1日〜31日)」に伴い、高知市の帯屋町商店街で警察、海上保安部、高知県医事薬務課等と合同で街頭キャンペーンを行い、各機関のキャラクターも参加して不正薬物や拳銃などの密輸防止や情報提供の協力を呼びかけました。

  • 10月9日(木) 松山税関支署は松山空港で街頭キャンペーンを行いました
  •  神戸税関松山税関支署は、「薬物及び銃器取締強化期間(10月1日〜31日)」に伴い、松山空港で、警察、海上保安部、愛媛県中予保健所と合同で街頭キャンペーンを行い、不正薬物や拳銃などの密輸防止や情報提供の協力を呼びかけました。

  • 10月8日(水) 宇野税関支署岡山空港出張所は岡山空港でキャンペーンを行いました
  •  神戸税関宇野税関支署岡山空港出張所は、「薬物及び銃器取締強化期間(10月1日〜31日)」に伴い、岡山空港でキャンペーンを行い、不正薬物や拳銃などの密輸防止や情報提供の協力を呼びかけました。

  • 10月7日(火) 神戸税関長は神戸大学経済学部において講座を実施しました
  •  10月7日(火)、神戸大学経済学部において、『関税・税関行政と経済〜今、“関税”・“税関”に起きていること〜』と題して、全15回にわたる講座が開講しました。初回の講座は、山村税関長が担当され、「イントロダクション」として、税関業務全体に係る概要を説明し、経済学部2回生を中心に約200名の学生が熱心に耳を傾けました。今後、関税局、税関職員が関税行政・税関業務の各論について講義を行うこととしており、平成27年1月末まで続けられます。

  • 10月7日(火) 神戸税関水島税関支署長は倉敷水島ライオンズクラブの定例会で講演を行いました
  •  神戸税関水島税関支署長は、倉敷水島ライオンズクラブの定例会で、「密輸阻止−市民生活の安全・安心を守る−」と題して講演を行いました。

  • 10月6日(月) 水島税関支署は郵政儲金簿等を返還しました
  •  神戸税関水島税関支署は、郵政儲金簿4点、社員貯金通帳1点を預託者のご親族の方へ返還しました。今回の返還は、税関が保管している引揚者の通貨・証券等に関する市の広報誌を見たご親族の方が税関に照会し実現しました。

  • 10月6日(月) 神戸税関は神戸三宮で街頭キャンペーンを行いました 
  •  神戸税関は、「薬物及び銃器取締強化期間(10月1日〜31日)」に伴い、神戸三宮地下・オーパ前で、警察、海上保安部、県薬務課、市保健所と合同で街頭キャンペーンを行い、不正薬物や拳銃などの密輸防止や情報提供の協力を呼びかけました。

  • 10月6日(月) 姫路税関支署東播磨出張所は東播磨のラジオ局の番組に生出演しました 
  •  神戸税関姫路税関支署東播磨出張所長は、加古川市・高砂市等東播磨地域のラジオ放送局BAN−BANラジオに生出演し、薬物及び銃器取締強化期間における税関の取組みを説明し、情報提供への協力依頼を行いました。また、税関業務や11月に実施される「オープンカスタムス2014」も紹介し、広く一般の方々に税関を知ってもらう機会となりました。

  • 10月5日(日) 新居浜税関支署はイオンモール新居浜で街頭キャンペーンを行いました。
  •  神戸税関新居浜税関支署は「薬物及び銃器取締強化期間(10月1日〜31日)」に伴い、イオンモール新居浜において海上保安署、警察と合同で街頭キャンペーンを行い、不正薬物や拳銃などの密輸防止についての協力や情報提供を呼び掛けました。

  • 10月5日(日) 神戸税関は通常、土日祝日休館している広報展示室と中庭を一般公開しました
  •  神戸税関は、10月4日(土)、5日(日)の2日間、通常、土日祝日は休館としているが、特別企画として『広報展示室・中庭の休日開放』し、税関OBによるボランティアガイドが展示品や庁舎の説明を行いました。また、5日(日)には、神戸・大阪税関音楽隊による演奏会も行われ、観客から大きな拍手を受けました。

  • 10月4日(土) 小松島税関支署は道の駅「日和佐」で街頭キャンペーンを行いました 
  •  小松島税関支署は、「薬物及び銃器取締強化期間(10月1日〜31日)」に伴い、道の駅「日和佐」で、徳島県警察、徳島海上保安部と合同で街頭キャンペーンを行い、不正薬物や拳銃などの密輸防止や情報提供の協力を呼びかけました。

  • 10月4日(土) 今治税関支署はフジグラン今治で街頭キャンペーンを行いました 
  •  神戸税関今治税関支署は、「薬物及び銃器取締強化期間(10月1日〜31日)」中に、フジグラン今治で、警察、海上保安部及び日本関税協会神戸支部今治協議会と合同でキャンペーンを行い、市民の方々へ不正薬物や拳銃などの密輸防止や情報提供の協力を呼びかけました。

  • 10月3日(金) 広島税関支署は広島市本通商店街で街頭キャンペーンを行いました 
  •  神戸税関広島税関支署では「薬物及び銃器取締強化期間(10月1日〜31日)」に伴い、広島市中区本通商店街で警察、海上保安部、広島県薬務課及び通関業会等と合同で街頭キャンペーンを行い、不正薬物や拳銃などの密輸防止や情報提供の協力を呼び掛けました。

  • 10月2日(木) 水島税関支署はJR倉敷駅で街頭キャンペーンを行いました 
  •  神戸税関水島税関支署は、「薬物及び銃器取締強化期間(10月1日〜31日)」に伴い、JR倉敷駅で、水島海上保安部、倉敷警察署、備中県民局等と合同で街頭キャンペーンを行い、不正薬物や拳銃などの密輸防止や情報提供を呼びかけました。

  • 10月2日(木) 水島税関支署は倉敷市立真備東中学校で出前授業を行いました 
  •  神戸税関水島税関支署は、倉敷市立真備東中学校で1年生120名を対象に出前授業を行い、税関の仕事と役割や薬物乱用の恐ろしさについて説明しました。

  • 10月2日(木) 神戸税関は香美市立楠目小学校の校外学習を受け入れました 
  •  神戸税関は、香美市立楠目小学校の6年生22名を受け入れ、税関業務や役割、神戸税関庁舎の歴史などについて説明したほか、広報展示室の見学案内を行いました。

  • 9月30日(火) 神戸税関は神戸地方検察庁司法修習生を受け入れました 
  •  神戸税関は、神戸地方検察庁で実務修習中の司法修習生21名を受け入れ、税関の役割や取組みについて説明したほか、麻薬探知犬管理センターで、税関の水際における取締実態を説明しました。

  • 9月29日(月) 姫路税関支署はJR姫路駅で街頭キャンペーンを行いました 
  •  神戸税関姫路税関支署は、「薬物及び銃器取締強化期間(10月1日〜31日)」に伴い、JR姫路駅1階中央コンコースで、警察、海上保安部、通関業会、姫路市総合教育センターと合同で街頭キャンペーンを行い、不正薬物や拳銃などの密輸防止や情報提供の協力を呼びかけました。

  • 9月25日(木) 水島税関支署長がラジオ番組に生出演しました 
  •  神戸税関水島税関支署長は、地元放送局の朝のFMラジオ情報番組に生出演し、「薬物及び銃器取締強化期間の取組み」等のPRを行い、不正薬物等密輸防止や情報提供の協力を呼びかけました。

  • 9月25日(木) 境税関支署は出前授業を行いました 
  •  神戸税関境税関支署は、島根県立松江商業高等学校において、研修旅行で海外に行く予定の2年生40名を対象に出前授業を実施しました。授業では、海外で買い物をする際に注意すべき免税範囲やコピー商品に関する知識をはじめ、不正薬物の種類や薬物乱用の現状などについて説明したほか、水際で不正薬物等の取締りを行う税関の役割と取組みを紹介しました。

  • 9月22日(月) 神戸税関は関西学院大学生を受け入れました 
  •  神戸税関は、関西学院大学生を受け入れ、税関業務や役割、神戸税関庁舎の歴史などを説明するとともに、屋上から神戸港を見学しました。

  • 9月19日(金) 境税関支署は鳥取地方検察庁司法修習生を受け入れました 
  •  神戸税関境税関支署は、鳥取地方検察庁の司法修習生等計9名を受け入れ、水際で取締りを行う税関の役割と取組みを紹介するとともに、境港国際フェリーターミナル内において、入国旅具検査状況を説明しました。

  • 9月19日(金) 神戸税関は近畿管区警察学校の研修生を受け入れました 
  •  神戸税関は、近畿管区警察学校の警部補任用科研修生30名を受け入れ、税関業務や知的財産権侵害物品の差止状況などを説明し、庁舎を案内しました。

  • 9月19日(金) 神戸税関は徳島県立城東高等学校の校外学習を受け入れました 
  •  神戸税関は、徳島県立城東高等学校の1年生36名を受け入れ、税関業務や役割、神戸税関庁舎の歴史などについて説明したほか、広報展示室の見学案内を行いました。

  • 9月18日(木) 広島税関支署広島空港出張所は、税関業務説明会を開催しました 
  •  神戸税関広島税関支署広島空港出張所は、広島空港関係者に対し、税関関係法令及び手続の重要性をご理解いただくため、税関業務説明会を開催しました。

  • 9月18日(木) 神戸税関は平成26年8月分の貿易統計(速報)を発表しました
  •  神戸税関は、定例記者発表において、神戸港及び神戸税関管内における平成26年8月分の貿易統計(速報)を発表しました。 8月分の神戸港の輸出は、建設用・鉱山用機械、科学光学機器等が増加し、4,496億円(対前年同月比3.5%増)、輸入は、たばこ、衣類及び同付属品等が減少し、2,457億円(同0.7%減)となり、差引は2,038億円の輸出超過となりました。【報道発表資料】

  • 9月17日(水) 神戸税関は埼玉大学学生を受け入れました 
  •  神戸税関は、埼玉大学の学生17名を受け入れ、税関業務や役割、神戸税関庁舎の歴史などについて説明したほか、広報展示室の見学案内を行いました。

  • 9月17日(水) 広島税関支署は「保税部会及び広島税関連絡協議会との意見交換会」に出席しました 
  •  神戸税関広島税関支署は、関税協会神戸支部広島協議会保税部会及び広島税関連絡協議会との意見交換会に出席し、「輸出入申告の24時間化」及び「最近の密輸動向」等について説明しました。

  • 9月16日(火) 姫路税関支署は保険証券を返還しました 
  •  神戸税関姫路税関支署は、税関が保管している保険証券2点を預託者へ返還しました。今回の返還は、引揚者の通貨・証券等に関する新聞報道を見て、税関に照会し実現しました。

  • 9月16日(火) 神戸税関は平成26年上半期の知的財産侵害物品の差止実績を発表しました
  •  神戸税関は、平成26年上半期における偽ブランド品や海賊版など知的財産侵害物品の差止実績を発表しました。【公表資料】

  • 9月10日(水) 坂出税関支署は「保税部会総会」で講演しました。 
  •  神戸税関坂出税関支署は、日本関税協会神戸支部香川協議会が開催した「保税部会総会」に出席し『最近の保税制度について』と題して保税部会員44社72名に対し講演を行いました。

  • 9月10日(水) 水島税関支署は税関業務説明会に講師を派遣しました。 
  •  神戸税関水島税関支署は、9月3日及び10日に関税協会神戸支部水島協議会主催の税関業務説明会に講師を派遣しました。当説明会は新規税関業務従事者向けに開催され、「保税制度及び通関制度の基本」について説明しました。

  • 9月4日(木) 福山税関支署尾道糸崎出張所は「保税部会総会」に出席しました 
  •  神戸税関監視部、尾道糸崎、因島及び竹原出張所は、日本関税協会神戸支部福山協議会尾道糸崎地区が開催した「保税部会総会」に出席し、『最近の税関行政について』と題して、保税地域の処分・非違の概要等について説明しました。

  • 9月4日(木) 広島税関支署は島根大学学生を受け入れました 
  •  神戸税関広島税関支署は、島根大学の学生11名を受け入れ、税関の業務や役割、広島港の貿易概況などについて説明しました。

  • 9月1日(月) 姫路税関支署は姫路市総合防災訓練/姫路市国民保護訓練に参加しました 
  •  神戸税関姫路税関支署は、広畑地区公共ふ頭及び周辺海域にて同時に実施された姫路市総合防災訓練、姫路市国民保護訓練に、警察や海上保安部等姫路港危機管理コアメンバーの9機関を含め総勢70機関(約1,500名)とともに参加し、緊急対処事態対応訓練として、テロ情報伝達訓練・テロリスト制圧訓練等を行い、関係機関相互の連携強化と危機管理体制の一層の強化を図りました。

  • 8月25日(月) 神戸税関音楽隊は練習帆船「日本丸」の出港セレモニーで歓送演奏を行いました 
  •  神戸税関音楽隊は、将来の船舶職員を養成する独立法人航海練習所の「日本丸」が神戸港第1突堤を出港するに当たり、歓送演奏として、「宇宙戦艦ヤマト」、「恋するフォーチュンクッキー」、「錨をあげて」、「蛍の光」などを演奏しました。

  • 8月24日(日) 姫路税関支署東播磨出張所は「親子ものづくり・社会体験教室」へ参加しました  
  •  神戸税関姫路税関支署東播磨出張所はカスタムちゃんと、加古川職業能力開発促進センター主催の「親子ものづくり・社会体験教室」に参加し、水際で不正薬物等の取締りを行う税関の役割や取組みを紹介しました。

  • 8月21日(木)  神戸税関はサマースクール参加の小学生を受け入れました  

     神戸税関は、神戸市立公民館が募集したサマースクールに参加した小学5、6年生とその保護者を受け入れ、水際で不正薬物等の取締りを行う税関の役割や取組みについて説明を行ったほか、広報展示室や庁舎を案内しました。

  • 8月20日(水) 神戸税関は平成26年7月分の貿易統計(速報)を発表しました
  •  神戸税関は、定例記者発表において、神戸港及び神戸税関管内における平成26年7月分の貿易統計(速報)を発表しました。 7月分の神戸港の輸出は、科学光学機器、プラスチック等が増加し、4,609億円(対前年同月比5.2%増)、輸入は、原動機、非金属鉱物製品等が増加し、2,658億円(同0.7%増)となり、差引は1,951億円の輸出超過となりました。また、特集記事として、「パイナップル」の輸入について発表しました。 【報道発表資料】

  • 8月19日(火) 浜田税関支署は浜田市内の小学校教諭に対して出前講座を実施しました  
  •  神戸税関浜田税関支署は、浜田市立長浜小学校会議室において、浜田港港湾振興センターが取組む浜田港のPRの一環として浜田市内の小学校教諭等24名に対して出前授業を実施し、税関業務の役割について説明しました。

  • 8月13日(水) 姫路税関支署は姫路港湾合同庁舎会議室において保管紙幣などを公開しました
  •  神戸税関姫路税関支署は、終戦後、引揚者の方々からお預かりした通貨・証券等を報道機関に公開しました。公開物件は旧日本銀行券・旧日本軍軍票などで、戦後69年となる現在も多くの未返還通貨等が税関に保管されています。より多くの方々に知っていただき、より一層の返還の促進を図るため公開しました。 【お問合せ先】

  • 8月11日(月) 尼崎税関支署は甲子園球場前でキャンペーンを行いました  
  •  神戸税関尼崎税関支署は、西宮地区薬物乱用防止指導員協議会、甲子園警察署、西宮海上保安署などと共同で「薬物乱用防止街頭キャンペーン」を行いました。夏の高校野球の開会式直後の時間帯に税関イメージキャラクター「カスタム君」も参加し、薬物乱用防止について呼びかけました。

  • 8月8日(水) 神戸税関4支署は平成26年上半期分の貿易統計(速報)を発表しました
  •  神戸税関福山税関支署、坂出税関支署、松山税関支署及び高知税関支署は、平成26年上半期分の貿易統計(速報)を発表しました。 【報道発表資料】

  • 8月7日(木) 神戸税関6支署は平成26年上半期分の貿易統計(速報)を発表しました
  •  神戸税関姫路税関支署、境税関支署、浜田税関支署、水島税関支署、宇野税関支署、及び広島税関支署は、平成26年上半期分の貿易統計(速報)を発表しました。【報道発表資料】

  • 8月5日(火) 神戸税関は保管紙幣などの虫干しを行いました
  •  神戸税関は、終戦後、引揚者の方々からお預かりした通貨・証券類の虫干しを行い、その様子を報道機関に公開しました。公開物件は、旧日本銀行券・旧日本軍軍票など約5万枚です。戦後60年以上経た現在も多くの未返還物件が保管されているため、公開等により返還促進を図っています。 【お問合せ先】

      

  • 7月31日(木) 神戸税関は水難救助訓練を行いました
  •  神戸税関は、神戸空港北岸において、海上及び岸壁付近における安全対策及び安全域の向上を図ることを目的として、浮環、縄梯子及び救命筏など救命用具を用いた救助訓練を行いました。

  • 7月24日(木) 神戸税関は平成26年6月分・平成26年上半期分の貿易統計(速報)を発表しました
  •  神戸税関は、定例記者発表において、神戸港及び神戸税関管内における平成26年6月分・平成26年上半期分の貿易統計(速報)を発表しました。 6月分の神戸港の輸出は、科学光学機器、原動機等が増加し、4,519億円(対前年同月比0.1%増)、輸入は非鉄金属、原動機等が増加し、2,543億円(同9.2%増)となり、差引は1,976億円の輸出超過となりました。また、平成26年上半期分の神戸港の輸出は、有機化合物、科学光学機器等が増加し、2兆6,248億円(対前年同期比2.5%増)、輸入は、輸送用機器、無機化合物等が増加し、1兆5,479億円(同9.6%増)となり、差引は1兆769億円の輸出超過となりました。【報道発表資料】

  • 7月23日(水) 広島税関支署は水難救助訓練を行いました
  •  神戸税関広島税関支署は、江田島湾内において、安全意識の向上と不測の事態に備え、浮環、救命いかだを使っての救助訓練を行いました。

  • 7月16日(水) 境税関支署は水難救助訓練を行いました
  •  神戸税関境税関支署は、美保湾内において、安全意識の向上と不測の事態に備え、浮環、縄梯子など救命用具の操作訓練や救助訓練を行いました。

  • 7月16日(水)境税関支署は鳥取県立境港総合技術高等学校で出前授業を行いました
  •  神戸税関境税関支署は、鳥取県立境港総合技術高等学校において、研修旅行で海外に行く予定の2年生38名を対象に出前授業を実施しました。授業では、海外で買い物をする際に注意すべき免税範囲やコピー商品に関する知識をはじめ、不正薬物の種類や薬物乱用の現状などについて説明したほか、水際で不正薬物等の取締りを行う税関の役割と取組みを紹介しました。

  • 7月15日(火) 宇野税関支署は、岡山市立岡輝中学校と岡山市立興除中学校で出前講座を実施しました
  •  神戸税関宇野税関支署は、岡山市立岡輝中学校の2年生109名、岡山市立興除中学校の3年生135名を対象に『税関の仕事と不正薬物の恐怖について』をテーマとした出前講座を実施しました。

  • 7月11日(金) 神戸税関は神戸山手大学学生を受け入れました
  •  神戸税関は、神戸山手大学の学生20名を受け入れ、税関業務や役割、神戸税関庁舎の歴史などについて説明したほか、広報展示室の見学案内を行いました。

     

  • 7月8日(火) 新居浜税関支署は新居浜市南中学校で出前授業を行いました
  •  神戸税関新居浜税関支署は、新居浜市立南中学校にて、全校生徒約450名を対象に出前授業を行い、税関の業務と役割、薬物の恐ろしさについて説明しました。

  • 6月28日(土) 浜田税関支署はゆめタウン浜田で街頭キャンペーンを行いました
  •  神戸税関浜田税関支署は、ゆめタウン浜田で、島根県が主催する国連決議による「6.26国際麻薬乱用撲滅デー」の周知を目的とした「ダメ。ゼッタイ。」普及運動に参加し、街頭キャンペーンを行いました。キャンペーンではチラシ等を配布し、薬物乱用防止や税関への情報提供の協力を呼びかけました。

  • 6月26日(木) 坂出税関支署は善通寺駅前で街頭キャンペーンを行いました
  •  坂出税関支署は、JR善通寺駅前広場で行われた中讃保健所と香川県主催の『国際麻薬乱用撲滅デー』の街頭キャンペーンに参加し、薬物乱用の防止と密輸情報の提供を呼びかけました。

  • 6月25日(水) 宇野税関支署片上出張所は西片上駅前でキャンペーンを行いました
  •  神戸税関宇野税関支署片上出張所は、西片上駅前で行われた覚醒剤等薬物乱用防止指導員東備地区協議会主催の「ダメ。ゼッタイ。」普及運動ヤング街頭キャンペーンに参加し、地元の高校生達と共に、薬物の乱用防止と密輸情報の提供を呼びかけました。

  • 6月22日(日) 姫路税関支署東播磨出張所はアスパ高砂でキャンペーンを行いました
  •  神戸税関姫路税関支署東播磨出張所は、ショッピングモール「アスパ高砂」で行われた兵庫県東播磨県民局主催の「ダメ。ゼッタイ。」街頭キャンペーンに参加し、薬物乱用の防止と密輸情報の提供を呼びかけました。

  • 6月20日(金) 神戸税関は兵庫県立大学学生を受け入れました
  •  神戸税関は、兵庫県立大学環境人間学部の学生10名を受け入れ、兵庫(神戸)港開港とともに歩んできた神戸税関の歴史などについて説明したほか、広報展示室や庁舎の見学案内を行いました。

     

  • 6月19日(木) 宇野税関支署と岡山空港出張所はJR岡山駅前でキャンペーンを行いました
  •  神戸税関宇野税関支署と宇野税関支署岡山空港出張所は、JR岡山駅前で行われた覚醒剤等乱用防止指導員岡山地区協議会主催の「ダメ。ゼッタイ。」普及運動ヤング街頭キャンペーンに参加し、関係機関とともに薬物乱用の防止と密輸情報の提供を呼びかけました。

  • 6月19日(木) 水島税関支署はJR倉敷駅前で街頭キャンペーンを行いました
  •  水島税関支署は、JR倉敷駅前で行われた岡山県備中保健所主催の「ダメ。ゼッタイ。」普及運動ヤング街頭キャンペーンに参加し、薬物乱用の防止と密輸情報の提供を呼びかけました。

  • 6月18日(水) 神戸税関は平成26年5月分の貿易統計(速報)を発表しました
  •  神戸税関は、神戸港及び神戸税関管内における平成26年5月分の貿易統計(速報)を発表しました。5月分の神戸港の輸出は、重電機器、原動機等が増加し、4,330億円(対前年同月比3.2%増)、輸入は、半導体等電子部品、有機化合物等が減少し、2,600億円(同1.0%減)となり、差引は1,730億円の輸出超過となりました。また、特集記事として、「乾燥なまこ」の輸出について発表しました。【報道発表資料】

  • 6月11日(水) 神戸税関は堺市立原山台中学校の校外学習を受け入れました
  •  神戸税関は、校外学習で訪れた堺市立原山台中学校の2年生111名を受け入れ、水際で不正薬物などを取り締まる税関の取組みについて説明したほか、広報展示室や庁舎の見学案内を行いました。

     

  • 6月11日(水) 神戸税関は近畿大学附属高等学校の校外学習を受け入れました
  •  神戸税関は、校外学習で訪れた近畿大学附属高等学校の1年生5名を受け入れ、水際で不正薬物などを取り締まる税関の取組みについて説明したほか、広報展示室や庁舎の見学案内を行いました。

     

  • 6月9日(月) 神戸税関長は日本関税協会神戸支部総会で講演を行いました

     神戸税関長は、神戸市で開催された日本関税協会神戸支部総会で、「最近の税関行政について」と題して講演を行いました。

  • 6月5日(木) 浜田税関支署は浜田市立長浜小学校で出前授業を行いました

     神戸税関浜田税関支署は、島根県浜田市立長浜小学校で、5年生52名を対象とした出前授業を行い、貿易と税関の役割について説明しました。

  • 6月5日(木) 神戸税関は名誉署長(但馬地区)を再委嘱しました

     神戸税関は、兵庫県美方郡において、吉岡 修一氏に名誉署長(但馬地区)を再委嘱しました。今後も、吉岡名誉署長には、税関と但馬地区を結ぶ橋渡し役として、地域社会からの税関行政への提言、密輸取締りに関する情報提供などに、ご協力を頂くこととしています。

  • 6月4日(水) 神戸税関は「輸出入者のための関税分類、原産地規則、関税評価セミナー」を開催しました

     神戸税関は、香川県高松市で「輸出入者のための関税分類、原産地規則、関税評価セミナー」を開催し、海外でのEPA税率の活用方法、輸入(納税)申告、原産地の決定方法や関税評価等について解説しました。

  • 6月3日(火) 姫路税関支署は「トライやる・ウィーク」参加中学生を受け入れました
  •  神戸税関姫路税関支署は、6月2日と3日の2日間、兵庫県教育委員会が中学2年生を対象に行っている職業体験活動週間「トライやる・ウィーク」で、中学生5名を受け入れました。生徒達は、通関審査の模擬体験や冷凍倉庫内に保管されている貨物の確認、外国貿易船の船内巡回などを体験しました。

  • 6月3日(火) 浜田税関支署は島根県益田警察署沿岸協力会に対し説明会を行いました
  •  神戸税関浜田税関支署は、島根県益田警察署沿岸協力会29名に対し、貿易と税関の役割について説明し、情報提供依頼を行いました。

  • 6月3日(火) 神戸税関は「トライやる・ウィーク」参加中学生を受け入れました
  •  神戸税関は、6月2日と3日の2日間、兵庫県教育委員会が中学2年生を対象に行っている職業体験活動週間「トライやる・ウィーク」で中学生4名を受け入れました。生徒達は、麻薬探知犬の訓練業務補助、X線検査装置を使用した貨物の模擬検査、海上巡回、冷凍倉庫内に保管されている貨物の確認、分析業務などを体験しました。

      

  • 6月3日(火) 神戸税関長は日本関税協会神戸支部呉協議会で講演を行いました
  •  神戸税関長は、広島県呉市で開催された日本関税協会神戸支部呉協議会総会で、「最近の税関行政について」と題して講演を行いました。。

  • 6月1日(日) 境税関支署は業務説明会を行いました
  •  神戸税関境税関支署は、島根県出雲市大社町で行われた「出雲地区小型船舶連合会総会」において、出雲市周辺に在住するプレジャーボートや船外機船の所有者等の会員約20名に対し、税関業務の説明などを行いました。

  • 5月30日(金) 広島税関支署は街頭キャンペーンを行いました
  •  神戸税関広島税関支署は「薬物及び銃器取締強化期間(5月7日〜31日)」に伴い、本通商店街の広島パルコ前で、関係機関と合同で情報提供の協力を呼び掛ける街頭キャンペーンを行いました。

  • 5月29日(木) 神戸税関長は日本関税協会神戸支部広島協議会で講演を行いました
  •  神戸税関長は、広島県広島市で開催された日本関税協会神戸支部広島協議会総会で、「最近の税関行政について」と題して講演を行いました。

  • 5月28日(水) 神戸税関長は日本関税協会神戸支部浜田協議会で講演を行いました
  •  神戸税関長は、島根県浜田市で開催された日本関税協会神戸支部浜田協議会総会で、「最近の税関行政について」と題して講演を行いました。

  • 5月26日(月) 神戸税関は枚方市立樟葉中学校の校外学習を受け入れました
  •  神戸税関は、校外学習で訪れた枚方市立樟葉中学校の2年生82名を受け入れ、水際で不正薬物などを取り締まる税関の取組みについて説明したほか、広報展示室や庁舎の見学案内を行いました。

      

  • 5月25日(日) 松山税関支署宇和島出張所は密輸撲滅キャンペーンを行いました
  •  神戸税関松山税関支署及び宇和島出張所は、「薬物及び銃器取締強化期間(5月7日〜31日)」に伴い、愛南びやびや祭り会場で、密輸撲滅キャンペーンを行いました。キャンペーンではチラシ等を配布したほか、同祭りで開催されたご当地キャラクターショーにカスタム君も参加し、社会悪物品等の密輸防止や情報提供の協力を呼びかけました。

  • 5月24日(土) 宇野税関支署はたまの・港フェスティバル会場で街頭キャンペーンを行いました
  •  神戸税関宇野税関支署は、「薬物及び銃器取締強化期間(5月7日〜31日)」に伴い、たまの・港フェスティバル会場で、警察、海上保安部、運輸局と合同で街頭キャンペーンを行い、不正薬物や拳銃などの密輸防止や情報提供の協力を呼びかけました。

  • 5月22日(木) 神戸税関は神戸通関業会主催の研修に講師を派遣しました
  •  神戸税関は、神戸通関業会主催の平成26年第1回通関従業者研修に講師を派遣し、関税法などの税関関連法規や税関業務について講義を行いました。

  • 5月21日(水) 水島税関支署長は倉敷水島ロータリークラブの定例会で講演を行いました
  •  神戸税関水島税関支署長は、倉敷水島ロータリークラブの定例会で、「貿易円滑化−こんな時代だからこそ税関を活用−」と題して講演を行いました。

  • 5月21日(水) 境税関支署長が講演を行いました
  •  神戸税関境税関支署長は、境港商工会議所で開催された「境港ライオンズクラブ」の例会において、『最近の税関行政について』と題し講演を行うとともに、今月31日まで実施している“薬物及び銃器取締強化期間”のさらなる密輸情報の提供をお願いしました。

  • 5月21日(水) 呉税関支署はJR呉駅前で街頭キャンペーンを行いました
  •  神戸税関呉税関支署は、「薬物及び銃器取締強化期間(5月7日〜31日)」に伴い、JR呉駅前で警察及び海上保安部と合同で街頭キャンペーンを行い、不正薬物や拳銃などの密輸防止や情報提供の協力を呼びかけました。

  • 5月21日(水) 神戸税関は平成26年4月分の貿易統計(速報)を発表しました
  •  神戸税関は、神戸港及び神戸税関管内における平成26年4月分の貿易統計(速報)を発表しました。4月分の神戸港の輸出は、科学光学機器、有機化合物等が増加し、4,564億円(対前年同月比2.4%増)、輸入は、金属鉱及びくず、果実等が増加し、2,601億円(同3.8%増)となり、差引は1,963億円の輸出超過となりました。また、特集記事として、「かまぼこ」の輸出について発表しました。【報道発表資料】

  • 5月21日(水) 神戸税関長は日本関税協会神戸支部香川協議会で講演を行いました
  •  神戸税関長は、香川県丸亀市で開催された日本関税協会神戸支部香川協議会総会で、「最近の税関行政について」と題して講演を行いました。

  • 5月20日(火) 神戸税関長は日本関税協会神戸支部高知協議会で講演を行いました
  •  神戸税関長は、高知県高知市で開催された日本関税協会神戸支部高知協議会総会で、「最近の税関行政について」と題して講演を行いました。

  • 5月19日(月) 神戸税関は神戸大学学生を受け入れました
  •  神戸税関は、神戸大学経済学部のゼミ生12名を受け入れ、水際で不正薬物などを取り締まる税関の取組みについて説明したほか、広報展示室や庁舎の見学案内を行いました。

      

  • 5月18日(日) 神戸税関は神戸まつり「おまつりパレード」に参加し密輸情報の提供を呼びかけました
  •  神戸税関は、第44回神戸まつり「おまつりパレード」に参加しました。パレードでは神戸・大阪税関合同音楽隊の演奏にあわせ、制服職員が手旗信号や横断幕で薬物・銃器取締強化や密輸情報の提供を呼びかけました。カスタム君とカスタムちゃんも参加しました。【パレードの様子】

  • 5月17日(土) 浜田税関支署は街頭キャンペーンを行いました
  •  神戸税関浜田税関支署は、「薬物及び銃器取締強化期間(5月7日〜31日)」の実施に伴い、ゆめタウン浜田において、警察及び海上保安部と合同で街頭キャンペーンを行いました。キャンペーンではチラシ等を配布し、社会悪物品等の密輸防止や情報提供の協力を呼びかけました。

  • 5月16日(金) 神戸税関は第4回神戸税関モニター会合を開催しました
  •  神戸税関は、第4回神戸税関モニター会合を開催し、貿易統計業務、関税技術協力及び広報広聴業務について説明し、意見交換を行いました。

  • 5月15日(木) 水島税関支署長は倉敷ロータリークラブの定例会で講演を行いました
  •  神戸税関水島税関支署長は、倉敷ロータリークラブの定例会で、「貿易円滑化−こんな時代だからこそ税関を活用−」と題して講演を行いました。

  • 5月15日(木) 福山税関支署尾道糸崎出張所はJR尾道駅前で街頭キャンペーンを行いました
  •  神戸税関福山税関支署尾道糸崎出張所は、「薬物及び銃器取締強化期間(5月7日〜31日)」に伴い、JR尾道駅前において、警察、海上保安部、保健所と合同で街頭キャンペーンを行い、不正薬物や拳銃などの密輸防止や情報提供の協力を呼び掛けました。。

  • 5月15日(木) 神戸税関長は日本関税協会神戸支部松山協議会で講演を行いました
  •  神戸税関長は、愛媛県松山市で開催された日本関税協会神戸支部松山協議会総会で、「最近の税関行政について」と題して講演を行いました。

  • 5月15日(木) 神戸税関は広島市にてEPA(経済連携協定)活用セミナーを開催しました
  •  神戸税関は、広島商工会議所において、中国財務局、広島商工会議所及びジェトロ広島とともに「EPA(経済連携協定)活用セミナー」を開催し、輸出入関連企業等から92名の方々に出席いただきました。セミナーでは、当関から「我が国のEPAの概要について[PDF;2,214KB]」及び「EPAの原産地規則について[PDF;2,663KB]」の説明を行ったほか、ジェトロから「輸出企業のEPA活用事例について」、広島商工会議所から「EPA特定原産地証明書:申請手続きと留意点」及び中国財務局から「社会保障と税の一体改革について[PDF;1,666KB]」の説明が行われました。

  • 5月14日(水) 福山税関支署はJR福山駅前で街頭キャンペーンを行いました
  •  神戸税関福山税関支署は、「薬物及び銃器取締強化期間(5月7日〜31日)」に伴い、JR福山駅前において、警察、海上保安部、保健所、神戸通関業会と合同で街頭キャンペーンを行い、不正薬物や拳銃などの密輸防止や情報提供の協力を呼び掛けました。

  • 5月14日(水) 神戸税関長は日本関税協会神戸支部今治協議会で講演を行いました
  •  神戸税関長は、愛媛県今治市で開催された日本関税協会神戸支部今治協議会総会で、「最近の税関行政について」と題して講演を行いました。

  • 5月14日(水) 小松島税関支署は街頭キャンペーンを行いました
  •  神戸税関小松島税関支署は、「薬物及び銃器取締強化期間(5月7日〜31日)」に伴い、JA東とくしま「みはらしの丘 あいさい広場」にて、警察、海上保安部と合同で街頭キャンペーンを行い、不正薬物や拳銃などの密輸防止や情報提供の協力を呼びかけました。

  • 5月14日(水) 坂出税関支署はJR高松駅前で街頭キャンペーンを行いました
  •  神戸税関坂出税関支署は、「薬物及び銃器取締強化期間(5月7日〜31日)」に伴い、JR高松駅前で警察、海上保安部、四国厚生支局麻薬取締部と合同で街頭キャンペーンを行い、社会悪物品等の密輸防止や情報提供の協力を呼びかけました。

  • 5月14日(水) 岡山空港出張所は国際線出発ロビーでキャンペーンを行いました
  •  神戸税関宇野税関支署岡山空港出張所は、「薬物及び銃器取締強化期間(5月7日〜31日)」に伴い、岡山空港の国際線出発ロビーでキャンペーンを行い、「運び屋」についての注意喚起や、不正薬物や拳銃などの密輸防止及び情報提供の協力を呼びかけました。

  • 5月14日(水) 神戸税関は射水市立小杉中学校の修学旅行生を受け入れました
  •  神戸税関は、修学旅行で訪れた富山県射水市立小杉中学校の学生37名を受け入れ、水際で不正薬物などを取り締まる税関の取組みについて説明したほか、広報展示室や庁舎の見学案内を行いました。

      

  • 5月13日(火) 神戸税関長は日本関税協会神戸支部新居浜協議会で講演を行いました
  •  神戸税関長は、愛媛県新居浜市で開催された日本関税協会神戸支部新居浜協議会総会で、「最近の税関行政について」と題して講演を行いました。

  • 5月12日(月) 高知税関支署は帯屋町商店街にてキャンペーンを行いました
  •  神戸税関高知税関支署は、「薬物及び銃器取締強化期間(5月7日〜31日)」に伴い、高知市の帯屋町商店街で警察、海上保安部、高知県医事薬務課等と合同で街頭キャンペーンを行い、不正薬物や拳銃などの密輸防止や情報提供の協力を呼びかけました。

  • 5月12日(月) 姫路税関支署はJR姫路駅で街頭キャンペーンを行いました
  •  神戸税関姫路税関支署は、「薬物及び銃器取締強化期間(5月7日〜31日)」に伴い、JR姫路駅1階中央コンコースで、警察、海上保安部、通関業会、姫路市総合教育センターと合同で街頭キャンペーンを行い、不正薬物や拳銃などの密輸防止や情報提供の協力を呼びかけました。

  • 5月10日(土) 今治税関支署はフジグラン今治で街頭キャンペーンを行いました
  •  神戸税関今治税関支署は、「薬物及び銃器取締強化期間(5月7日〜31日)」中に、フジグラン今治で、警察、海上保安部及び日本関税協会神戸支部今治協議会と合同でキャンペーンを行い、市民の方々へ不正薬物や拳銃などの密輸防止や情報提供の協力を呼びかけました。

  • 5月9日(金) 神戸税関長は日本関税協会神戸支部徳島協議会で講演を行いました
  •  神戸税関長は、徳島県徳島市で開催された日本関税協会神戸支部徳島協議会総会で、「最近の税関行政について」と題して講演を行いました。

  • 5月8日(木) 神戸税関は神戸駅前地下街で街頭キャンペーンを行いました
  •  神戸税関は、「薬物及び銃器取締強化期間(5月7日〜31日)」に伴い、神戸駅地下街デュオこうべで、警察、海上保安部、兵庫県薬務課と合同で街頭キャンペーンを行い、不正薬物や拳銃などの密輸防止や情報提供の協力を呼びかけました。

  • 5月8日(木) 境税関支署は市内のスーパーセンターで街頭キャンペーンを行いました
  •  神戸税関境税関支署は、「薬物及び銃器取締強化期間(5月7日〜31日)」に伴い、市内のスーパーセンターで境海上保安部、境港警察署と合同で街頭キャンペーンを行い、不正薬物や拳銃などの密輸防止や情報提供の協力を呼びかけました。

  • 5月8日(木) 水島税関支署はJR倉敷駅で街頭キャンペーンを行いました
  •  神戸税関水島税関支署は、「薬物及び銃器取締強化期間(5月7日〜31日)」に伴い、JR倉敷駅で、水島海上保安部、倉敷警察署、備中県民局等と合同で街頭キャンペーンを行い、不正薬物や拳銃などの密輸防止や情報提供の協力を呼びかけました。

  • 5月8日(木) 広島税関支署広島空港出張所は密輸撲滅キャンペーンを行いました
  •  神戸税関広島税関支署広島空港出張所は、「薬物及び銃器取締強化期間(5月7日〜31日)」の実施に合わせて、広島空港において密輸防止キャンペーンを行い、不正薬物や拳銃などの密輸防止や情報提供の協力を呼びかけました。

  • 5月6日(火) 神戸税関は通常は土日祝休館している広報展示室と中庭を一般開放しました
  •  神戸税関は、5月5日(月・祝)と6日(火・祝)の2日間、通常は土日祝日は休館している神戸税関本関の広報展示室と中庭を一般開放し、税関OBのボランティアガイドが展示品や庁舎の説明を行いました。

      

  • 5月1日(木) 松山税関支署は密輸撲滅キャンペーンを行いました
  •  神戸税関松山税関支署は、「薬物及び銃器取締強化期間(5月7日〜31日)」の実施に先立ち、松山空港において、警察、海上保安部、愛媛県中予地方局(中予保健所)と合同で密輸撲滅キャンペーンを行いました。キャンペーンではチラシ等を配布し、社会悪物品等の密輸防止や情報提供の協力を呼び掛けました。

  • 4月22日(火)境税関支署長は隠岐西郷ロータリークラブの例会で講演を行いました
  •  神戸税関境税関支署長は、隠岐の島町商工会で開催された隠岐西郷ロータリークラブ例会において、「最近の税関行政について」と題して講演を行いました。

  • 4月22日(火) 神戸税関長は日本関税協会神戸支部宇野協議会で講演を行いました
  •  神戸税関長は、岡山県岡山市で開催された日本関税協会神戸支部宇野協議会総会で、「最近の税関行政について」と題して講演を行いました。

  • 4月21日(月) 神戸税関長は日本関税協会神戸支部水島協議会で講演を行いました
  •  神戸税関長は、岡山県倉敷市で開催された日本関税協会神戸支部水島協議会総会で、「最近の税関行政について」と題して講演を行いました。

  • 4月21日(月) 神戸税関は平成26年3月分の貿易統計(速報)を発表しました
  •  神戸税関は、神戸港及び神戸税関管内における平成26年3月分の貿易統計(速報)を発表しました。3月分の神戸港の輸出は、建設用・鉱山用機械、原動機等が減少し、4,845億円(対前年同月比4.1%減)、輸入は、輸送用機器、衣類及び同附属品等が増加し、2,638億円(同18.0%増)となり、差引は2,206億円の輸出超過となりました。【報道発表資料】【報道発表資料】

  • 4月17日(木) 神戸税関長は日本関税協会神戸支部福山協議会で講演を行いました
  •  神戸税関長は、広島県福山市で開催された日本関税協会神戸支部福山協議会総会で、「最近の税関行政について」と題して講演を行いました。

  • 4月16日(水) 神戸税関長は日本関税協会神戸支部境港協議会で講演を行いました
  •  神戸税関長は、鳥取県境港市で開催された日本関税協会神戸支部境港協議会総会で、「最近の税関行政について」と題して講演を行いました。

  • 4月9日(水) 神戸税関長は日本関税協会神戸支部姫路協議会で講演を行いました
  •  神戸税関長は、兵庫県姫路市で開催された日本関税協会神戸支部姫路協議会総会で、「最近の税関行政について」と題して講演を行いました。

  • 4月4日(金) 神戸税関長は日本関税協会神戸支部尼崎協議会で講演を行いました
  •  神戸税関長は、兵庫県尼崎市で開催された日本関税協会神戸支部尼崎協議会総会で、「最近の税関行政について」と題して講演を行いました。

  • 3月29日(土) 浜田税関支署は浜田市石見公民館で出前講座を行いました
  •  神戸税関浜田税関支署は、浜田市石見公民館で、自治公民館長15名を対象とした出前講座を行い、貿易と税関の役割について説明し情報提供依頼を行いました。

  • 3月27日(木) 神戸税関は春休み親子で学ぶ税関教室を開催しました
  •  神戸税関は、新学期から4〜6年生になる小学生とその保護者を対象に、税関の役割や仕事を楽しく学んでいただこうと「春休み親子で学ぶ税関教室」を開催しました。参加者は、麻薬探知犬やX線検査装置を使用した模擬検査や、密輸品をさわって知る体験をしました。【税関教室の様子】

      

  • 3月24日(月) 尼崎税関支署は甲子園球場前でキャンペーンを行いました
  •  神戸税関尼崎税関支署は、西宮地区薬物乱用防止指導員協議会や甲子園防犯協会などと共同で「薬物乱用防止街頭キャンペーン」を行いました。春の高校野球の開催時間に税関イメージキャラクター「カスタム君」も参加し、薬物乱用防止について呼びかけました。

  • 3月19日(水) 神戸税関は平成26年2月分の貿易統計(速報)を発表しました
  •  神戸税関は、神戸港及び神戸税関管内における平成26年2月分の貿易統計(速報)を発表しました。2月分の神戸港の輸出は、ポンプ及び遠心分離機、繊維機械等が増加し、4,442億円(対前年同月比15.0%増)、輸入は、無機化合物、原動機等が増加し、2,106億円(同2.3%増)となり、差引は2,337億円の輸出超過となりました。【報道発表資料】

  • 3月19日(水) 宇野税関支署岡山空港出張所は岡山市立旭東中学校で出前授業を行いました
  •  神戸税関宇野税関支署岡山空港出張所は、岡山市立旭東中学校で、2年生約300名を対象とした出前授業を行い、税関の仕事と役割や不正薬物乱用の恐ろしさについて説明しました。

  • 3月18日(火) 神戸税関はカンボジア税関職員を受け入れました
  •  神戸税関は、3月17日から18日の2日間、関税局が実施する関税技術協力事業のひとつである「カンボジア(関税分類(HS))コース」に参加したカンボジア税関職員12名に対して、我が国の分類に関する事前教示制度や統一的運用に関する説明、事務所視察、事例研究等を行いました。

  • 3月14日(金) 神戸税関は神戸市立玉津中学校の校外学習を受け入れました
  •  神戸税関は、校外学習で訪れた神戸市立玉津中学校の1年生約80名を受け入れ、水際で不正薬物などを取り締まる税関の取組みについて説明したほか、庁舎の見学案内を行いました

  • 3月14日(金) 神戸税関は神戸市立吉田中学校の校外学習を受け入れました
  •  神戸税関は、校外学習で訪れた神戸市立吉田中学校の1年生24名を受け入れ、水際で不正薬物などを取り締まる税関の取組みについて説明したほか、広報展示室や庁舎の見学案内を行いました。

      

  • 3月13日(木) 神戸税関は平成25年 知的財産侵害物品の差止実績を発表しました
  •  神戸税関は、平成25年における偽ブランド品や海賊版など知的財産侵害物品の差止実績を発表しました。【公表資料】

  • 3月13日(木) 神戸税関は神戸市立横尾中学校の校外学習を受け入れました
  •  神戸税関は、校外学習で訪れた神戸市立横尾中学校の1年生12名を受け入れ、水際で不正薬物などを取り締まる税関の取組みについて説明したほか、広報展示室や庁舎の見学案内を行いました。

      

  • 3月12日(水) 神戸税関は神戸市立湊翔楠中学校の校外学習を受け入れました
  •  神戸税関は、校外学習で訪れた神戸市立湊翔楠中学校の1年生約120名を受け入れ、水際で不正薬物などを取り締まる税関の取組みについて説明したほか、庁舎の見学案内を行いました。

      

  • 3月11日(火) 福山税関支署は福山市立長浜小学校で出前授業を行いました
  •  神戸税関福山税関支署は、福山市立長浜小学校において6年生22名を対象とした出前授業を実施し、税関業務について説明しました。また、生徒たちは移動式X線検査装置を使用した模擬検査などを体験しました。

  • 3月10日(月) 神戸税関は税務大学校大阪研修所の研修生を受け入れました
  •  神戸税関は、税務大学校大阪研修所で採用研修中の研修生75名を受け入れ、税関業務について説明したほか、庁舎の見学案内を行いました。

      

  • 3月7日(金) 神戸税関はラジオ番組に電話で生出演しました
  •  神戸税関広報広聴室は、地元放送局の夕方のラジオ情報番組に電話出演し、3月27日に開催予定の「春休み親子で学ぶ税関教室」についてインタビューを受け、小学生(新4〜6年生)親子の申込みをお待ちしていることを伝えました。

  • 3月7日(金) 姫路税関支署東播磨出張所は東播磨のラジオ局とケーブルテレビの番組に生出演しました
  •  神戸税関姫路税関支署東播磨出張所長は、加古川市・高砂市等東播磨地域のラジオ放送局BAN-BANラジオ・ケーブルテレビに生出演し、「平成25年における関税法違反事件の取締り状況」を説明しました。また、海外旅行をする機会が増える春休みを前に、「運び屋」等の犯罪に巻き込まれないよう強く訴えました。

  • 3月5日(水) 神戸税関は名誉署長(宿毛地区)を再委嘱しました
  •  神戸税関は、高知県宿毛市において、竹村 建司氏に名誉署長(宿毛地区)を再委嘱しました。今後も竹村名誉署長には、税関と地域社会を結ぶ橋渡し役として、密輸取締りに関する情報提供や、地域社会の活性化・国際化を図るうえでの税関行政への提言などをいただくこととしています。

  • 2月28日(金) 神戸税関はラジオ番組に生出演しました
  •  神戸税関監視部長は、地元放送局の夕方のラジオ情報番組に生出演し、「平成25年の全国の税関における関税法違反事件の取締り状況」に加え「神戸税関における不正薬物の摘発状況」を説明し、不正薬物等密輸防止や情報提供の協力を呼び掛けました。

  • 2月26日(水) 広島税関支署は広島県警察学校で業務説明を行いました
  •  神戸税関広島税関支署は、広島県警察学校において、組織犯罪捜査に従事している警察官を対象に税関業務の概要と水際対策の現況について説明を行いました。

  • 2月25日(火) 坂出税関支署は高松空港でキャンペーンを行いました
  •  神戸税関坂出税関支署は、「平成25年の全国の税関における関税法違反事件の取締状況」の発表にあわせて、2月20日、21日、23日、25日、高松空港で密輸防止キャンペーンを行い、海外旅行に出かける皆さんに、甘い誘いに乗って不正薬物等の「運び屋」とならないよう呼び掛けました。

  • 2月25日(火) 浜田税関支署は浜田市立長浜小学校で出前授業を行いました
  •  神戸税関浜田税関支署は、浜田市立長浜小学校で、5年生35名を対象とした出前授業を行い、貿易や税関の仕事と役割について説明しました。

  • 2月25日(火) 神戸税関は「輸出入者のための品目分類、原産地規則、関税評価セミナー」を開催しました
  •  神戸税関は、「輸出入者のための品目分類、原産地規則、関税評価セミナー」を開催し、海外でのEPA税率の活用方法、輸入(納税)申告、原産地の決定方法や関税評価等について解説しました。【セミナー資料】

  • 2月24日(月) 姫路税関支署は姫路・西播磨のラジオ局の番組に生出演しました
  •  神戸税関姫路税関支署の課長が、姫路・西播磨地域のラジオ放送局FM GENKIに生出演し、「平成25年における関税法違反事件の取締り状況」と「姫路港の貿易概況」を説明しました。また最後に、保管紙幣等の返還に係る取組み、「運び屋」等の犯罪加担に対する注意喚起も行い、広く一般の方々に税関を知っていただく機会となりました。

  • 2月23日(日) 松山税関支署は不正薬物等密輸防止キャンペーンを行いました
  •  神戸税関松山税関支署は、「平成25年の全国の税関における関税法違反事件の取締り状況」の発表に合わせて、松山空港において密輸防止キャンペーンを行い、出国者に対し「運び屋」に関するティッシュを配布し、不正薬物等密輸防止や情報提供の協力を呼び掛けました。

  • 2月21日(金) 神戸税関はカンボジア税関職員を受け入れました
  •  神戸税関は、2月17日から21日の5日間、関税局が実施する関税技術協力事業のひとつである「カンボジア(評価・事後調査)コース」に参加したカンボジア税関職員12名に対して、関税評価や事後調査制度に関する講義や事務所視察、事例研究等を行いました。

  • 2月20日(木)、21日(金) 神戸税関は「官庁公開フェスティバル2014」を開催しました
  •  神戸税関は、2月20日、21日、「官庁公開フェスティバル2014」を開催しました。 2日間で約270名の国家公務員(一般職)を志望する方が参加され、業務説明、職員の経験談紹介、麻薬探知犬のデモンストレーションや庁舎の見学を行いました。

  • 2月20日(木) 神戸税関は平成26年1月分の貿易統計(速報)を発表しました
  •  神戸税関は、神戸港及び神戸税関管内における平成26年1月分の貿易統計(速報)を発表しました。1月分の神戸港の輸出は、有機化合物、建設用・鉱山用機械等が増加し、3,543億円(対前年同月比0.6%増)、輸入は、輸送用機器、無機化合物等が増加し、2,983億円(同25.8%増)となり、差引は560億円の輸出超過となりました。また、特集記事として、「コーヒー生豆」の輸入について発表しました。【報道発表資料】

  • 2月20日(木) 広島税関支署広島空港出張所は密輸防止キャンペーンを行いました
  •  神戸税関広島税関支署広島空港出張所は、「平成25年の全国の税関における関税法違反事件の取締状況」の発表に合わせて、広島空港で街頭キャンペーンを行い、不正薬物や拳銃などの密輸防止や情報提供の協力を呼びかけました。

  • 2月20日(木) 宇野税関支署岡山空港出張所は国際線出発ロビーでキャンペーンを行いました
  •  神戸税関宇野税関支署岡山空港出張所は、岡山空港の国際線出発ロビーで、街頭キャンペーンを行い、「運び屋」についての注意喚起や情報提供の協力を呼びかけました。

  • 2月19日(水) 神戸税関坂出税関支署は4港合同保安総合訓練に参加しました
  •  神戸税関坂出税関支署は、坂出市林田港で実施された4港合同保安総合訓練(税関、海上保安部、警察、消防等港湾関係者、総勢100名)に参加し、港湾危機管理に従事する各関係機関がテロ対策や被害管理について確認するとともに、実動における連携を検証することを通じて、坂出港、丸亀港、多度津港、詫間港、4港の危機管理体制の強化を図りました。

  • 2月18日(火) 水島税関支署は総社市立総社中学校で出前授業を行いました
  •  神戸税関水島税関支署は、岡山県総社市立総社中学校で3年生107名を対象に出前授業を行い、税関の仕事と役割や薬物乱用の恐ろしさについて説明しました。

  • 2月18日(火) 境税関支署は密輸防止キャンペーンを行いました
  •  神戸税関境税関支署は、「平成25年の全国の税関における関税法違反事件の取締状況」の発表に合わせて、米子鬼太郎空港で街頭キャンペーンを行い、不正薬物や拳銃などの密輸防止や情報提供の協力を呼びかけました。

  • 2月13日(木) 神戸税関はEPA(経済連携協定)活用セミナーを開催しました
  •  神戸税関は、高松商工会議所において、四国財務局、高松商工会議所及びジェトロ香川とともに「EPA(経済連携協定)活用セミナー」を開催し、輸出入関連企業等から82名の方々に出席いただきました。セミナーでは、当関から「我が国のEPAの概要について[PDF;2,372KB]」及び「EPAの原産地規則について[PDF;2,036KB]」の説明を行ったほか、ジェトロから「輸出企業のEPA活用事例について」、高松商工会議所から「EPA特定原産地証明書:申請手続きと留意点」及び四国財務局から「消費税率の引上げに伴う対応について[PDF;917KB]」の説明が行われました。

  • 2月12日(水) 姫路税関支署長は海外販路拡大セミナーにおいて講演を行いました
  •  神戸税関姫路税関支署長は、姫路市主催の海外販路拡大セミナーにおいて「輸出取引にあたっての税に関するインフォメーション」と題して講演を行いました。

  • 2月12日(水) 宇野税関支署は岡山県立岡山聾学校で出前授業を行いました
  •  神戸税関宇野税関支署は、岡山県立岡山聾学校で、中学部及び高等部の生徒約30名を対象とした出前授業を行い、税関の仕事と役割や不正薬物乱用の恐ろしさについて説明しました。

  • 2月7日(金) 神戸税関は第3回神戸税関モニター会合を開催しました
  •  神戸税関は、本年度3回目の神戸税関モニター会合を開催し、監視取締り・保税業務及び関税法違反に係る犯則調査業務について説明を行ったほか、ポートアイランドコンテナ検査センターなどの現場視察を行いました。

  • 2月7日(金) 神戸税関4支署は平成25年分の貿易統計(速報)を発表しました
  •  神戸税関姫路税関支署、浜田税関支署、福山税関支署及び新居浜税関支署は、平成25年分の貿易統計(速報)を発表しました。【報道発表資料】

  • 2月6日(木) 神戸税関6支署は平成25年分の貿易統計(速報)を発表しました
  •  神戸税関境税関支署、呉税関支署、小松島税関支署、松山税関支署、今治税関支署及び高知税関支署は、平成25年分の貿易統計(速報)を発表しました。【報道発表資料】

  • 2月5日(水) 神戸税関4支署は平成25年分の貿易統計(速報)を発表しました
  •  神戸税関水島税関支署、宇野税関支署、広島税関支署及び坂出税関支署は、平成25年分の貿易統計(速報)を発表しました。【報道発表資料】

  • 2月5日(水) 神戸税関は明石市立朝霧中学校の校外学習を受け入れました
  •  神戸税関は、校外学習で訪れた明石市立朝霧中学校の2年生18名を受け入れ、水際で不正薬物などを取り締まる税関の取組みについて説明したほか、広報展示室や庁舎の見学案内を行いました。

      

  • 2月4日(火) 姫路税関支署は郵政儲金簿等を返還しました
  •  神戸税関姫路税関支署は、郵政儲金簿3点および預金通帳2点を預託者のご家族の方へ返還しました。今回の返還は、税関が保管している引揚者の通貨・証券等に関する記事を見て、ご家族が税関に照会し実現しました。

  • 1月31日(金) 小松島税関支署は橘港危機管理テロ対策訓練に参加しました
  •  神戸税関小松島税関支署は、橘港西浜岸壁で実施されたテロ対策訓練(8機関約100名)に参加し、港湾危機管理に従事する各関係機関がテロ対策や被害管理について確認するとともに、実動における連携を検証することを通じて、徳島小松島港及び橘港の危機管理体制の強化を図りました。

  • 1月31日(金) 広島税関支署は市内の小学6年生を受け入れました
  •  神戸税関広島税関支署は、広島市内の小学6年生41名を受け入れ、税関の業務説明を行いました。生徒達は、移動式X線検査装置を使用した模擬検査などを体験しました。

  • 1月31日(金) 神戸税関は近畿管区警察学校の研修生を受け入れました
  •  神戸税関は、近畿管区警察学校に入校中の警部補任用科生活安全専攻課の研修生30名を受け入れ、税関業務や知的財産権侵害物品の差止状況などを説明し、庁舎の見学案内を行いました。

  • 1月31日(金) 神戸税関は中南米7カ国の税関職員を受け入れました
  •  神戸税関は、1月27日から31日の5日間、JICA地域別研修(中南米・税関行政)コースに参加したブラジル等中南米7カ国の税関職員8名に対して、参加各国の税関制度の簡素化・効率化推進を目的に、税関行政全般についての講義や関連施設の見学を行いました。

  • 1月29日(水) 神戸税関は平成25事務年度神戸税関懇話会を開催しました
  •  神戸税関は、神戸税関懇話会を開催しました。今回は日本政策投資銀行 大来哲郎氏を講師にお招きし、「阪神間の国際物流の諸情勢等〜灘五郷における酒造メーカーの高付加価値化・海外展開戦略〜」と題し、世界的な日本食ブームを背景に輸出額が過去最高を記録している清酒業界の海外販路戦略等についてご講演いただきました。また、貿易港湾関係業界と意見交換を行いました。

  • 1月27日(月) 神戸税関は平成25年12月分・平成25年分の貿易統計(速報)を発表しました
  •  神戸税関は、神戸港及び神戸税関管内における平成25年12月分・平成25年分の貿易統計(速報)を発表しました。12月分の神戸港の輸出は、重電機器、有機化合物等が増加し、4,655億円(対前年比4.7%増)、輸入は原動機、非鉄金属等が増加し、2,493億円(同16.7%増)となり、差引は2,161億円の輸出超過となりました。また、平成25年分の神戸港の輸出は、プラスチック、科学光学機器等が増加し、5兆2,164億円(同4.1%増)、輸入は半導体等電子部品、輸送用機器等が増加し、2兆9,484億円(同12.4%増)となり、差引は2兆2,680億円の輸出超過となりました。【報道発表資料】

  • 1月23日(木) 神戸税関は大東市立深野小学校の校外学習を受け入れました
  •  神戸税関は、校外学習で訪れた大阪府大東市立深野小学校の6年生136名を受け入れ、水際で不正薬物などを取り締まる税関の取組みについて説明したほか、広報展示室や庁舎の見学案内を行いました。

      

  • 1月17日(金) 神戸税関は帝塚山大学学生を受け入れました
  •  神戸税関は、帝塚山大学経済学部の学生66名を受け入れ、水際で不正薬物などを取り締まる税関の取組みについて説明したほか、広報展示室や庁舎の見学案内を行いました。

      


    平成25年の神戸税関の動き

    平成24年の神戸税関の動き

    平成23年以前の神戸税関の動き