全国の税関
  • 函館
  • 東京
  • 横浜
  • 名古屋
  • 大阪
  • 神戸
  • 門司
  • 長崎
  • 沖縄
現在位置:
ホーム > 神戸税関 > 税関古掘れ話 > 神戸製鋼所

神戸製鋼所

 
 日清戦争を契機として飛躍的に発展した日本経済は、明治37年、38年の日露戦争によって、さらにいっそうの進展をみせました。
 日露戦争は、日清戦争後のブームに続く第2のブームを起こし、これによって鉄鋼・造船・機械器具などの重工業部門が発達しました。日露戦争中は、当然ながら大規模な軍需品の発注によって軍事産業は発達しますが、商工業は沈滞します。鉄道の国有化や外債の募集、南満州鉄道株式会社の設立を契機に明治39年の後半から経済界は活況をみせ、各種企業の拡張や新設が相次ぎました。

 関税関係をみると、日本は明治44年の条約改正で、諸外国とはじめてほぼ対等の関税協定を結ぶことに成功し、名実ともに関税自主権の回復を見るのですが、これは、ひとえに日露戦争による国威の上昇によるものです。これによって日本は、関税収入を増加させるとともに、関税を通じた産業保護政策を展開できる基礎を得ました。これ以後、保護主義的な関税政策に助けられて、国内の製糖業・綿糸綿織物業・鉄鋼業・化学工業などが発展をとげます。

 鉄鋼業を見てみると、日露戦争の奉天大会戦のとき、敗退するロシア軍を日本軍が追おうとしたが、調べてみると弾丸が足りない。歯ぎしりしながら追撃をあきらめたという。当時の日本の鉄鋼生産量はそんなものでした。日露戦争前、大手メーカーといえば、明治34年に一号高炉の操業を始めた官営の八幡製鉄所と住友財閥経営の住友鋳鋼所くらいです。神戸にも明治37年、東京で出版業を行っていた小林清一郎が乗込んできて、脇浜に3.5トン平炉を備えた資本金100万円の小林製綱所を作っています。明治38年8月、胸をはって初出鋼式を行いましたが、大失敗。以後、失敗の連続で操業不能となり、9月に投げ出しましたが、当時、資材の輸入代金や運賃を融通していた鈴木商店があとを引き受け「神戸製鋼所」となりました。
 鈴木商店が後を継いだ神戸製鋼所は明治44年、資本金を140万円に増資し、海軍将官を社長に迎え、海軍をバックに事業を進めていくことになります。

 

kobo11.jpg